カテゴリー「移動運用」の96件の記事

2017年10月14日 (土)

千葉県長生郡一宮町(JCG12011A)移動

昨日の記事にあるように今週も移動を画策していました。
主目的は明日の千葉コンテスト参加ですが、せっかく車を借りるなら前日もどこかでと検討していました。
しかし、秋雨前線の影響もありあまり天気は良くありません。
事前には2ヵ所を予定していたのですが、家を出るのが億劫で目的地に着いたのは昼を回っていました。
元々は長生村の海岸を狙っていたのですが、地図を調べていると一宮町に海岸そばに良さげな駐車場があるのを発見。
砂浜のそばだと砂まみれになりそうで、急遽変更しました。
一応、一宮海岸の駐車場も見学をしてきましたが、サーファーの方々で結構埋まっていました。

Bc1737
と言うことで、一宮海岸広場でアンテナを広げることにしました。
他の客もほとんどおらず、駐車場も意外と広いのでその気になれば、DPを展開して初発電機を使っても大丈夫そうでした。
が、今回はあえて釣り竿ホイップにバッテリで運用をしてみることにしました。
但し、釣り竿ホイップは若干の調整が必要なんですが、なかなかSWRが落ちずに手間取ってしまいました。
本来はローディングコイルをミノムシクリップでつまむ位置を変えるだけなのですが、屋根の上に上げたままではその作業ができません。
と言うことで、5回くらい上げ下ろしを繰り返してやっとSWRが2まで落ちてくれました。
後は、内蔵のATUでごまかします。hi
早速、7MHzを聞いてみるとやけに静かです。
それでも、信号が聞こえるとばっちりメータが触れています。
ノイズがないんです!!
こんな素晴らしい環境での運用はあまり記憶にありません。
感動しながら、CQを開始。
ぼちぼち呼んでいただきました。
しかし、ほぼ1時間経過して50局余りと交信したところで、プチッとリグの電源が落ちてしまいました。
バッテリが尽きてしまったようです。
よくよく考えたら、最後に充電したのがいつか思い出せません。
2本使っているのでそんなに短いはずはなかったのですが、今度は満充電直後でどれくらい運用できるか確認しておこうと思います。
と言うことで、10MHzの運用も諦め撤収と相成りました。(^^;

では、皆さん明日の千葉コンテストでのコールをお待ちしています。
あ、それと千葉コンテストは電信電話部門の場合、電信電話両方とも得点となりますので、2モードでお待ちしています。
いや、今年は片方にしちゃおうかな?
その前に雨の状況によっては途中で逃げ帰るかもしれません。(^^;

追記(10/15 8:30)
熟考の末、残念ながら千葉コンの県内参加を断念して帰途につきました。(T_T)

2017年10月13日 (金)

最近の移動設備

私の最近の移動設備をご紹介します。
最近移動するときはほとんど7MHzにはQRVしますし、ハイバンドが期待出来ないこの季節は7MHzがどうしてもメインになります。
LW+ATUをお使いの方も多いですが、丁度いい釣り竿が用意出来ていないこともあり、飛びも良いのでダイポールをメインに使っています。

Bc1736
移動セットを積み込むとこんな感じになります。
右奥の2つの週の箱の下に、ワイヤー系のアンテナ(7~28MHzギボシダイポール、7MHz専用ダイポール、80m用Zepp)、同軸ケーブルが3本。
他に、ステー用のヒモ、それを固定する打込み丸カン、同軸ケーブル(10mx3)などが収まっています。
その上は、予備のFT-857、マイク、モビホ用のコイルに、マグネット基台です。
真ん中の太いのが7mのお化けポール(FAP-707)で、収納時の寸法が1.21mと横にしてトランクへも収納可能です。
もう1本、FSPタイプのものもありますが、6mと短いのと、タイヤベースが大型で重たいため滅多に使いません。
中央左の釣り竿は、某BYM局に作っていただいた釣り竿ホイップです。
いい仕事をしてくれるのですが、基台がマグネット式のため強風時には使用出来ません。(^^;
右の黄色い袋に入ったのが、モービルホイップのMD-200。
コイルを付けて、各バンドに出られます。
マルチバンド(7~28MHz)に出られるコイルを購入しましたが、思ったほど飛ばないので最近は全く出番がありません。
ちなみに、3.5MHzと販売が終了した50MHzのコイルもあります。
で、その他、パドル、アンテナアナライザ、ライト、雨具等が左の隠れた箱に収納してあります。
なぜか、淡路島の玉ねぎのダンボール箱です。(^^;
使い勝手が良くて、使い続けていますが、そろそろプラスチックケースにした方がいいかな?
そして、手前の青いバッグに入っているのはシールドバッテリです。
12V 19Ahのものが3つ入っています。
まだ、発電機を買う前から使っているので少しくたびれてきているかもしれません。
昇圧器の良いのが見つからなかったので、直列にして24VにしてDC-DCコンバータを使って13.8Vを作っています。
発電機を使うのを躊躇する場所では未だに活躍してくれています。
そして、以前はリアスペースにリグやらPCを並べて、後ろに折りたたみ椅子を置いて運用するのがデフォルトでした。
車中で運用すると、怪しまれるかなと思ったのが元々でしたが、これも片付けなどに時間を要するので最近は、ナビシートにリグを置いて運用しています。
今回は、VUのアンテナを用意していないし、天候が悪そうなので折りたたみ椅子が入っていないので随分とスペースがあります。
今回?
どっかへ行く気ですかね。(笑)

