カテゴリー「コンテスト」の559件の記事

2020年9月23日 (水)

2020 愛・地球博記念コンテスト

レンタカー屋の営業時間が20時までとなっており、移動運用の当日には車の返却が難しくなっています。
よって、昨日も借りたままになっていました。
一昨日帰宅した後に荷物も下ろしていなかったのでその気になれば、午前中のみ運用することも可能でした。
しかし、他にもやりたいことが多くて移動は断念。
移動設備を下ろして、さてどうするか?
AI TESTにも少しは足跡を残そうとちょこっと聞いてみました。
28MHzに知り合いが出ていたので、とりあえず援交です。hi
他に出ている局も聞こえませんが、あちこち欲張っても仕方ないかと。
しかし、全然CQを出しに来る方がいません。
2局目と交信できて、3局目を見つけたのですが呼んでも反応はしてもらえましたが、届かないようです。
2局では寂しいなと20分ほどCQを出して4局に呼んでもらえました。

Bc2791


まあ、足跡が残せただけでヨシとしますか。
ここ2年ほど21MHzで入賞させていただきましたが、今年は最初に呼んだ某局の下にコールが載るはずです。hi
交信いただいた各局ありがとうございました。

2020年9月22日 (火)

茨城県牛久市(JCC1419) 移動 - 2020 XPO記念コンテスト

天候の関係もあって、移動なら4連休の後半と墓参りと買い物を土日に済ませました。
日曜にも書き込みをしましたが、どこへ行こうか随分悩みました。
基本は、XPO記念コンテストに7MHzで参戦できて、3.5MHzのZeppライクが張れる場所が良いなと思いましたが、新しいところを探す気合いもありません。
ならばと以前行ったときはコンディションが悪くてあまりできなくて、珍し目の所と言うことで3年前に行った牛久市に行くことにしました。
その気になれば、160mもZeppライクなら張れる場所です。
残念ながら持っていませんが・・・。(^^;
ちなみに、ここも自分自身は7/10MHzのCWがありません。
到着すると、2台ほど車が止まっていましたが、1台は農作業の方で、もう1台の方には一応声をかけさせていただき問題ないとの返事をいただきました。
アンテナを上げ始めるといなくなられましたが。

Bc2787


寝坊して出遅れたし、道を間違えるへまもしたので、アンテナの設営が終わったのは11時近くになっていました。
XPOコンテストの時はいつものパターンですが、まずは10MHzでJCCサービスです。
そんなにコンディションは悪くなさそうに思ったのですが、呼んでもらったのは30分でわずかに8局。
まあ、こんなものかと7MHzへQSYして早速CQを出してコンテスト参加開始です。
が、やはり、どっと呼ばれる感じではありません。
1時間頑張りましたが、やはり大したことない感じです。
ダメダメだった2年前に比べればマシでしたが、呼び回りも例年ほど聞こえる局がいません。
途中はかなり暇していました。
その上、相変わらずUSBIF4CWが反応しなくなることもしばしばでほとんど手打ち対応でした。
スコアも伸び悩んでいましたがとりあえず100交信も超えたし、元々出遅れているしと17時台の途中でリタイアしてしまいました。

Bc2788


14時台は完全に気合い抜けていました。
スコアはこんな感じ。

Bc2789


意外とマルチは稼げている感じですが、9エリアはなし。
お馴染み局が聞こえたのに拾ってもらえず、09,19を落としました。orz
近場もかなり厳しかったのですが、11は何とか1局拾ってもらえて10も少なかったですね。
時間的に半分とは言えもう少しやりたかったです。
ちなみにあまりに暇だったので、最後の10局ほどはSSBでCQを出してのものです。
ほとんど、通常QSOの乗りでしたが・・・。hi

で、早めにコンテスト参戦を終えたのならとそこから3.5MHzのZeppライクアンテナを張り始めました。
当初は、21時からのAI TESTに3.5MHzで参戦してから帰宅することも考えたのですが、そこそこ寒くなってきたこともありJCCサービスだけして帰宅することにしました。
コンテストが終了した直後から、CQを開始します。
すぐにコールをいただき、良い感じで呼んでもらえました。
が、こちらも意外と続かず。
1時間と立たずに空CQとなり、10分ほど頑張って撤収としました。
ちなみに、最近チューニングが合っていない気がして、先日購入したnanoVNAで確認をしたところセンター周波数は3.35MHzとエレメントが伸びてしまっているようです。
調整をし直しないとまずそうです。(^^;

