カテゴリー「移動運用」の130件の記事

2020年9月22日 (火)

茨城県牛久市(JCC1419) 移動 - 2020 XPO記念コンテスト

天候の関係もあって、移動なら4連休の後半と墓参りと買い物を土日に済ませました。
日曜にも書き込みをしましたが、どこへ行こうか随分悩みました。
基本は、XPO記念コンテストに7MHzで参戦できて、3.5MHzのZeppライクが張れる場所が良いなと思いましたが、新しいところを探す気合いもありません。
ならばと以前行ったときはコンディションが悪くてあまりできなくて、珍し目の所と言うことで3年前に行った牛久市に行くことにしました。
その気になれば、160mもZeppライクなら張れる場所です。
残念ながら持っていませんが・・・。(^^;
ちなみに、ここも自分自身は7/10MHzのCWがありません。
到着すると、2台ほど車が止まっていましたが、1台は農作業の方で、もう1台の方には一応声をかけさせていただき問題ないとの返事をいただきました。
アンテナを上げ始めるといなくなられましたが。

Bc2787


寝坊して出遅れたし、道を間違えるへまもしたので、アンテナの設営が終わったのは11時近くになっていました。
XPOコンテストの時はいつものパターンですが、まずは10MHzでJCCサービスです。
そんなにコンディションは悪くなさそうに思ったのですが、呼んでもらったのは30分でわずかに8局。
まあ、こんなものかと7MHzへQSYして早速CQを出してコンテスト参加開始です。
が、やはり、どっと呼ばれる感じではありません。
1時間頑張りましたが、やはり大したことない感じです。
ダメダメだった2年前に比べればマシでしたが、呼び回りも例年ほど聞こえる局がいません。
途中はかなり暇していました。
その上、相変わらずUSBIF4CWが反応しなくなることもしばしばでほとんど手打ち対応でした。
スコアも伸び悩んでいましたがとりあえず100交信も超えたし、元々出遅れているしと17時台の途中でリタイアしてしまいました。

Bc2788


14時台は完全に気合い抜けていました。
スコアはこんな感じ。

Bc2789


意外とマルチは稼げている感じですが、9エリアはなし。
お馴染み局が聞こえたのに拾ってもらえず、09,19を落としました。orz
近場もかなり厳しかったのですが、11は何とか1局拾ってもらえて10も少なかったですね。
時間的に半分とは言えもう少しやりたかったです。
ちなみにあまりに暇だったので、最後の10局ほどはSSBでCQを出してのものです。
ほとんど、通常QSOの乗りでしたが・・・。hi

で、早めにコンテスト参戦を終えたのならとそこから3.5MHzのZeppライクアンテナを張り始めました。
当初は、21時からのAI TESTに3.5MHzで参戦してから帰宅することも考えたのですが、そこそこ寒くなってきたこともありJCCサービスだけして帰宅することにしました。
コンテストが終了した直後から、CQを開始します。
すぐにコールをいただき、良い感じで呼んでもらえました。
が、こちらも意外と続かず。
1時間と立たずに空CQとなり、10分ほど頑張って撤収としました。
ちなみに、最近チューニングが合っていない気がして、先日購入したnanoVNAで確認をしたところセンター周波数は3.35MHzとエレメントが伸びてしまっているようです。
調整をし直しないとまずそうです。(^^;

Bc2790


最終的にはこんな交信数になりました。
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m
本日もちょっとだけ、AI TESTに参加しましたが、その話はまた後日と言うことで。

2020年8月 4日 (火)

