カテゴリー「DX」の226件の記事

2017年5月11日 (木)

2016 CQ WW DX Contest CW Result

何気なくホームページを調べていたら、主題コンテストの結果がアップされているのを見つけました。
まだ、データベース化されていませんが、とりあえず順位が載っています。

Bc1601
JAはエリア毎に集計されていますのでJA1での順位です。
21MHzシングルバンドローパワーのアシストで4/5位でした。
もう1局コールがありましたが、締切後のログ提出のイタリックの局なので削除させていただきました。
昨年はコンディションも下降しており全く気合い不足。
さらに呼んでも無視されることも多くEUも深いところは全く聞こえずで寂しいスコアです。
当日の記事と比較してみると2局ほど減点されていて2割近く減点されています。orz
もう少しすると、Check Repotが届くでしょうから、それで何がいけなかったのか確認をしたいと思います。
コンディションはともかくもう少し真面目に参加しないとダメです。(^^;

2017年5月 8日 (月)

Cfm 9N

久しぶりにダイレクトでカートが届きました。
最近はDXネタの度に「久しぶり」と書いていますが・・・。
届いたのは土曜日でしたが、ネタも多くてやっと記事にします。

Bc1598
9N7EI(Nepal) 21MHz CW All New!!

3月に久しぶりに1UPしたのですが、カード請求はすっかり忘れていました。
先月末になって慌ててOQRSから請求をして11日で到着しました。
相変わらず素早い対応をしていただいて無事Cfm出来ました。
ちなみに、他にもXX9D、S21ZEEがBand Newでしたが、いずれもBUROでの請求にしました。
A2もチャンスはありませんでしたので、そろそろ新しいところと交信したいんですが・・・。(^^;

2017年4月10日 (月)

2017 JIDX Contest CW

PCの不具合に振り回された1週間でしたが、何とか落ち着いた感じです。
土曜日にブログをアップした後、7MHzでW各局のCQ TESTも聞こえはじめ、せっかく聞こえるのでコールをします。
しかし、全く相手にされません。
HLのリアルS9局にも反応すらしてもらえません。
それでも、耳の良いW局とUA0局と何とか交信できました。
それならとCQも出してみましたが、Wから呼ばれたような気がしたのですが、取り切れず"?"を返してみましたが、それっきりでした。
10分ほど頑張ったのですが、UA0の局に同じ周波数でCQを出されてあっさり諦めました。hi
日曜になっても状況は変わらず、XE,VEの局も聞こえるのですが、全く手応えがありません。
最終的にはこんな寂しい結果で諦めてしまいました。

Bc1560
やっぱり、我が家のアンテナでは飛ばないようです。(T_T)
ハイバンドはほとんど聞いていませんが、クラスタに21MHzでスポットされた5R(マダガスカル)は全く聞こえませんでした。


国内ともほとんど交信していませんが、区町村のALL NewとBAND Newがいくつか取れました。
その中には、今月の頭に行こうかとも思った比企郡鳩山町があり、これは勉強会のメンバー数名が移動されると聞きつけてお呼びしたものです。
比企郡の中でも唯一HFでの交信がなかった私にとっては珍しいところです。
残念ながら10MHzも聞いてみましたが、近場のコンディションが悪く交信できませんでした。
雨の中、移動された各局お疲れ様でした。
そして、10MHzを聞いているときに/3の局が聞こえてQTHを聞いていると"2501"と打っておられるようです。大阪市!
区がいっぱい残っているので聞き耳を立てると、その後は"07"。
大阪市港区のようです。
もちろん未交信で、慌てて呼んで無事WAKUの残りが1つ減りました。(^^)v

最後にまだPCネタが残っていました。
木曜にはHMALOGにリグの周波数が取得できるのを確認したのですが、土曜日に再び蓋を開けてからダメになっているようです。
今度はRS-232C増設ボードが壊れたかと思っていました。
が、色々チェックしていると、PCの裏にRS-232C用のD-SUBコネクタがもう1つ転がっています。
何のことはありません、以前もう1台を繋いでいたケーブルがそのままになっており、何にも繋がっていないケーブルをPCに繋いでいました。(^^;
今度こそ完全復活です。hi

2017年3月29日 (水)

