カテゴリー「コンテスト」の337件の記事

2017年6月11日 (日)

オール岐阜、大分、山梨コンテスト 参戦

先週に続き、今週もコンテストの特異日です。
まずは、最初にスタートしたオール岐阜コンテストに参戦。
スタート時に14MHzを聞くと1局聞こえてここからスタートです。
相変わらず、無視されることもしばしば。
某知り合い局にも2度ほど呼び負けました。orz
初日は15局と交信して終了。
規約を調べると半日参加のハーフという部門もあるようです。
本日は例年通り、寝坊と家事に追われてなかなか参戦できません。
それなら、ハーフで参戦すればいいやと思い、9時頃から色々とワッチを開始します。
ところが、終了直前に21MHzで県内の記念局を発見。
21MHzはそこまで1局も交信していないしと呼ぶことにします。
他のバンドも覗いてみると、14MHzで地元AWSさんが強力に聞こえたので、3バンド目の交信をいただいて終了となりました。

Bc1629
相変わらず冴えません。(^^;
さらに、昨晩1局DUPEで呼んでいたことが判明しました。
お恥ずかしい限りで・・・。orz
さて、どこの部門にログを出しますかね。hi

そして、大分コンテスト。
昨晩、ブログでお世話になっているCSYさんが乗り込んでおられ、7MHzでよく聞こえます。
しかし、大分コンテストには参戦したことがありません。
念のため、規約を調べると、こちらのNRもJCCナンバーとなっています。
危ない、危ない、確認して良かった。hi
その後、3.5MHzにもそれらしいコールが聞こえたのですが、残念ながら呼べるほどの強さはありませんでした。
そして、本日に入ってもハイバンドで交信できてまあ最下位にはならないかなと言うスコアにはなりました。

Bc1630
と言っても、5局しか交信していなくて、ほとんどCSYさんへの援交でした。hi

そして、最後は山梨コンテスト。
昨年、コンディションに恵まれ終了間際に21MHzでそこそこ呼ばれたので、今年も期待をして参戦です。
まずは、50MHzを覗いてSSBとCWでそれぞれ1局ずつ県内局と交信します。
21/28MHzで一通り呼び回りをして21MHzでCQを開始しました。
ところが、呼び回りの時には問題なかったのですが、CQを出したら東京コンテストの時同様にPCに回り込みが発生しました。
何とかなるかと思ったのですが、気付くとHAMLOGのコールサイン欄に訳の判らない文字列がどんどん入力されてしまいます。
4エリアの局と何とか交信できたのですが、今回も諦める羽目になりました。(T_T)
ならばと、7MHzにQSYします。
CQを出している方も多く、呼び回りをします。
21MHzがダメなら、7MHzで楽しむぞとCQを開始します。
ところが、気付くとSWRが5くらいまで上がっています。
おいおい!
慌てて再調整をして、再び1.3くらいまで落とします。
ところが、しばらくすると再び5になっています。
これでは、リグに負担が掛かるだけとまだ30分も残っていたのですが、諦めることにしました。(T_T)
アンテナのコイルに接触不良でも起きているのでしょうか?
すぐには確認のしようもありません。

Bc1631
気合いを入れたのですが、30局にも届かず。
がっかりな結果になってしまいました。(T_T)
乗り込みも考えていたのですが、色々と問題があって今年も見送ってしまいました。
機会があれば、何とか乗り込みしてみたいです。

各コンテストで交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

にしても、7MHzで長時間の運用が出来なくなったのには困りました。(T_T)

2017年6月 8日 (木)

2017 京都コンテスト 結果発表

暫定で順位発表がされていた京都コンテストですが、先ほど順位確定のメールが届きました。
早速、順位の確認です。

Bc1626
16/20位です。
京都コンテストはナンバーが長く受信するのが苦手なので、なかなか気合いが入りません。
そんな関係もあって、ここ4年連続で1.9MHzで参加しています。
距離の関係もあってどのバンドも期待は持てませんし・・・。(^^;
とりあえず、今年も無事足跡が残せたので、良しとします。
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2017年6月 1日 (木)

2016年コンテスト総括

CQ WWコンテスト(CW)のLog Check Reportが一昨日届きましたので、昨年参加したコンテスト結果も出揃ったようです。
と言うことで、今年も例年通り総括をしてみたいと思います。