2017年10月10日 (火)

群馬県吾妻郡長野原町(JCG16001G)移動 - 2017 全市全郡コンテスト

全市全郡コンテストは例年通りX50部門で参加でした。
今回移動した場所は、昨年の6Dでアンテナが倒壊してまともに参戦出来ませんでしたので、そのリベンジです。
そして、入賞より大きな目的は50MHzのWAJAで最後に残っている滋賀県と交信することです。
しかし、地元局によると「全市全郡コンテストで滋賀と出来たことあったかな?」とのことで期待は薄そうです。(^^;
20時半頃にその地元局と交信した後、知り合い局からコールがあり、50.405でラグチューを開始。
結局、そのままその周波数でランからスタートを切ることにしました。

1時間余りで、空CQが長くなってきたので呼び回りに転じます。
その後、CWにも出ますが思ったほど呼ばれないし、意外と聞こえていない?
初日は早起きしたこともあり、1時過ぎには就寝としました。

Bc1731
前日は、ずっとガスっていて19時台には激しい雨も降っていたのですが、2日目の朝にはご覧の通りの快晴です。
正面の浅間山もくっきりで、ポールの左手には月も見えています。
発々にガソリンを追加して、パンをかじりながらワッチを開始。
呼び回りでスタートします。
しかし、呼び回りとCQを繰り返しますが、全然ログが進みません。
何やら、自宅で出ているのと局数の方は変わらない感じです。(^^;
伸びないログを見つめながらそれに耐えながら最後まで走り切りました。

Bc1732
ご覧の通り、最初の1時間こそ呼ばれまくって1分1局ペースだったのですが、あっという間に自宅並、いやそれ以下だったかもしれません。(^^;
一杯寝ているように見えますが、1時台、6時台には1局ずつ交信をしていますので、いつもに比べれば睡眠は削っています。hi
13時台がへこんでいますが、別にサボっていたわけではないんです。
CQを出しても呼ばれず、呼び回りも新しい局が見つけられずだったんです。(^^;

Bc1733
ロケの良いところから移動で初参加でしたので、当然スコアは過去最高。
但し、どうもロケの恩恵は受け切れていない感じです。
後刻、スタート前に雑談をした局に「隣町の局の方が強かった」と言われたので、コンテストの入賞を狙うには3ele デルタループでは少し非力なようです。
八木アンテナは組み立てが面倒なので、4ele D-Loopかな?hi
但し、3ele D-Loopもそこそこ使えることも判りました。
ロケのおかげもあり、19,20,21,22,24,27,28,37県と出来ました。
が、欲しかった23県はやはり出来ませんでした。orz
そして、東京方面に向けてCQを出していたときに西に向けたところ交信した37県の局が聞こえました。
やはりちゃんとビームアンテナなんだと実感出来ました。hi
既に大差2着以下が確定しており、SSBでもCQを出し続けていた局が少なくとも2局はいたので結果はどうなるか判りません。
その前に、減点がないかも不安です。