山梨県甲州市(JCC1713)移動 - 2020 FDコンテスト 後編

さて、2日目です。
既に辺りが明るくなった5時過ぎに一度目が覚めました。
が、寒い、眠い。
いつものごとく二度寝しちゃいました。
朝飯を取って、発電機に給油をして再び参戦を開始したのは7時を回っていました。(^^;
初日に不調だった7MHzを聞いてみるとこの日の朝はそんなに悪くなさそうです。
日中にダメになる可能性もあるので、今のうちにとCQを出し始めます。
ここで、かなりの知り合い局に呼んでもらってログが進み始めます。
但し、結構QSBもあって厳しい局も多かったでしょうか?
それでも昨年のダメダメだったコンディションから見たらかなり良い感じです。
8時を回って呼び回りも途切れたので今度は14MHzへ。
ここもコンディションはそこそこみたいです。
CQを出してもちゃんと呼ばれます。
21、28でも今までに比べればかなり呼ばれている気がします。
呼ばれるって楽しいですね。hi
10時を回ってコンテストに参加していない知り合いのところで少し寄り道をしながら50MHzへ。
思ったほど聞こえない感じで、残りは1時間半。
さて、残りの時間はどこのバンドで楽しむか?
HAMLOGなのでマルチは判りませんが、交信数の少なそうな144、21と聞いてみます。
が、コンディションも悪くなさそうなのでやはり7MHzで稼がないとダメとQSYです。
再び、隙間に潜りこんでCQを開始です。
ほぼ11時なのでこのままRUNで走り切れれば楽しいかなと思ったのですが、やはり微妙なコンディションなのか期待ほどは出来ません。
最後は21,28,144と呼び回ります。
144MHzへ最後に行ったのは知り合いが出ているはずがまだ出来ていなかったからなんですが、結局見つけることが出来ず。
違うお馴染みさんと11:58にNR交換してもらって、ここでタイムアップとなりました。

Bc2732


相変わらずしっかり寝ました。
それでも、寝足らない感じでしたが・・・。(^^;
そして、スコアはこんな感じになりました。

Bc2733


3.5MHzは過去最多の交信数となりました。
が、マルチは同じ。
7MHzは100QSOを超えることが出来ませんでしたが、だいぶマシになりました。
とは言え、マルチが少なすぎませんかね?
ハイバンド、VUはそれなりな感じです。
交信数、スコアともに過去最多を記録できて私としては上出来です!!
とは言え、入賞となるとちょっと届きそうもありませんね。(^^;

そして、今年も与太話がいくつかあります。
・ 運用地
昨日の写真を見てもらうと判るかと思うのですが、昨年は土が掘り返されて緩くなっていたのですが、今年はそこに土の山が2つ作られていました。
狭くなっていましたが、それでも私のアンテナを上げるには十分な広さはあるのですが、使えなくなる日が来るかもしれませんね。
そして、平野部の皆さんは天候が良かったようですが、コンテスト開始直前に降られました。

Bc2734


良かったことはここへ来る度に雷雨だったのですが、雷はなかったことです。
雷もあったらしばし休戦もあり得たかと。(^^;

・ 来訪者
久しぶりに同業者が立ち寄られました。
5年前に先を越されたと少し話をさせていただいた地元の局が、
「今年もいらっしゃいますね。」
と声をかけてくださいました。
また、数局で運用をされるようで、別の候補へ行くとすぐに立ち去られましたが、コンテスト中に交信できたのかは定かでありません。(^^;
そして、昨年は沢山いたアブ達はさすがに全くいないと言うことはありませんでしたが、昨年から比較すると信じられないほど少なかったです。
ハエ、アブ、蝶と虫たちも豊富ですが、今年は初めてお見かけした方も。

Bc2735


カミキリムシですよね。
撤収時に車の上に鎮座されていました。
この他に、こちらも久しぶりに鹿が目の前を駆け抜けていきました。
撤収途中の突然の登場にさすがに写真を撮る余裕はありませんでした。(^^;

・ 渋滞
居残り勉強も考えたのですが、コンディションもそんなに良くなさそうで前日10MHzにはQRVしちゃいましたので早々に撤収することにしました。
雲が出て急に温度が下がったように感じたのも撤収を決めた理由ですが・・・。
それでも、現地出発はほぼ例年通りの15時。
やはり、撤収には時間がかかります。
道の駅で買い物をしてから高速道路に乗ります。
往路は渋滞がなかったので帰路も渋滞がないのではとちょっと期待をしました。
トイレ休憩もあって談合坂SAに立ち寄り本線に戻った途端にハザードランプが前方に見えてきました。
やっぱり、渋滞していますね。
それでも談合坂SAまでスムーズに来られることなんてありませんから例年に比べればだいぶ短かったですけどね。

いや~、年のせいか疲れが取れませんね。
それでも久しぶりの本格的な移動運用で楽しませていただきました。
そして、交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2020年8月 3日 (月)

山梨県甲州市(JCC1713)移動 - 2020 FDコンテスト 前編

レンタカーの返却時間に間に合わず、本日も仕事はお休みでした。
コロナ禍のおかげでレンタカー屋も20:00までしか営業をしていません。
移動運用もしづらくなります。
もっとも、休みとは言え週末出かけていた分、家事や買い物でバタバタしていましたが・・・。(^^;