Bc1619
ログ提出数:29(+1)
 前年比で1つ増えましたが、30まで戻らなくなってきました。JARLと東京支部主催コンテスト以外はかなり気まぐれ参加になってきました。そして、DXコンテストへの参加はついにCQ WW CWだけになってしまいました。
入賞率:6.9%(-3.8) 入賞になったコンテストの割合(順位が赤いところ)
 入賞は一昨年まで3年連続で3つだったのですが、過去入賞のある埼玉、千葉で失敗したこともあり2つに減ってしまいました。ACAGでは入賞に返り咲いて過去最高順位となったのがうれしい成果です。
惜しい率:3.4%(-3.7) 入賞次点になったコンテストの割合(順位が黄色いところ)
 XPO記念コンテストで初めて14MHzシングルバンドで参戦。皆さんの注目を浴びたHEXビームのデビュー戦でトラブルも発生したときです。このときが、惜しくも1QSO or 1マルチ差で1エリア1位の入賞を逃したのが唯一です。次点になるのも難しいです。(^^;
図々しい率:0.0%(±0%) 1局交信でログを提出コンテストの割合
 2年連続でありませんでした。
最下位率:0.0%(±0%) 最下位になったコンテストの割合
 こちらも2年連続で最下位もブービーもありませんでした。hi
平均上位率:46.3%(-2.4) 順位/参加局数を%表示(20%以下を薄緑で表示)
 東京コンテストとACAGで10%を切る優秀な順位になれましたが、残念ながら全体では、少し低迷してしまったようです。

今年は早々に埼玉コンテストで入賞させていただきましたので、とりあえずひと安心です。hi
今週、来週は多くのコンテストがある週ですが、厳選して参加してみたいかと。
移動運用に出かけて参加できないことも多くなっていますが、今まで通りマイペースで参加をしてみたいと思います。
そして、秋のコンテストでは今まであまり参加していない部門での参加も検討しています。
是非、皆さんナンバー交換よろしくお願いいたします。m(_ _)m

2017年5月21日 (日)

2017 オール群馬コンテスト参加

いや~、例年に比べて参加局は少ないし、7MHzのコンディションも最悪。
まだ時間は残っているのですが、気力が尽きました。
と言うことで、初めて入賞したコンテストとして、毎年気合いが入るオール群馬コンテストに参戦していました。
昨年は、堂平で呑んだくれていたので不参加でしたので、2年ぶりの参加です。
20時のスタート共に1200MHzからスタート。
しかし、例年それなりに参加局がいるのですが、今年は1局のみで寂しい限り。
その後、上から下まで聞き回りますが、移動局ばかりで地元局のコールがほとんど聞こえません。
1.9MHzでは知り合い局や記念局を呼んで、気もそぞろの運用になっていました。
挙げ句の果てに、某局と電話で30分近く話してこんでいたりして・・・。(^^;
今朝になって、少しは聞こえるかと思ったのですが、思ったほどの局が聞こえません。
乗り込みされている方々もその割に呼ばれていない感じで、全体としても参加局は少ないようです。

Bc1608
何とか、各時間帯に交信いただきましたが・・・。

Bc1609
一昨年から交信数で2割減、スコアは4割減です。
Phoneが少ないですが、別に聞きにいかなかったわけではないんです。
稼ぎどころの7MHzも聞こえたのは9時台だけで今は静かなものです。
ハイバンドも基本的にはロケのいい方しか聞こえませんので、稼げません。
電信電話マルチバンドはディフェンディングチャンピオンがまた頑張っておられましたので、どこへログを出すか悩んでいます。
シングルバンドも含めて良く見極めてからログ提出をしたいと思います。
交信いただいた各局ありがとうございました。

来年は何とか乗り込んでみたいな。hi

2017年5月11日 (木)

2016 CQ WW DX Contest CW Result

何気なくホームページを調べていたら、主題コンテストの結果がアップされているのを見つけました。
まだ、データベース化されていませんが、とりあえず順位が載っています。

Bc1601
JAはエリア毎に集計されていますのでJA1での順位です。
21MHzシングルバンドローパワーのアシストで4/5位でした。
もう1局コールがありましたが、締切後のログ提出のイタリックの局なので削除させていただきました。
昨年はコンディションも下降しており全く気合い不足。
さらに呼んでも無視されることも多くEUも深いところは全く聞こえずで寂しいスコアです。
当日の記事と比較してみると2局ほど減点されていて2割近く減点されています。orz
もう少しすると、Check Repotが届くでしょうから、それで何がいけなかったのか確認をしたいと思います。
コンディションはともかくもう少し真面目に参加しないとダメです。(^^;

2017年5月10日 (水)

2016 全市全郡コンテスト賞状

何と、昨日に続き大きい封筒が到着。
本日も、JARLのマークが付いています。
とすると、あれしかありません!!

