カテゴリー「無線機」の32件の記事

2020年5月27日 (水)

発掘#2

以前、上級ハムになる本が発掘された記事を書きましたが、また懐かしいものが出てきちゃいました。
他にもいっぱいもらったような気がするんですが、なぜかこれが1つだけポツンと他の書類に混ざっていました。

Bc2673


なんとNational RJX Seriesのカタログです。
当然Panasonicじゃありませんからね。hi
RJX-610はAMに出られないためFT-680を購入しましたが比較はしたようですね。

Bc2674


表紙はスキャナーで取り込めましたが開くとRJX-230が出てきて、これがA3でスキャナーでは撮れません。
さらに開くと・・・。

Bc2675


A2サイズでRJX-610とRJX-715が出てきます。
光っちゃってちゃんと文字が読めないと思いますが、クリックするとちょっとだけ大きく表示されます。
まあ、要はA2サイズを4つ折りにしたカタログになっているわけです。
写真にもありますが、610は2mへのアップコンバータと15mへのダウンコンバータがオプションにありましたからね。
これが魅力で検討対象になっていたような気がします。
但し、これを揃えるくらいならHFの固定機の方が安かったのではないかと・・・。(^^;
でもって、裏返すと店舗のハンコが。

Bc2676


もらってきたのはLAOXではありませんか!
今も同じ所に店舗はありますが、既に電化製品は売っていないみたいですね。(^^;
電話番号はモザイクを入れておきましたが、当然市内局番は3桁です。
いや~、懐かしい。
引き続き片付けを進めていますので、また何か発掘されましたらご報告します。

2020年5月 9日 (土)

綺麗になった?

ゴールデンウィークも終わり一昨日から仕事が始まっています。
とは言え、引き続き在宅勤務ですのでいつも無線機の前に座っています。
ここのところ、資料作りが忙しくて横道に逸れることはあまりなかったのですが・・・。
昨日はTV会議への参加要請があり参加をしていました。
もちろん、ヘッドセットは以前お知らせしたアマチュア無線用に購入したものを着用しています。
ところが、主役ではないため発言機会もなく事前配布された資料も見ていたのですが、だんだん手持ち無沙汰に。
で、目の前にある無線機のホコリが気になりだしてしまいました。
手の届くところに綿棒もあって・・・。
写真を何度かアップしていますが、その度にホコリが映り込んでいて汚いのにみっともないと思いつつも放置されていました。
会議でもちっとは発言もしましたが、綿棒でなでながらの会議参加となりました。
ちなみに、お嬢さんが泣き出したので「話を全部聞いてませんでした。」というお母様もいらっしゃいましたが・・・。(^^;

Bc2659


会議が終わると、そこそこ綺麗になりましたかね。
写真で見るとまだ汚いところが見えてさらに綿棒でなでています。hi
さらに、最後にFT-2000が写っている写真をよく見てもらうと判るのですが、表示パネルに貼られていたビニールは購入から6年余り貼ったままにしていました。
しかし、さすがに汚くなったので思い切って剥がしてしまいました。
密着しているところ浮いたところがありますので、貼ったままにしておくと跡が残ることもあるのでさっさと剥がした方がいいと言われたのですが、結局そのままにしてありました。
意外と剥がしたのが判らないし、やはり新品同様でキズは全くありません。
なにか保護フィルムみたいのを貼りたくなっていますが、それまで綺麗なままで維持できるか。
固定リグはとても買い換えられませんので、まだまだ頑張ってもらいます。

そして、本日は無線は控え目で相変わらず汚い我が家の片付け&掃除に精を出す予定です。
いつになれば片付くやら。(^^;

2019年7月21日 (日)

FT-680

昨日記事にしたFT-680。
今日は好都合にもEsで4,5,6が開いたので使ってみました。
感度低下もなく受信状態は良かったです。

Bc2384

送信の方も問題なく、交信相手からも特に変調がおかしいとの報告もありませんでした。
但し、周波数表示はずれてしまっているようです。
700Hzほどなのでそんなに問題はありません。
本日の交信は全てこのリグでの交信でした。
もっとも、7QSOしかしませんでしたが・・・。(^^;