できていました

年度末の多忙で色々停滞をしていましたが、仕事もだいぶ落ち着いてきました。
まず始めているのが、溜まり始めているQSLカードの発行準備。

Bc1550
移動分から順次処理をしています。
今しばらくお待ちください。

そして、土曜日の話です。
国内コンディションもいまいちでDXももちろんパッとはしなかったのですが、S21ZEE(Bangladesh)が24MHzで聞こえています。
QSBも深く、落ち込むと全く判りません。
もちろん、Skimmerを使っていたのですが、上の方に知り合い局のコールが表示されていることに気づきました。
ラストレターが引っかかったようで、何度もコールを打っておられますが、相手もコンディションが厳しい模様。
何度も聞き返されています。
フルコールが返ったと思ったら、1文字違います。
しつこく訂正を求めておいでですが、結局訂正してもらえずにTUとなってしまいました。
私の方も、JM1で引っかかって何度かコールしたのですが、サフィックスのコールバックが全く判らず。
他にもJM1の方が呼んでいたので、どうせ私のわけがないと諦めていました。
が、CLUB LOGを引っぱたいてみると。

Bc1551
なんと合格していました。(^^)v
時刻も合っていたので、一安心です。
S2は既に21/28MHzでCfmしていますが、24MHzはBand Newと言うことでできて良かった。
って、OQRSを見ると$5ですか。
高くても請求しておきますか。(^^;

2017年3月13日 (月)

久しぶりの1UP

昨日の話です。
午前中は、ALL JAΦコンテストを冷やかそうと思ったのですが、10時頃に7MHzを聞いても0エリアのCQが聞こえません。
と言うことで、3.5MHzに続いて不参加となり、50MHzで移動局に相手をしてもらっていました。
午後には7MHzも多少聞こえるのでこちらも移動局を呼んで回っていました。
午前中にコンテスト参加していたと思われる某局とも無事交信できました。hi
で、夕方になってから9N7EI(Nepal)がDXクラスタに登場。
21MHzCWでしたが、少し弱いかな。
拾っている癖も判ってきたところで、信号も少し上がってきたでしょうか。
連続でコールを打ったら、どなたかにコールバックが・・・。
慌てて止めると、「・・・1EKM  5NN」
「キタ~!!」と「5NN TU」と返したのですが・・・。
プリフィックスが全部聞こえなかったけど、本当に私だったのだろうか?
と急に不安になってしまいました。(^^;

Bc1537
私が出来たつもりの後はあっという間に信号が弱くなり、ご本尊は識別も不能。
出来ていたとすれば、FT/J以来の1UPなのですが・・・。
昨晩、一瞬Club LogにLOGが上がったのですが、私の交信した20分ほど前までの交信しかありませんでした。
で、先ほど最新のLOGが上がっているのを確認してSearchを掛けてみると・・・。

Bc1538
無事ヒットしました!!\(^^)/
これで、Wkdは196 Entityとなりました。
これはひょっとすると、今年こそ200の大台に乗るでしょうか?
とは言え、他にも行われているAFとかカリブ方面は全然聞こえませんが・・・。(^^;

2017年2月21日 (火)

Cfm YV

今日、帰宅するとエアメールの封筒がポストから出てきました。
ご存じの通り、最近は全くと言っていいほどDXと交信をしていません。
ダイレクトの請求となると昨年のFT4JAが最後です。
う~む、どこからだ?
早速開封してみると、このカードが出てきました。

Bc1525
YV1KK(Venzuela) 21MHz CW All New!!(2015 CQ WW CW)

一昨年のCQ WWで交信したVenezuelaのカードでした。
OQRSで請求した割には時間かかったようで、1年以上経ってからやっと届きました。
もっとも、LoTWでCfm済みなので、無理にメールをしたりはしませんでした。
英語は苦手なんで・・・。(^^;
紙のカードでは189 Entityとなりました。

ついでに調べてみたのですが、同じ2015 CQ WW CWで交信したUzbekistanのカードがやはり戻ってきていません。
これが届くとWkd Entityは全てCfmになるので再請求をしてみようかなと思っています。
そして、まだペディション期間が残っているVP6EUを何とか抑えたいですね。(^^;
200 Entityまでもう少しなので。

(23:50追記)
昨年のT32WWのカードも届いていませんでした。
Club Logで調べると「QSL printed on 22-Jul-16 and will/has been sent via direct」と表示されているのですが、皆さん届いているのでしょうか?