Bc1600
全市全郡コンテストの賞状です!(^^)v
既報の通り、今回は全国と関東のH,M部門でそれぞれランクインして、4つも順位が載っています。
これも、交信いただいた各局のおかげです。
改めて御礼申し上げます。m(_ _)m
9回ログ提出をして4回目の入賞ですので、私としては上出来です。hi
全て50MHzでの参加でしたので、こちらも今年は別部門での参加も検討してみたいと思います。

2017年5月 9日 (火)

2016 東京CWコンテスト賞状

帰宅するとJARLのマークが印刷された封筒がポストに入っていました。
開けて出てきたのは、こちら。

Bc1599
2位入賞となった東京CWコンテストの賞状です。
4連覇は逃したものの4年連続入賞を果たすことが出来て一安心です。
ちょっと気になったのは、発行日が4月10日になっています。
挨拶文も入っていたのですが、既に終わった東京コンテストの案内も書かれていて、1ヶ月もなぜ遅れたのか?
まあ、大したことではありませんが。(^^;

今年もCQ WWと被らないようなので、入賞など考えずに久しぶりにマルチバンドでCQを出しまくってやろうかと思っています。
まあ、今のところですが・・・。(^^;
改めて、交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2017年5月 3日 (水)

2017 東京コンテスト参戦

外壁工事中で参戦が難しい状況でした。
それでも何とか出たいと、昨日工事関係者が帰ってから足場に上がってまずはバーチカルアンテナのメンテナンスをしました。

Bc1583
詳細はいずれまたと言うことで。
バーチカルの復旧で何とかHF~50MHzはQRV可能となりました。
2mのアンテナも足場に取り付けられないかと思ったのですが、まっすぐな空間がなく上まで持ち上げるのは無理と判断しました。
全バンドに出られないし、6mは出ることはできますがバーチカルでは飛びません。
ならばと、21MHzシングルバンドでの参戦を決意しました。
9時のスタート共にCQを開始したのですが・・・。
2,3局に呼ばれてニヤッとしたのですが、デスクトップPCに回り込みが発生!!
事前に電波を出して問題がないのを確認していたのに・・・。orz
と言うことで、何とか1局目の鳥取県の局とは交信したのですが、慌ててNote PCを準備し直して約10分の出遅れになってしまいました。
その間に周波数も取られてしまってQSYして何とかリスタートです。
さすがに良い感じで呼ばれます。
4,6エリアからのコールも混じっており、良い感じです。
もっとも、さすがに昨年のようなオープンにはなりませんでしたが・・・。
1時間ほどCQを垂れ流して、呼び回りを始めますが、聞こえる局は少ないです。
SSBにも行くとご近所のOMが頑張っておられます。
やはり、楽しかったのは最初の2時間くらいで後はひたすら耐えるのみになりました。
呼び回りとRUNを繰り返しますが、スコアが全く伸びません。
最終的にはこんな感じになりました。

Bc1584
でもって、スコアは以下の通りです。

Bc1585
過去の入賞スコアを見ると微妙ですね。(^^;

マルチでは、新宿区、大田区、渋谷区、荒川区を落としました。
市の方は半分といったところですね。
都外1エリアでは群馬、山梨がなし。
北海道は数局できましたが、01しかないのが惜しいです。
もっとも、ほとんど106だったと思います。
やはり、バーチカルでは飛ばないし、聞こえません。
その結果、何度もコールを聞き直した局、たぶん拾えなかった局もいそうです。

交信いただいた各局ありがとうございました。
交信に至らなかった各局、またの機会によろしくお願いいたします。m(_ _)m

2017年5月 2日 (火)

2017 KCJトップバンドコンテスト 結果発表

珍しく1日で2件目の記事です。
主題コンテストの結果が発表になっようなので、早速確認しに行ってきました。>Tnx CSYさん

Bc1582
157/181位タイでした。
6局しか交信していないのに1局がNILでした。
呼び回りしかしていませんから、ちゃんとログ出して欲しいよな。(^^;
一応、飛ばない聞こえない状況でも20局くらいは今までやっていましたので、過去最低スコアでログ提出しましたので、仕方ありません。
それでも、未交信だった愛媛県とできましたので、良しとしましょう。

アンテナを何とかして移動でも参加してみたいですね。
但し、2日にまたがるので難しいかな?