せっかくなのでFT-680がどんな無線機だったか?
結構、特徴的な部分もあるので書いてみることにします。
まずは、上の写真にもありますが、受信時のSメータ、送信時のPowerメータはLEDです。
しかし、LEDは10個。
Powerは良いですが、Sは微妙です。
緑の部分が5つで1~5に対応しているのですが、2個しかないオレンジのLEDは右側の上に"9"と書かれています。
と言うことは左側は"7"?
Sに6,8はFT-680を使っているとありません。
正直、OVER部分に3つもいらないかなと思うのは私だけでしょうか?
そして、メインダイヤルはスムーズに回るものではなくカチカチと1ステップずつ止まるようになっていてちょっと違和感があります。
大きく周波数を変更するときには少しイラつく感じです。
そして、特徴的なのが裏側です。

Bc2385

裏返すとこんな風になっています。
ほとんどのリグは上面にスピーカーがあると思うのですが、このリグは底面にあって角度も付いています。
モービルに特化した無線機だったんですね。
スイッチも付いており、足を付けないと固定では設置できません。
この後、ポータブル用のFT-690が発売になったときにはそちらの方が良かったかなと思いましたが、アンプなしで10Wが出せたので今考えるとこの選択は間違っていなかったかなと。
まだまだ現役で頑張ってもらおうと思いますが、最近は移動でも50Wが当たり前なので10Wは微妙です。hi

2019年4月13日 (土)

店頭調査

昨晩の勉強会では、早めに会場へ着いた方も多かったようです。
私も1時間前には近くまで行っていたのですが、早すぎるとちょっと寄り道をしていました。
無線機屋さんへ寄っていました。
当初の目的はこれをもらうこと。

Bc2287


IC-9700のカタログです。
昨年のハムフェアでもらいませんでしたから、もらっておこうかと。
実機の展示は残念ながらありません。
我が家のIC-9100ではデカすぎるのでいずれは買い換えもと思って値段を聞いてきましたが、まだまだ高いですね。
それでも、1200MHzが標準装備されていることを考えれば安いですかね。
それだけもらって撤収をするつもりだったのですが、展示機種の中に気になる金額が提示されているものが・・・。
FTDX5000MPです。
60万円台半ばと思っていたのが、50万円を切った価格が表示されていました。
恐らくは、アナログSメータ搭載の最後の機種になりそうな気がします。
IFの出力端子もありますし、まだまだ人気は高いようです。
FTDX101が出てしまえば消える運命だと思われますので、そろそろラストチャンスのようです。
もっとも、それでも今の私に買える金額ではありませんけどね。(^^;
移動でSkimmerを使うためにFTDX3000Mが欲しいとか、物欲だけは沢山あるんですが・・・。orz
最終的には目に毒な店頭調査となってしまいました。

そして、勉強会会場へ向かうときに少し懐かしい通りを通ってみたら凄い看板が残っていました。
「ハム月販(株)」
閉店から10年以上経つと思うのですが未だに看板が撤去されていません。
まだ2Fに事務所が残っているのでしょうか?
1Fは以前PCパーツ店だったと思うのですが、今は100円ショップになっていました。
写真を撮ってくるのを忘れましたが、ストリートビューでも確認出来ますので懐かしい方は確認してみてください。hi

2019年4月 9日 (火)

Ver3.01

やることはいっぱいあるのですが、ふと思い立ってYAESUのホームページを見に行きました。
まだ、FTDX101の情報は載っていないようです。
そして、FT-991のファームウェアが昨年アップデートされているようです。
前回アップデートしたのはいつだったかな?
こういうときに、ブログが日記の役目を果たしてくれます。hi
2017/10の実施が最後で、メインとTFTが新しいファームウェアになっています。
2月から移動に行っていないこともあり、すぐ脇に置いてあるので思い立ったが吉日とばかりに作業を始めました。