さて、本題ですが、今年も例年通り山梨県甲州市に行ってきました。
そろそろ新しいところを開拓したいのですが、なかなか探す気合いもなくちょっと遠いですが同じ所にしました。
金曜日の晩にブログを書いてからすぐに床に就いたもののなかなか寝付かれず、5時には起きるつもりが6時半になっていました。
例年ならこんな時間に出発したら八王子付近で渋滞に捕まってしまうのですが、さすがに今年は空いていました。
食料の買い出しをしても2時間余りで現地到着。
こんなに早く着けたのは4時起き出来たときくらいですが、それがいったいいつだったか?(^^;
早速、HEXビームの組み立てをして風もなかったので10mのお化けポールでフルアップに成功しました。
その後、VUやワイヤーケーブル5筒のアンテナの設営が完了したのは13時頃となりました。

Bc2731

さらにリグの準備をして21MHzでまずは移動局のお声がけでプレ運用を少し開始です。
21MHzができたのであまり実績もありませんので、24MHzでCQを出してみました。
しかし、残念ながら24MHzまではオープンしていないようです。
それでも、GWと思われる1エリアの1局のみですが交信いただけました。
ネットで調べてみると10MHzが良さそうなのでQSY。
2局ほどお声がけをした後にCQを出して40QSOほどになりました。
とりあえず、アンテナもリグも大丈夫そうなので安心して仮眠、17時頃から早めの晩飯でコンテストに備えます。
10分ほど前からスタートダッシュは7MHzにしようとCQを開始しますが、今年は全く呼ばれません。
う~ん、嫌な感じです。
やっと呼ばれたと思ったらHLの局でした。
開始時刻になりましたが、やはり全く呼ばれません。
こりゃ、昨年同様バンドが死んでいる可能性が高そうです。
ここで無駄な時間を食ってはいけないと慌ててQSY。
どうやら知り合いが出ているらしい50MHzでさっさとサービスをしてしまうことにしました。
まあ、いつもいまいちなバンドなんで呼び回り後、そのままCQも出してみましたが、5局で途切れてしまいました。
今年はダメだと思ったら長居はせずにどんどん移っていくことにしていました。
28MHzもそこそこ出来た経験があるので、聞きにいくと驚いたことに8の局が聞こえます。
慌ててマルチを稼ぎます。
21MHzは聞こえる局がいません。
14MHzは6と8が聞こえていますが、CQを出してもほとんど呼ばれず。
小1時間で3.5MHzへ。
下から呼び回りを開始すると、3.513が空いている?
本当はこのバンドでシングルバンド参加しているという情報が入った某局を探すつもりだったのがそのままCQを開始してしまいました。
呼んでサービスするつもりだった局に呼んでいただいちゃいました。(^^;
1時間半ほどの滞在でそこそこのレートはキープできたかと思います。
その後、呼び回りをして21時を回るとVUで頑張ることにします。
いつもCQを出しても大して呼ばれない430MHzですが、30分も呼ばれ続ける驚きの展開になりました。
そして、7MHzのコンディションが今年も悪いと悲しいので初日の内にと再び3.5MHzへ。
仮眠を取った割にはこの辺でだいぶお眠になってきました。
CQも途中で空振りが続くこともあって、日が変わった直後には早々に就寝することしちゃいました。

と、今年も1回では書き切れません。

~後編へつづく~

2020年3月23日 (月)

埼玉県さいたま市西区(JCC1344-01)移動

土曜日に50MHzで交信が出来なかったので、少しでも交信がしたいと出かけることにしました。
どこにするか悩んだのですが、新しいところを探すのも大変なので荒川土手に行くことにしました。
以前行ったさいたま市西区なら小1時間で行けてしまうので、行ってみることにしました。
ところが、前に行ったところは昨年の台風の影響か工事をしていました。
CPTさんのブログにはその記事が載っていたようですが、見落としていました。
仕方なく南に下ってこれまた以前行ったことのある桜区を目指します。
ところが、200mほど進むと「迂回路」と書かれていて土手の上に上がれるようです。
上がってみるとそこそこの広さもあって、先客もいないのでここで設営を決意しました。