ALL JAの復習

ALL JAではいくつか問題も発生しました。

まずは、アンテナです。
今回使用したのは、以下の3本です。

3.5MHz Zeppライク
7MHz ワイヤーダイポール
14-50MHz HEXビーム

Zeppライクは、フルサイズでもありいい仕事をしてくれるのですが、如何せん長いのでどこでも張れません。
その上、現在使用されているワイヤーが重すぎです。

Bc1580
写真の左側にZeppライクを張っています。
ご覧のように、反対側からクレモナで引っ張っても見事にポールが反ってしまいます。
ダイポールはギボシ付きと7MHz専用の2本がありますので、ワイヤーを継ぎ足して3.5MHzにも出られるようにした方が良さそうな気がします。
でなければ、現在のケーブルを軽いものに変更するか・・・。
悩みどころです。
で、ポールが反った結果、今回はHEXビームは回せませんでした。orz
せっかくのビームアンテナがこれではもったいない。
畑のオーナー様も見学に来られたのですが、「これならギボシアンテナだけで十分でしょう」と言われてしまいました。
もっとも、車の乗り降りをしないでQSYできるメリットは捨てがたいですが・・・。
そして、そのHEXビームですが、やはり設営・撤収に1時間半くらいかかります。
時間を短縮するいい方法が思いついていません。
まあ、今回はプレ運用でWARCバンドも欲張って張ったので、クラシックバンドだけにすれば少しは短縮できます。
強度的には傾いていますが、土曜日の強風にも不安感はありませんでした。
まあ、当然揺れてはいましたが・・・。
性能は50MHzの雰囲気では2ele HB9CVと同じくらいでしょうか?
本当は、3ele デルタループと比較をしようと思ったのですが、我が家のもう1本のポールを対角で車に踏ませるとアンテナが当たることが判明して今回は見送りました。
FDの時はどうしますかね?
もったいない気もしますが、シングルバンドでの参戦も検討しないとダメかもしれません。

そして、FT-991にも問題が発生しました。
同じバンドに3種類の設定を記憶でき、同じバンドのボタンを続けて押せばその設定が順に呼び出されます。
よって、各バンドSSBとCWのコンテスト周波数に合わせておきました。
ところが、21MHzで運用をしていたときに、CWからSSBに切り替えるために「21」のボタンをもう一度押して運用をしていました。
そして、先ほどCWで交信した方が珍しくSSBに出ているのでコールをしました。
すると、「今日は14MHzのシングルバンドです」と言われて本人は21MHzに出ているつもりだったので「えっ」。
で、確認してみると確かに14MHz SSBバンドになっていました。
あちゃ~、DUPEで呼んでしまいました。
しかし、間違いなく「21」を押したはずなのに・・・。

Bc1581
で、バンドのボタンを色々押してみたところ、下の2列のボタンは表示とは違う反応をすることがありました。
「50」を押すと、21MHzになるは同じ所を押しても24MHzにもなる事があります。
どうやら熱くなるとタッチパネルが正しく動作しないことがあるようです。
今、確認をしても正常に動作しています。
熱さのせいだったような気がしますので、日よけはちゃんとしないとダメのようです。
その前に、ちゃんと周波数くらい確認しろよって言う話もありますが・・・。(^^;
仕方なく、PCから周波数モードを設定してQSYする羽目になりました。
もっとも、WIDTHやBK-INの設定が違っている場合もあり、面倒でした。
さらには、勝手にリセットが掛かることが何度かありました。
こちらはCW Skimmerを動作させていたのが原因だったようで、動作させなくなってからは発生しませんでした。
CW Skimmerも「3kHz RADIO」では信号が上手くデコードできなかったので、必要ありませんでしたが・・・。

あとは相変わらず、USBIF4CWが動作しなくなることもしばしば。
自動送信が途中で止まります。
そのあと、再び送信できる場合もありますが、自動送信が不可になる場合があります。
さらに、自動送信不可になるだけならまだいいのですが、パドルからの送信もできなくなり完全にお手上げになることがあります。
USBを差し直して連携ソフトも再起動しないといけないので困ります。
ちゃんとパッチンコアを付けているんですがね。

最後は、県内マルチオペ/マルチバンドで参加している某局。
今回の移動地では近すぎて、各バンドで近くに出ているほかの局が聞き取れず苦労しました。
強い局が近いと辛いですね。

と、一応復習はしましたので、これを糧にまた頑張ってみたいかと。
運用地が一番の悩みかもしれません。hi

より以前の記事一覧