Bc2284


まずは、メインのファームをアップデートします。
続いて、TFTのファームです。
こちらは、前回画像を出したので省略しますが、本体でも進捗状況が確認出来ます。

Bc2285


無事完了して、全て最新バージョンになりました。
しかし、設定は今回も出荷状態に戻ってしまったので、少しずつ変更しないと。(^^;

2019年4月 4日 (木)

いよいよ発売

帰宅してメールをチェックしていると、YAESUからのメールが届いています。
開いてみると・・・。

Bc2279


いよいよ、101の型番が復活するようです。
期待の200W機MPはまだ予約の段階のようです。
イベント会場となる山本無線さんのHPを覗いてみると、既に販売価格も表示されています。
う~ん、我が家の2000D、2台分の価格でさすがに手が出ませんね。
興味のある方は是非、イベントへ行って確認してみてください。
私は残念ながら行けそうもありません。(^^;

2019年3月18日 (月)

CQ-P6300

土曜日は昨日報告した情報交換会に先だって、地元クラブの役員会に参加していました。
そして、議事も終わった頃になって某役員が、自宅で眠っていたという無線機を持ち出されました。

Bc2270
おお、懐かしい!!
NEC CQ-P6300です。
それも10WアンプのAP-1まであるではありませんか!
ブログを始めて間もない頃に記事にしているのですが、私のデビューしたときに使っていたリグです。
さすがにケーブルは変色していますが、45年くらい前のリグにしてはかなり外観も綺麗です。

Bc2271
背面はこんな感じです。
一応、シリアルナンバーは全部お見せしませんが、下3桁が1並び。
で、もっと驚くのが、下のアンプのシリアルナンバーです。
こちらもモザイクをかけましたが、紙のシールに手書きとなっています。
さらに、蓋も開けさせていただきました。

Bc2272
ここもかなり綺麗です。
しかし、電源ケーブルはなく、マイクも付属していません。
電源ケーブルは何とかなるかもしれませんが、マイクは7ピンでマイクを刺さないと電源も入りません。
そして、最初の2枚の写真でも判るかと思いますが、アンプには電源コネクタがありません。
このマイクケーブルから電源供給をしているはずです。
少し調べても見ましたが、やはりピン配が判りません。
さらに分解すれば、判るとは思うのですが・・・。
「使う予定はないので、使う人がいれば差し上げます。」
と言われて、一瞬触手が動いたのですが既に使用していないリグが数台ありますので、これ以上は増やせないと諦めました。
結局、引き取り手はなかったので、処分されてしまうようです。
欲しい方がいれば、まだ交渉可能ですよ。hi

と言うことで、久しぶりに懐かしい無線機を見せていただいてちょっと感動でした。
ちなみに、情報交換会で写真をちらっと見せただけで型名を言い当てた方が何局かいました。
意外と、結構有名な無線機だったんですね。

最後に余談ですが、過去の記事を探すのに不便なため「無線機」カテゴリを追加します。
過去の記事も無線機絡みは、順次変更していく予定です。

2017年11月 4日 (土)

アップデート その2

昨日、コタツ布団の準備をすると書いたのですが、日頃の疲れからか睡魔に襲われて実施出来ませんでした。
朝は7時少し前に起床しましたが、無線機の電源もONにしたのは7時台後半です。
BRNも眺めていると7MHzに3C1Lが登場している模様。
大西洋からの電波が我が家で聞こえるわけはないと思いながら、一応聞きにいくと6エリアの移動局より強いです。
これは参戦しなければとSkimmerも眺めますが、リターンが全く見えません。
クラスタを見ると、9UPとか、10UPの表示が出ています。
ならばと、Skimmerの表示領域を広げようとモニタを縦表示にしました。
ところが、11.8kHzまでしか表示出来ませんでした。
結局、リターンしているところも判らずうろうろしている内に聞こえなくなってしまいました。
で、先にも書いたように6エリアの移動局数局を呼びましたが、パイルが抜けないこともしばしばです。
と言うことで、朝は3局の移動局を呼んだのみ。
50MHzも天気が良かった割には移動局がいません。
10時過ぎにRBNに16県のお馴染み局のコールが表示をされて聞きにいきました。
QSBでちょっと厳しかったですが、何とか拾っていただけました。
と言うことで、本日の交信はそこまで。
その後、昨日挫折したコタツの準備に入ります。
夕方になって何とか掃除も合わせて一段落です。
そして、コタツの上にFT-2000Dを戻し掛けたときに、ふと思い出しました。
先日、FT-991のファームウェアをアップデートしたときに、FT-2000Dもメインファームのバージョンが最新になっていないことに気付いていました。
しかし、FT-2000Dは底面のパネルを外さないといけないので保留していました。