Bc2614


いい天気でしたが春霞と言うんでしょうか、いつもなら見えるはずの富士山を始め、秩父の山々も見えませんでした。
リグの電源を入れると早速、SAMさんのお声が聞こえています。
すかさずお声がけをすると移動地は五霞町でした。
運用地の候補に挙げていたので行かなくて良かった。hi
その交信を終えると、群馬のお馴染みさんから声を掛けてもらってQSYして交信いただきます。
少し与太話に付きあっていただき、ファイナルのあとはそのままその周波数でCQを出し始めました。
すると、これまたお馴染みさんがお待ちいただいたようです。
お馴染みさんが多かったですが、各局に呼んでいただけました。
そして、やけに強い局がいると思ったら、同じ土手の上にいたCPTさんでした。
おそらく1kmくらいしか離れていなかったかと・・・。
各種コンテストに頑張っておられるようですが、隙を突いて呼んでいただけました。
11時になるとコールも途切れて、CWでもCQを出してみました。
5局に呼ばれたところで、風が強くなってきたのでとりあえずCQは終了。
その後、移動している2局をコールして撤収としました。
トイレも近くなってきて、お近くにいたCPTさんを冷やかすこともなくディスカウントストアでお買い物をしてから帰宅と相成りました。

Bc2615


とりあえずのんびりと2時間半ほど楽しませていただきました。
局数は決して多くはありませんが、自宅でくすぶっているよりは多くの交信が出来たかと。hi

Bc2616


運用地の近くに桜はありませんでしたが、土手には菜の花(たぶん)がたくさん咲いていました。
シートを引いてお弁当を並べている方や、ひなたぼっこをされている方が次々と訪れていました。
それと運用中にちょっと事件がありました。
消防車がけたたましいサイレンを鳴らしてやってきたのですが、消防署員が駆け回って現場を探しておられました。
どうやらいたずらだったようです。
消防車の拡声器から「通報した方いませんか?」と言う声も聞こえていましたので・・・。(^^;
その後、パトカーも登場していました。

2020年3月22日 (日)

栃木県塩谷郡塩谷町(JCG15005F)移動

色々とやることも溜まっているのですが、レンタカー会社からもらったアップグレードサービス券と言うのがあるのに気付きました。
レンタカーを借りるときに1つ下のグレードの料金で借りられるのですが、有効期限が3/31までになっています。
最後に車を借りたのが昨年のお盆。
移動運用に至っては、フィールドデーコンテスト以降行けていません。
本来、土曜日は会社の出勤日だったのですが、休みを取って移動運用に出かけることにしました。
どこへ行こうか随分悩んだのですが、3連休中日だし多少遠くてもいいかと前から目をつけていた塩谷郡塩谷町に決断。
先に移動した知り合いに運用地を聞いたのですがよく判らず、自力で遊歩道の駐車場を見つけていって来ました。
ネットで調べてみると昨秋の台風で遊歩道は進入禁止。
それなら、人も来ないかと・・・。
連休中日の高速道路は渋滞もなく2時間半ほどで到着。
2台ほど車もいたのですが、駐車場の一辺が空いていたのでそそくさとアンテナ設営です。

Bc2612


写真では判りづらいのですが、まずは50MHzの3eleデルタループを準備します。
早速、ワッチをしてみますが何にも聞こえません。
正面が関東平野で山に遮られてしまうようです。
Jクラスタを確認すると、移動局も結構いるようで50MHzには向かない移動地だったようです。
一応、CQも出して見たのですが10分ほどで力尽きました。orz
こりゃ粘っても無駄、と7MHzへQSYです。
最近はコンディションもいまいちなので、どんなものかなと思ってまずは聞いてみます。
やはり、近場はダメみたいでJクラスタを見て聞きに行った局はことごとく聞こえません。
それでも、他エリアは聞こえるようなのでCWでCQを開始です。
被りがあっても判らないので7.016MHzと少し上目でCQを出すことにしました。
パイルにならず空振りもありましたが、とりあえず1時間半ほど楽しめました。
その間には多少コンディションが変わったようで1エリア内からも数局コールがありました。
とは言え、やはり厳しめでしたかね。(^^;
13:20頃から10MHzに出ますが、こちらはもっと悲惨でした。
となると、あとは7MHzもSSBに出るくらいしか思いつきません。
これが、小1時間と経っていなかったのですが、CWに出ていたときとはコンディションが変わったようでいきなりS9で1エリアのお馴染みさんからお声が掛かります。
これはかなり楽しめるかな?
しかし、パイルにはならないので与太話をしてコールバックするとS9だった局がS5になっていることがありました。
コンディションは残念ながら不安定だったようです。
不安定ながら何とか100QSOは超えることができました。
それでもコンディションも変わったようなので、最後にもう少しCWでCQを出すことにします。
いきなり呼んできたのはUA0の局でした。
DXからだとは判ったのですが、1回では取り切れませんでした。(^^;
2回目の7CWで12QSO上積みをしてQRTとなりました。
3.5MHzにも出たいところでしたが、私のツェップライクアンテナを張れる広さはなかったので諦めて帰途に就きました。
帰りの高速道路はそんなに混んでいないのではないかと思っていたのですが、さすがに往路のように空いてはいませんでした。(^^;