そして、元々は体育の日もどこかで運用を検討していたのですが、日曜の朝に起きたときに車も周囲も夜露でずぶ濡れでした。
それが乾くのを待つと帰るのが遅くなると判断しました。
が、車を降りるとまたもやガスっています。
霧雨まで降っていて少々濡れました。
まあ、騒ぐほどではありませんでしたが・・・。
で、一番近い道の駅で仮眠という選択肢もあったのですが、やはり布団で寝たいとそのまま帰途に就きました。
当然、昨日の朝は起きられずレンタカーは買い物の足に使ったのみでした。(^^;
と言うことで、土日のコンテストも含めた交信数は以下の通りとなりました。

Bc1734
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

おまけですが、この運用地ですが、初めて連れて行ってもらったときには見えなかった浅間山がよく見えます。
と言うことで、天気の良かった日曜はかなりの観光客が来ます。
一番邪魔にならない隅っこに車を止めて設営をしたのですが、そこが一番浅間山にに近いところでした。
アンテナを見上げては、邪魔そうな顔をしてこちらをチラ見されました。(^^;
ダイポールを撤去しておいただけでも良かったかと。
しかし、チラ見する客が来たときには、浅間山の山頂には雲がかかっていました。

さあ、今週末も移動を計画していますが、また天気が悪そうです。
どうなることやら。

2017年10月 9日 (月)

群馬県吾妻郡長野原町(JCG16001G)移動

全市全郡コンテストに参加することを主目的に移動してきました。
土曜日は予報通り雨降りです。
現地についても、雨降りなので、さて、どうしたものか?
本来なら50MHzの3ele デルタループをローテータ付きで上げるところですが、とりあえずシングルデルタで「無線をやるよ」とアピールしながら運用することにしました。
やはりロケは良いようで、シングルデルタでも声が掛かります。
でもって、お馴染みさんから声を掛けられて、「吾妻郡もハイバンドは全然ないのでサービスいただけませんか」と依頼を受けました。
一応、ギボシDPは持参していますが、この移動地はDPを張るにはちょっと狭いんですよね。
雨降りで他のお客もいないのでいいか、とOKしました。
jarl.comのメールが使えると言うことだったので、準備が出来たら連絡しますと伝えて交信を終えました。
昼食を取って雨も止んだようなので、本格的にアンテナの準備を始めます。

Bc1730
DPを張って、まずは10MHzにセットしました。
飛びの確認もあって、移動局を呼んだら、先ほど依頼を受けた局も呼んでいるじゃありませんか。hi
これは連絡する手間が省けると、1kHz下で早速CQを開始すると連絡不要で見つけていただきました。
10MHzも相変わらず国内コンディションはいまいちのようで、他には6,8から各1局呼ばれて途切れてしまいました。
HLからも呼んでもらったのですが、そこまででした。
後は、下から順にハイバンドサービスです。
14MHz、18MHzとQSY。
ここで、もう1局知り合い局が呼んでくれて迎撃は2局になるのかな?
案の定、21MHzも2局から呼ばれました。
しかし、24MHz、28MHzはリクエストいただいた1局だけでした。
ロケが良くおそらく見下ろしだったので、どのバンドもリアル599で交信出来ました。
ここへ来るのも3回目で毎回7MHzでは運用をしているので呼ばれないだろうなと思ったのですが、せっかくだから7MHzにもQRVしました。
40局ほどでしたが、交信数の上積みも出来て良かったかと。hi
その後、晩飯と少々仮眠。
20時過ぎに目が覚めて、バンド内の様子を窺いました。
すると、地元局がお隣町からバンドエッジに近いところで周波数確保をされています。
お声がけして健闘を誓い合いました。
コンテストについては、また後日。

~つづく~

2017年9月18日 (月)

千葉県香取郡神崎町(JCG12006C)移動

我が家の辺りでは台風の影響もあまりなく、朝には雨は止んでいました。
思いつく移動地、いくつかの天気予報を調べてみると雨は皆止んでいるようです。
問題は風です。
最初は、茨城方面を考えていたのですが、ちょっと試してみたいこともあり昨年の千葉コンテストでQRVした神埼町にまた行くことにしました。
距離はそこそこありますが高速のICに近いため、意外と時間がかかりません。
高速道路も全く渋滞がなく現地到着です。
但し、風が止む頃を見計らって出たので到着したのは10時頃でしたが・・・。(^^;
ところが、その現地に見覚えのあるATUにLWが張ってあります。
あちゃ~!!
嫌な予感は的中して、一昨年の千葉コンでかち合った某局が運用をされていました。
コンテストに参加されていたらどうしようかと思ったら、交信を中断して車から出てきて下さいました。
コンテストには参加していないそうで、遠征で濡れたアンテナを干しているついでに運用しているとのことでした。
と言うことで、とりあえず10MHz/14MHz当たりなら問題ないと許可をいただいて、100mくらい離れた所で設営を開始です。
本当は6mを試してみたかったのですが、まだそこそこの風が吹いていたのでギボシダイポールのみで断念です。