Bc1759
底面のパネルを外しても穴の空いたパネルがあって、その間から見えるスイッチをONにします。
これで電源のPOWERをONにするとCAT経由でファームのバージョンアップが出来ます。

Bc1760
と言うことで、生産中止から1年後の2014年に最新になったファームウェアに無事アップデート出来ました。
もっとも、何が変わったか判らないんですが・・・。(^^;
FT-991とは違って設定を再設定する必要はないようです。

今日はあまり交信できなかったので、明日はもう少し頑張れると良いのですが・・・。
最近、自宅では気合い足らないんですよね。hi

2017年10月28日 (土)

アップデート

CQ WW SSBが行われているかと思いますが、今年も全然参加意欲が湧きません。
と言うことで、いつものように移動局やら記念局の追っかけをしていました。
もっとも、夕方から外出する用事があったのも大きな要因でした。
用事を済ませて帰宅したのが、7時を回っており食事の準備などでカード発行の準備もままなりません。
そして、何気に見ていたYAESUのHPでFT-991のファームウェアがアップデートされていることに気付きました。
昨年の夏に修理で出したときにアップデートしてもらったきりでしたので、メイン、DSP、TFT、C4FM-DSPの4つとも新しいバージョンになっています。
と言うことで、アップデートマニュアルに従って作業を行いました。

Bc1752
写真はTFTのアップデートのためファイル転送をしているところです。
と言うことで、無事に完了しました。
但し、設定が出荷状態に戻ってしまったので、また設定をし直さないと。
これが一番面倒かもしれません。
何をいじったかな?
少なくともBK-INをONにしないとCWは送信も出来ません。

2016年8月24日 (水)

綺麗になってご帰還

仕事中に携帯が鳴って出てみると、無線機屋さんからでした。
FDの後に修理に出したFT-991の修理が完了したという連絡でした。
仕事を定時で切り上げて、秋葉原へ直行します。
お店で預かり証を渡して、しばし待たされました。
その間に、アンテナ切替機が目に付いたのですが、修理代しか財布の中にはありませんでした。
修理が完了しているのを確認して、受け取りのサインをします。
梱包をしながら、店員さんに話しかけられました。
「インターネットとかやっています?」
「???」
「いや、ブログだったか、ホームページでこのツマミが折れた写真を見たような気がしたものですから。」
とのこと。
まず間違いなく、私のブログですね。
無線機屋さんの店員にも見られているとは、このブログも大したもんだ。(笑)
と、余談はともかく、無線機を受け取るとそそくさと帰宅です。

Bc1351
部品代0.4K、技術料8K、消費税8%。
結構な出費になりました。
6Dの時にアンテナ、マストクランプも補修用に買いましたので、今年はつまらん出費が多いです。
これらがなければ、もう2回はレンタカー借りられたのですが・・・。orz

Bc1352
明細を見ると、ファームもそれぞれアップデートしてくれているようです。

Bc1353
再びツマミが復活しました。
交換したエンコーダーも付いていました。
機能は生きているんですがね。(^^;
でもって、再び保護用のシールを付けてもらってあり、購入時と同じ美しさ。
いや、他にも傷が付いているのでそうはいきませんね。
電源も入れてみましたが、コールサインは登録されていましたが、バンド、モードなどの設定がリセットされていました。
また、設定をし直さないと。hi

P.S. そう言えば、ハムフェアで見た「A」付きにはさすがになっていませんでした。(^^;
  48Kも払って「A」付き相当にする気には今のところなりません。hi

より以前の記事一覧