Bc2613


と言うことで、上記のような交信数になりました。
ちなみにモード別ではCW 65QSO、SSBは51QSOで5年以上ぶりに交信した方が数局いたのが印象的だったでしょうか?
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

余談ですが、最初に書いた遊歩道目当てで来られている方が結構いました。
準備万端で入口の張り紙を見て帰って行く方もいました。
但し、バリケードを突破して入っていた方もいたようでしたが・・・。(-_-;

で、本日も少し移動をしてきましたが、その話はまた後日。

2020年3月21日 (土)

帰宅

昨日は、墓参りや買い物で無線は完全休養となりました。
そして、本日は少々脚を伸ばして栃木県まで遠征をしてきました。

Bc2611


途中で佐野ラーメンを食べて帰宅しました。
風呂入ってビールを飲んだら疲れてしまいました。
詳細なご報告は後日にさせていただきます。m(_ _)m

2019年8月 5日 (月)

山梨県甲州市(JCC1713)移動 - 2019 FDコンテスト

ここ数年はFDの翌日は休むことも多いのですが、本日は休めずに仕事に行ってきました。
しかし、昨晩帰宅が遅かったこともあって眠くて、眠くて・・・。
と、余談はともかく参戦記をご披露しようと思います。
初日の土曜日は5時過ぎに出発したいなと思っていたのですが、起きたら5時でした。(^^;
それでも6時少し前に出発できて、7時には八王子料金所を通過できそうです。
その時間なら渋滞も大したことあるまいと、思っていたのですが残念ながら八王子JCTから先はお約束の渋滞でした。
途中で食料の買い出しをしたりした割には、現地に9時半頃に到着できました。
しかし・・・。

Bc2394


何やら巨大な虫がたくさん飛んでいて、とても車の外に出る勇気も出ません。
う~ん、どうしたものか?
写真に写っているだけでも7匹。
ぱっと見、スズメバチにも見えるし、こんなサイズのスズメバチに刺されたら大変です。
運転席で様子を窺っているとどうやらスズメバチではなさそうですし、他の運用地が思いつくわけでもないので覚悟を決めて設営を開始です。
それでも、いつもならドアを開け放って設営をするのですが、車内へ進入されると厄介なのでドアは閉め切っていました。(^^;
他にも運用地はほじくり返した後があって土が軟らかくて、タイヤベースがいつまで経っても水平が取れません。
だいぶ苦労をして設営しました。

Bc2395


やはり、今回も傾いていますし、HEXビームはフルUPに失敗しました。
AMアワードの対象地だったので事前運用も考えていたのですが、時間がなくて夕食を取ってそのままコンテストへ突入です。
スタートは今年も7MHzに決めて5分ほど前から通常CQで周波数確保です。
3局ほどに呼ばれて楽しめるかと期待です。
Note PCの時計が18時になったのでCQ TESTに切り替えたのですが、腕時計は17:59。
しもた、時間合わせるのを忘れていました。
慌ててPCの時刻合わせをして改めてCQ TESTでスタートです。
早速、お馴染みさんからコールをいただき、昨年のようにしばらく楽しめそうだと思ったのですが・・・。
7.018MHzの割には2分で1局ペース。
CQを止めて少し周波数を変えてみますが、全然聞こえる局がいません。
どうやら今年は夏枯れのようです。
こりゃあかんと、わずか10分の滞在でQSY。
14MHzへ行ってみるとこちらの方が多くの局が聞こえるじゃありませんか。
と言うことで、呼び回り。
途切れたところで私もCQを開始すると7MHzより呼ばれます。
まあ、長続きはしませんでしたが・・・。(^^;
そこからは順に周波数を上がることにしました。
28MHzはなぜか3局ほど聞こえたのですが、どなたも反応してもらえずに2時間弱でアンテナを用意した一番上の430MHzまで到達。
もちろん、少しずつCQも出していきました。
20時頃に3.5MHzへQSYをします。
空き周波数はどうせないだろうと思っていたら、わずか3局呼ぶと3.513MHzがぽっかりと空いている気配です。
QRMなし。
QRL?にも反応なし。
と言うことで、QSY早々にCQを出すことが出来ました。
呼ばれっぱなしの訳はありませんが、1時間半ほどまずまずの呼ばれ方でした。
たまに200Hzくらいの近隣で同じ局に思い出したようにCQを出されてQRMに悩まされましたが常駐はされなかったのでまあ何とかなったでしょうか?
3時間半ほどでトイレ休憩。
リグに戻れば当然その周波数でCQを出している方がいました。
その後呼び回りをして、7MHzへ行きますがやはり聞こえる局がほとんどいませんね。
再び下から順にQSYを繰り返し、430MHzで新しい局が途切れたのが23時半。
ここで今年も睡魔に襲われて、第1部は早々に切り上げることにしました。
すぐに寝袋に潜り込み今年もたっぷり睡眠です。hi
6時半に50MHzから戦線復帰。
7MHzは相変わらずダメです。
後はひたすら、下から順にQSYを繰り返して呼び回り、たまにCQを繰り返します。
が、肝心の7MHzが回復してくれずに局数は伸びませんでした。