2017年1月14日 (土)

更新完了

先日記載したとおり、LoTWの認証が間もなく切れるので手続きを行いました。
その後、LoTWのAdministratorからメールが届いたので認証ファイルが届いたのかと思いました。
が、「もうすぐ切れるよ」という内容でした。
そして、その4時間後に"LoTW Certificate"と言うタイトルのメールが届き、今度は.tp6の認証ファイルが添付されていました。
認証ファイルを読み込むためにTQSLを起動すると新しいバージョンがあるのでUpdateをするかと表示が出ています。
早速、Updateしたところ何か違うぞ。

Bc1495
あら、日本語版になっているではありませんか。
大して難しいことはしないので、英語でも何とかなっていましたが、日本語の方が助かります。hi
そして、送られてきたファイルを読み込んで無事に認証も更新されました。

Bc1496
これで、3年延長されしばらくは安心です。

2016年11月28日 (月)

2016 CQ WW DX Contest CW参戦

土曜日は、用事もあって参戦できませんでした。
どうせコンディションもいまいちだろうと言うことで、今年は15m1本に絞ることにしました。
自宅にいる間には受領カードの処理を進めてました。
日曜日は早起きをして・・・、なんて思っていたのですが起きたら既に9時でした。
そして、リグの電源を入れてみると既にNAが聞こえません。
近場を呼び回ります。
それでも、02:30頃に東アジア、オセアニアに混じってCXが聞こえてSAゲット。
ZONE17が聞こえ始め、クラスタには8Qのコールが2局ほど見受けられました。
が、たまにコールサインとNRが聞こえる程度で、何度か呼びましたがパイルも厚く歯が立ちません。
聞こえた唯一のNewだったのですが・・・。
以前交信してもらったJYの局にも拾ってもらえず、気力が失せます。
06:00Uからしばしリグから離れたのですが、07:30U頃に復帰したときにはBAとYBくらいしか聞こえなくなっていました。

本日の朝はWとも交信していないので、出勤までしばし上積みを目指します。
しかし、ZONE4,3のW各局と5局やるのが精一杯。
最後に何とかPYに拾ってもらってタイムアップとなりました。

Bc1471
過去3年から順調に局数が減って、シングルバンドとは言え交信数は昨年の1/3。
15mだけ見ても半分以下に減ってしまいました。
参加時間も少なかったので単純な比較は出来ませんが、単純に考えてもEUと出来ませんでしたし、UA9もZONE19,20が出来ませんでした。
コンディションだけの問題ではありませんけどね。(^^;
成果はXX9の21MHzCWがバンド、モードNewだったくらいでしょうか。
8Qがどうしても聞こえないんですよね。

これから2~3年はコンディションが低迷するでしょうが、来年もまた頑張りたいと思います。

2016年10月11日 (火)

新着QSL

コンテストなどでバタバタしており忘れていました。
土曜日にブログアップをした後にポストにエアメールの封筒が届いていたのですが、ほったらかしになっていました。
でも最近交信したカードは全部届いているような?
開封して出てきたカードはこちら。

Bc1423
9A5D(Croatia) 21MHz CW

他の方からのQSOで既にCfm済みですので、今さら感満載です。
いつの交信だったかな?と調べてみてビックリ。
交信は2012年のCQ WW CW、請求をしたのは2012/12/15。
実に4年10ヶ月、1393日ぶりのご帰還で、私の最長リターンとなりました。
9Aのカードは、これ以前に請求したものも戻ってきておらず、4通出してやっと2通目が戻ってきて回収率が50%となりました。(^^;

ふと思い出して過去の記事を見てみたら、9AからはGS2枚ではエアメールには足らなかったようです。
記事が古いので今は判りませんが・・・。(^^;

P.S. 2通目以降はIRCを同封しています。hi

2016年8月23日 (火)

Cfm FT/J

めっきりDXのネタもなくなって、このカテゴリーの記事も1ヶ月半ぶりです。(^^;
昨日、久しぶりにポストに入っていました。

Bc1349
既に届いたと言うブログも拝見していたので、いつになったらと心配になっていました。
ペディションのホームページを覗いたら、最終便は8月の最終週と書いてあったので、9月になっても届かなかったら問い合わせようかと思っていました。
"JUAN DE NOVA"と書かれた切手が貼ってあると思ったら印刷でした。hi
スタンプにも"JUAN DE NOVA"の文字がありスタンプの日付は4/10。
あれ?これ最終日の日付ではないかと。
いずれにしても凝っていますね。
そして、カードがこちら。

Bc1350
FT4JA(Juan de Nova ,Europa) 18MHzCW ALL New!!

もちろん見開きですが、コールの載っているところだけと言うことで。
VK0H同様になかなか聞こえなかったのですが、交信したときには強力でした。
虎の子1交信でしたが、出来て良かった、良かった。hi

より以前の記事一覧