Bc2790


最終的にはこんな交信数になりました。
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m
本日もちょっとだけ、AI TESTに参加しましたが、その話はまた後日と言うことで。

2020年9月21日 (月)

2020 オール神奈川コンテスト結果発表

昨日の予告通り、ちょこっと出かけてきました。

Bc2785


XPOに続いてAI TESTにも参戦しようかと思ったのですが、3時間の合間に耐えられず帰宅しました。
帰るついでにサービスエリアで美味しいものでもと思ったのですが、駐車場が満車で待つ気力もなくそのまま帰宅しました。
疲れた感じで、詳細は後日にさせていただきます。
取り急ぎ、交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

で、帰宅すると主催者からオール神奈川コンテストの結果がメールで届いていました。

Bc2786


3/4位
う~ん、全然ダメでした。
やっぱり、隣県とは言え反対側なんで厳しいです。(^^;
また、頑張ります。

2020年9月17日 (木)

2020 東北コンテスト結果発表

東北地方本部のHPに5/25に発表になったと記載があったのですが、そこにあるはずのリンクはなし。
左下にあった東北コンテスト結果のリンク先は昨年の結果でした。
ふと見に行った宮城県支部のHPに今年の結果があるではありませんか。
と言うことで4ヶ月近く遅れての結果確認です。

Bc2783


61/113位
まあ、真面目に参加していませんからこんなもんでしょう。
それでも真ん中より少し下なら悪くないかななんて思っています。hi
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2020年9月13日 (日)

2020 オール滋賀コンテスト 結果発表/オール秋田コンテスト

昨日、主催者からメールがあってオール滋賀コンテストの結果発表を知りました。
早速、リンクをクリックして結果の確認です。

Bc2780


シングルオペ電信7MHz部門で14/45位
昨年に続いて2回目のエントリーで、今年も部門名は表示を加工させていただきました。
順位は私的には1/3以内なので上出来でしょう。
このコンテストは県外局同士の交信もOKですが、得点となるのは滋賀県内局との交信できたバンドの交信のみです。
これが結構敷居が高いんですよね。
今回の結果を見てもハイバンドで0点の方がいます。
かく言う私も滋賀県とは14が3交信、21がSSBで初交信した1交信のみ、28は未交信です。
よっぽどコンディションに恵まれないと自宅からは無理ですね。(^^;

そして、本日は午前中に7MHzを聞いてみるとAT TESTと聞こえてきました。
もう何年もこのコンテストには参加していないようで、久しぶりに足跡を残すことに。
とは言え、その時に聞こえていた局を呼んで終わっちゃいましたが。(^^;

Bc2781


何はともあれ、各コンテストで交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m
少し被ってもう1つコンテストがあったようですが私が聞いている間には聞こえず。
午後からはやることもあって無線機の電源はOFFにしたままです。
で、ログ提出の際に午後のコンテスト規約を見ながら提出してしまって秋田コンテストの結果を岡山に送ってしまいました。
オール岡山コンテストのコンテスト委員様、誤送連絡をいただきスミマセンでした。
あ~、恥ずかしい。(/_;)

2020年9月 7日 (月)

ALL JAコンテスト結果発表

まずは台風10号で被害を受けた皆様、心からお見舞い申し上げます。
いち早い復旧を心からお祈りしております。

そろそろ結果発表になる頃かと思っていましたが、本日EメールでJARLからLog Check Reportが届いていました。

Bc2775


あちゃ~、1局ミスコピーをしてしまいました。
不幸中の幸いはマルチに影響がなかったことでしょうか。
QSO数からポイントは-2となっていますが、もう1点は元々DUPEだったものです。
それも珍しく私から呼んだものではなく呼ばれたものです。
「B4」と打ったのですが、NRまで送られたので私からも送ってログインしました。
メールの中には結果は後日発表との記載があったのですが、JARLコンテストのHPを見に行くと。
ちゃんと結果発表となっていました。

Bc2776


XA部門で60/348位
大きなコンテストでましてやマルチバンド部門では入賞なんて無理なので、目標としている上位20%には何とか入れました。
交信数だけは過去最高を記録したもののマルチは3.5MHzがまともに出られなかったためかなりしょぼくなりました。
その結果、トータルスコアは自宅ベストも更新できないていたらく。
それでも、ほぼ自宅としては悪くない順位でしょうか?
全体の結果を眺めているとコロナウィルスの影響が見受けられます。
まずは、マルチオペ部門が中止になっていること。
その影響でいつもクラブ局で参加されていた方がシングルオペでログ提出をされたでしょうか?
XA部門は減少傾向だったのですが、かなり久しぶりに300局半ばと多めのログ提出局数となっています。
そして、移動局の少ないこと。
XAでもM、Pは例年移動局が上位を独占なんですが、今年は皆無。
やっぱり、ロケの良いところへ行かないと厳しいですよね。hi
ポータブルは付いても居住地に架設アンテナで参加された方も多かったことでしょう。
かく言う私も3年連続で移動で参加していたんですが、久しぶりの自宅運用。
来年はALL JAも気を遣うことなく移動で参加できるようになっていると良いのですが。
最後に交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2020年8月20日 (木)