Bc2396


見せ場は3.5MHzで呼ばれていた20時台だけでした。

Bc2397


昨年の300QSO越えを目指しましたが、例年並みのQSO数に止まってしまいました。
最後は50MHzで終えたので、知り合いが反省会をしていないかと少しワッチをしてみましたが知り合いを見つけることは出来ませんでした。
疲れを感じたこともあり、今年は居残り勉強もせずに直ちに撤収に入りました。
やはり、撤収にはそれなりの時間がかかり運用地を後にしたのは15時になっていました。
で、今年も道の駅へトイレ休憩に立ち寄ります。
微妙な時間でしたが、どうせ渋滞に捕まるだろうと昼、夜兼用のつもりで食事を取ってきました。

Bc2398


山の道の駅でそばは良いとしてセットに穴子のミニ天丼を付けてしまいました。
が、これが衣サクサクでかなりいけていました。hi
でもって、今年もデラウェアを土産に買ってきました。

Bc2399


さあ、帰るか!
と言うことで高速道路に上がると早速渋滞です。
大月近辺では少し流れたのですが、渋滞情報では断続渋滞11kmとのことでしたが、ほとんど動かずにSAもPAも我慢で運転を続けました。
狭い藤野のPAも車が溢れていました。
いつもなら一瞬は流れる2車線から3車線に増える箇所でもほとんど動きません。
それでも、小仏トンネルさえ越えればと思ってじっと我慢です。

Bc2400

相模湖を越えると借りた車の走行距離が3万kmちょうどになりました。
完全に停車していたので写真撮っちゃいました。hi
小仏トンネルが見えて2車線に戻ります。
ところが、走行車線を走っている車がさらに追い越し車線に車線変更してきます。
何が起きている?
少し進むと走行車線を向こうから道路会社の職員が矢印の看板を持って走ってきました。
丁度、故障車が止まっていて対応に出てきたところのようです。
ワンボックス(だったと思います)の運転席に運転手がまだ乗ったままで止まっていました。
ところが、それを超えたのに誰も走行車線に行く人がいません。
ん?
数100m先に小型のバスが止まっていて、こちらが渋滞の原因だったようです。
その後は順調で、4時間かけて石川PAでやっと休憩が取れました。
たぶんFDの帰りで一番時間がかかったかもしれません。

交信数も昨年より少なかったですが、楽しませて頂きました。
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2019年6月16日 (日)

埼玉県比企郡嵐山町(JCG13008G)移動

何度かお邪魔をしているのですが、また嵐山町のビニールハウスの前で運用させていただくことになりました。
まあ、他にも目的があったのですが・・・。
1週前には土日とも雨の予報でどうなるかと思いきや、ご覧の好天でした。