Bc1710
気温が上がる予報もあるので、リグのあるナビ側の窓にはブルーシートを掛けて日よけにしました。
そして、10MHzで運用を開始します。
が、またもやコンディションはいまいち。
それでもクラスタにも上げて頂いて、ポツポツと呼んでいただけました。
昨年はXPOコンテストにはHEXビームで14MHzに参戦したので、今年も狙ってみようかと思っていました。
と言うことで、正午少し前に14MHzを聞いてみたのですが、何にも聞こえません。
これで、6時間もあるのだからと7CWに出ることを決断。
7MHzを聞きにいくとかち合った某局は既に出ておられないようなので、少しずつ呼び回りを始めました。
すると、しばらくして某局が撤収されて挨拶に来ていただきました。
これで後は、どこのバンドも使いたい放題になりました。hi
と言うことで、呼び回りを終えると私もCQを開始します。
が、やはり一昨日同様で、近場のコンディションが全然ダメで2,3エリアばかりのようです。
さらに千葉県内局のみしか得点にならない千葉コンとは異なり呼ばれません。orz
呼び回りとCQを繰り返しますが、目標にしていた6時間での200局には遠く及びませんでした。(T_T)

で、ここまで来て200QSOに届いていないのは寂しいと、コンテスト終了後からダイポールを外して、3.5MHzのZeppライクを張ってもうひと遊びすることにしました。
ところが、暗い中でワイヤーをぶちまけてしまって、見事に絡んでしまいました。
30分もあれば、上がると思ったのに45分も掛かってやっと3.5MHzでQRVを開始です。
ここで、思わぬ局からコールがありました。
だいぶボケていて、弱くはないのにどうしてもコールが取れません。
やっとコールが取れたと思ったら、1st  QSOなのに何となく聞き覚えのあるコールサインでした。
ひょっとしたら・・・。
帰宅してメールを眺めたら、交信相手からメールが届いていました。
何と!覚えていたとおり大学時代の同期でした。
大学の近所にアパート住まいだった彼はダイポールを張っていて、そこから1回運用させていただいたこともあるんです!!
いや~、卒業してからは一度も会っていなかったのですが、ついにお空でお会い出来ました。
と言うことで、3.5MHzで30局ほど上積みをして先ほど帰宅しました。

Bc1711
やっと、少しは納得のいく交信数になりました。
それでも、やはりコンディションは悪かったでしょうか?
1エリアのマルチが全部埋まらないのではとドキドキしていましたから。(^^;
本日も交信いただいた各局、ありがとうございました。m(_ _)m

2017年9月17日 (日)

安全運転

「本当なら、本日も移動運用しているはずだったのに」
などと思いながら、家で悶々としています。
自宅付近では雨は降っていますが、風は強くありません。
九州南部では被害も出ているようで、進路に近い各局は十分お気をつけ下さい。

そして、昨日帰宅するとポストに封筒が入っていました。
来た、来た。hi
先週、お休みを取ったときに請求をしていたものが届きました。

Bc1708
無事故・無違反証明書を請求して該当するといただけるSDカードです。
他にも運転記録証明書の請求でも取得が可能です。
1年以上無事故・無違反だといただけますが、種類はその期間によって4種類あり私がいただいたのは最長の20年以上のものです。

Bc1709
実に免許取得から30年が経過して、事故はもちろん幸運にして(?)まだ違反でお巡りさんのお世話になったことがありません。
まあ、実質20年はペーパードライバーでしたのであまり自慢にはなりませんが・・・。(^^;
少しは運転をするようになったのが10年くらい前ですが、その頃は自分でも運転が怖くて仕方ありませんでした。
家族に同乗してもらっていましたが、あの頃は怖くて乗りたくなかったと言われます。
最近は図々しい運転をしているところもあるかもしれません。
これを機会に改めて慎重な運転をするよう心がけ、移動運用に出かけたいと思います。
申請書は交番でもいただけ、手数料630円と振込手数料で取得が可能で、優待サービスをしてくれるお店等もあるようです。
対象になる方は取得を検討してみてはいかがでしょうか?