2020 KANHAM/大分コンテスト 結果発表

昨日に引き続き、コンテスト結果です。
本日は国内編です。
まずは、KANHAMコンテスト

Bc2750


34/62位。
かと思ったのですが、7位と8位って同じ局ですよね。
ひょっとすると他の局に上書きされたのかもしれませんが、8位を消してそれぞれ繰り上がりとして33/61位として報告させていただきます。
7MHzかつ真面目には参加していませんので、真ん中より少し下の順位は妥当かと。(^^;
ちなみに10回目でログ提出は始めてでした。

続いては、翌週に行われた大分コンテストです。

Bc2751


25/60位
一度1エリア3位で入賞したことがあるんですが、その後は低迷しています。
と言っても、入賞したときは全体的に低スコアだったのでラッキーだっただけですが。
マルチバンド部門しかありませんし、もう入賞することもないかもしれません。hi
何はともあれ、交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2020年8月11日 (火)

2020 石狩後志支部/宮崎コンテスト 結果発表

今日も東京は酷暑で、帰宅して室内の温度計を見ると37度。
床も壁も暖かいです。(^^;
熱帯夜確実で寝ることが出来るのやら。

さて、本題ですが6月1週目のコンテスト特異日に3つ参加したうち2つのコンテスト結果が発表になっていました。
まずは、石狩後志支部コンテスト

Bc2742


44/64位
8交信しかしていませんから、こんなものでしょう。
元々地元局への援交のつもりで参加して、入賞を果たされたようなので目的は果たせたかと。hi
続いて、宮崎コンテスト

Bc2743


38/38位
タイミングが合わなかったか今まで一度もエントリーすることがありませんでしたが、1局では話になりません。
見事に最下位となりました。
石狩後志支部コンテストの合間に1局だけ見つけられてナンバー交換していただきました。
初参加できただけで良しとするしかありませんね。(^^;
結果はともかく、交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2020年8月 6日 (木)

2020 東京コンテスト 結果発表

昨日の記事を書いたあとに、KWRさんのブログを見ると東京コンテストの結果が発表になったとの記事を発見です。
そろそろ結果が出ていても良かったのですが、ノーマークでした。
昨年が次点で、今年は自己ベストを更新できたこともあって少し色気を持って結果を覗きに行きます。

Bc2737


5/81位
あちゃ~、昨年の3位局を何とか追い抜いたのですが、その分強敵が2局増えていました。orz
1位は最近参加されなかったと思われるお馴染み局、3位は昨年50MHzで優勝された方が転戦されてきました。
と言うことで残念ながら、今年も入賞は出来ませんでした。
まあ、スコアにはだいぶ差がありますので、また頑張るしかありませんね。
ちなみにクラブ対抗は8/38位。
こちらも上位からはだいぶ水をあけられています。
まあ、弱小クラブですからこちらもいたしかたありません。hi
にしても、東京支部の結果はページが何ページにもまたがっており、以前のに比べると見づらくなりました。
これだけスペースがあるのなら局数とマルチも表示してくれると目安になってうれしいですね。
歴代入賞者リストも復活しませんし・・・。
頑張っているコンテスト委員の皆さんにけんか売っているわけではないんですが・・・。(^^;

何はともあれ、交信いただいた各局には御礼申し上げます。m(_ _)m

2020年8月 5日 (水)

2020 広島WASコンテスト 結果発表

ちょっと出遅れたようですが、広島WASコンテストの結果が発表になっていました。
酔っ払いながらローバンドの時間帯に1.9MHzバンドに参戦をしていました。
我が家のバーチカルに無理矢理信号を乗せての参加ですから、大した局数は出来ているわけがありません。
と言うことで、結果を確認です。

Bc2736


15/22位
まあ、これくらいの順位が妥当なところでしょう。hi
1.9MHzもフルサイズで思いっきり出てみたいですね。
にしても入賞各局はレベル高いですね。

より以前の記事一覧