Bc2357


早めに行きたいと思ったのですが、やはり起きられずに9時半に現地到着。
アンテナの準備をしながらも1つめの目的も果たさないと。
写真に写っている4eleデルタループ(50MHz)のSWRが高いことが気になりだしてSWRの確認です。
以前にもアンテナアナライザで中心周波数がズレていることは確認したのですが、どうズレていたか記憶が定かではなく再度確認です。
どうやら51.8MHzくらいが中心になっているようで、そこですら1.7程度です。
コンテストなども考慮して、50.3MHzくらいが中心だと良いのになと思ってそこのSWRを確認すると2.3。
ガンママッチのショートバーの位置を変えれば、調整が出来るはずと動かしてはみましたが、ほとんど変わりません。
調整は諦めて内蔵ATUでマッチング取りながら、運用を開始することにしました。
8移動中のSAMさんがバッチリ聞こえて、早速コールをすると、
「/1つくの?」
と驚かれてしまいました。
この運用地は土手脇で以前ALL JAでも使わせてもらいましたが、高さがないのであまり飛びません。
その時はHEXビームでしたので、4eleデルタでどれくらいGWが伸びるか確認してみたくてCQを出してみましたが、全く呼ばれませんでした。
CWでも出してみたんですがね。(^^;
まだ、Esが残っているかとギボシDPもセットします。
AA TESTが行われているので、クラシックバンドはパスして24MHzにセットします。
バンドを聞いてみると強力に聞こえる局がいて呼んでみると、強いはずで比企郡の隣町の方でした。hi
私もCQを出してみましたが、既にEsはなくなってしまったのか、全く呼ばれません。
続いて、18MHz。
ここも県内を移動中のお馴染みさん1局のみしか出来ませんでした。
(6/17追記:コメントによるとお隣の県からだったようです)

10MHzにQSYするとやっと少しは呼んでもらえました。
ここで、地元各局が様子を見に来てくれたので、しばし無線談義と相成りました。
その後、7MHzへもQRVしますがいよいよ夏枯れでしょうか?
呼ばれないし、ほとんど聞こえる局がいません。
こりゃダメだ。
クラスタをチェックしてみると、50MHzがまた開いている気配です。
50MHzは聞こえませんでしたが、18MHzなら何とかなるかなとそこへQSYしてCQを垂れ流します。
何とかポツリポツリと呼んでもらいました。
ところが、14時頃にお呼びいただいた局のコールをHAMLOGに入力しようと思ったらPCの画面がブラックアウト。
日当たりが良く、温度上昇で暴走したようです。
当然、USBIF4CWへの電源供給が止まっているため、手打ちでの応答も出来ません。
数回再起動を試みましたがやはり途中で画面が真っ暗になってしまい、日よけを用意したり復旧には10分近く掛かってしまいました。
その後も10分くらいCQを繰り返し、やっと呼んでもらった局がいましたが、その方が暴走前に呼んでくれた方かはパニックでコールをコピー出来ませんでしたので判りません。
ここであまりのコンディションの悪さに続行意欲が湧かず、某局から家へのお誘いもあったので14時過ぎに撤収となりました。

Bc2358


最終的には、こんな寂しい交信数での撤退となりました。
その後お邪魔したOMのお宅で7MHzを聞いてみましたが、SSBですら聞こえる局はほとんどいませんでした。
コンディションは最悪だったようです。
せっかく、3バンドでJクラスタにも上げて頂いたんですが・・・。orz
早々に帰途に就いたのですが、車を返して缶ビールをプシュッとやったのは20時近くでした。
ちなみに、お借りした畑のオーナー様からはこんなおみやげをもらってきました。

Bc2359


玉ねぎは、私の料理でも使用頻度が高いので助かります。hi
数は少ないですが、交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2019年6月 6日 (木)

伊豆諸島遠征振り返り

昨日、帰りの船の中からブログをアップしてデカいスーツケースを引きずってバリアフリーではない浜松町北口から山手線で帰宅しました。
おかげさまで、山手線も思ったより空いていて他の方には迷惑は掛けなかったと思っているのですが・・・。
どう見ても海外帰りに見えたでしょうね。
海外と言えば海外ですが・・・。
先に送ったアンテナも先ほど届いて、ひと安心です。
でもって、昨日から少しずつ家事を片付けたりログの整理を始めています。

Bc2341


まずはクラスタのアップ状況を確認してみました。
アップいただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m
ただ、交信の中では町村名しかアナウンスをしていませんが、アワードの番号が書かれているケースがありました。
交信中に1日違いで同一移動地、同一バンド/モードでコールをされた方に「漁港アワードの1つが欲しくてお呼びしました」と言われました。
一応、ログインはしたのですが、「面倒なのでカードに特に記載はしませんよ」と宣言。
とは言ったもののお役に立つのならと規約を調べてみました。
しかし、規約を見る限りではQSLカードの受領も不要で当該地の運用者が宣言する必要もなく、アワード申請者が好きな漁港を指定すれば良いようです。
日付、バンド、モードが違えば同一局でも他の漁港としてカウント出来るようです。
三宅村に5つ、八丈町に6つの港があるようですので、このアワードを目指している方であれば、日付違いの交信でも大事みたいですね。
でもって、他の灯台アワード、アメダスアワードも調べましたが、いずれもカードへの記載は不要のようですので、こちらからのQSLカードはQTHとグリッドロケータしか記載しませんのでご承知おき下さい。m(_ _)m
にしても、CWはRBNでチェックと言う手もありますが、Phoneはどんなに珍しくてもクラスタに上がらないと呼ばれませんね。(^^;
上がったら、上がったでこなしきれませんけど。(^^;
それと、QSLカードは専用カードを作ろうとUIUさんと画策をしていますので、発行は少し先になると思うのでご承知おき下さい。

さて、続いては運用地についてです。
三宅島は、広い駐車場や公園が複数ありますので運用はかなり楽でした。
それに対して、八丈島は意外と運用に適した広い駐車場がありません。
今回運用した峠の駐車場は何とか2局でアンテナを張れ、観光客もほとんど来ませんが、観光シーズンだとさすがにまずいと思います。

コンディションは初日が大オープンだったのですが、迂闊にも低迷しているときに1時間余りの居眠りで少なくとも50QSOくらい損した感じです。(^^;
その結果、2島でのQSOは以下の通りです。

・三宅村

Bc2342


・八丈町

Bc2343


八丈町はコンディションに加えて平日だったことや、運用時間が短かったこともあり思ったほどの数になりませんでした。
ハイバンドはイマイチでしたが、初日のオープンのときにメインバンドの50MHzで交信出来たのは大きかったかと。
にしても、やはり圧倒的に7MHzで1エリアが多かったのがなんとも残念です。
7SSBの運用では、エリア指定をしたときもあったのですが、タイミングが悪かったのか両端からはほとんど呼ばれていません。
最大の収穫は、1st QSOの方が100局はいたことでしょうか。

Bc2344


初めての島運用でしたが、やはり持っていける荷物の制限が最大のネックでしょうか?
宿から運用が出来ればベストですが、なかなか交渉がしづらいです。
電源の確保や、携帯はエリア内のはずが圏外だったり、行ってみないと判らないことも多く島移動の難しさを知りました。
今回は、UIUさんにほとんどの手配をしてもらいましたので、私はついて行っただけなんですけどね。(^^;
また、宿を取るとどうしても夜間の運用が出来ません。
風呂に入って、食事をすると嫌でも晩酌をしてしまうので・・・。hi
IOTAでDXとの交信も夢見ていたのですが、HEXビームの設営に時間がかかりすぎることなども考えるとやはり難しかったです。
それでも、UIUさんと会話で色々と勉強になる話も聞けて、食事も美味しかったので初の島移動としては成功だったでしょう!
交信いただいた各局と同行いただいたUIUさんには感謝、感謝であります。
交信に至らなかった各局には申し訳ございませんでしたが、またの機会によろしくお願いいたします。m(_ _)m

Bc2345


それと、出かける前に印刷を終えたQSLカードは先ほど大塚に持ち込みましたので、合わせてご報告をさせていただきます。

2019年6月 5日 (水)

帰宅の途

昨日、一部の重い荷物は送ってしまったため、本日の運用はありません。
そのため、ゆっくり起床してがっつり朝食をいただきました。
三宅島同様に宿の方に車で送っていただき、港の待合室で船を待ちます。
昨日もご紹介した毎日三宅島-御蔵島-八丈島を往復している橘丸が見えてきました。

Bc2337


これに乗っていよいよ帰宅の途につきます。
定刻の9:40に出航して、次の寄港地の御蔵島は本日も条件付きでしたが、無事接岸。
20人くらいの方が乗船されたでしょうか?

Bc2338


ここは、UIUさんが最後に残した未踏の地で、伊豆諸島の中でも最も運用が難しいところです。
写真を見るとおわかりかと思いますが、港から集落まではほとんど垂直に立ち上がっており運用場所ですら確保が難しいようです。
船上から「いずれは必ず」とUIUさんは決意を新たにされていました。
さすがに、平日の船内はガラガラといった感じで、ごらんのスペースはUIUさんと貸し切り状態。

Bc2339


のんびりブログや通信ログのチェックをしています。
もっとも、航海中はかなりの時間が携帯の圏外ですが・・・。
乗船時間の10時間はさすがに長くて昼食とともに早速アルコールが入っています。

Bc2340


カルビ丼と控えめにチューハイです。
三浦半島と並んできて予定の到着時間ま2時間ほど、もう1~2杯はいけるかな?hi

より以前の記事一覧