2017年9月16日 (土)

群馬県吾妻郡中之条町(JCG16001H)移動

台風接近で1エリアも雨が降り始めました。
それでも、本日は予定通り移動運用に行ってきました。
過去2年、群馬のOTPさんにホストをしていただき移動運用に出かけています。
今年もお誘いがあり、中之条町に行ってきました。
場所は野反湖の湖畔で、旧六合(くに)村です。
しかし、これが東京からだと遠いんです。
渋滞の影響もありますが、4時間半もかかってしまいました。

Bc1706
他にもトラブルがあり、結局QRVを開始できたのは、正午を回ってしまいました。(^^;
まずは、50MHzからスタートをしてのんびり雑談も交えて交信を開始しました。
それでも標高は携帯のGPSで1,500mと表示が出ていますので、結構呼んでいただけました。
その後、7MHzCWに出始めます。
こちらもミニパイルになってコンディションが良さそうとホクホクしていました。
が、本日も磁気嵐が吹き荒れていたようで、コールが途切れるのは早かったです。
交信いただいた各局も、QSBで取り切れないこともしばしば。
ご迷惑をおかけした各局申し訳ございませんでした。m(_ _)m
そして、クラスタを見ると知り合いが10MHzに出ていたようです。
まだいるんじゃないかと思いながら、聞きにいったのですが何にも聞こえません。
これは、呼ばれそうもないなと思いながらも7MHzで最後にQSYと打ってしまったのでとりあえずCQを出して見ました。
案の定、呼ばれません。
それでも何とか、HLからも含めて4局に呼んでもらいました。
ここで時刻は15時半。
スマホで雨雲レーダーを確認するとまだ雨が降るまで2時間くらいありそうです。
しかし、どうもコンディションもいまいちですし、撤収に手間取って雨に降られたくないので早めに撤収することにしました。
撤収後は、近くで運用していた某局も交えて温泉に立ち寄り、ひとっ風呂浴びて食事をしてから帰ってきました。
食事はイタメシ屋だったのですが、ビールを飲めなかったのが残念です。hi
食事を終えるとすっかり雨になっていました。
と言うことで、日曜以降の運用は諦めて帰途に就きました。

Bc1707
交信数は上記の通りで、7MHzが少なすぎます。(T_T)
2,3エリアがメインと珍しい展開になりました。
10MHzは論外でした。
今月は、ハムフェアと先週は飲み会で交信数が少ないので稼ぎたかったところですが・・・。
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2017年8月20日 (日)

茨城(JCC1401 & 1416)移動

例年8月にご一緒していただいているSAMさんにお願いをして、今年も夏の茨城遠征に行くことにしました。
初日は、県庁所在地の水戸市(JCC1401)
向かったのは楮川ダム。
「こうぞがわ」と読みます。
実はメールをいただいたときに「椿川」だと思い込んでいました。
ちなみに、Google mapで「椿川ダム」と検索をかけても「楮川ダム」が出てきます。(^^;
8時半に現地に到着すると、既にSAMさんがアンテナ設営に励んでおられました。
被ることがあるとのことだったので、少し離れてダイポールを設営します。

Bc1680
露出がとんでしまって、SAMさんのアンテナがよく判りません。(^^;
早速、7MHzCWでCQを始めるとクラスタにも載せていただき、各局からコールをいただきました。
が、やはりいつもより呼ばれていない気がします。
コンディションがいまいちな感じです。
それでも1時間ほど頑張りました。
続いて10MHzで30分ほどお呼びいただきました。
クラスタを見ると、ハイバンドいけそうだったので18MHzにも出てみましたが、3局しか出来ませんでした。hi
さて、午後からはどうするか?
コンディションが悪く、7MHzのSSBにも隙間が一杯あります。
それでも、聞こえている局がいるので、せっかく湖沼アワードの対象地だし、SSBの方が呼ばれるかもとCQを出してみました。
こちらも早々にクラスタUPしてもらったおかげか、意外と呼ばれました。
しかし、ノイズレベルも高くなって皆さんにはご苦労をおかけしました。
1st QSOでお名前がコピーできなかった方も1局。m(_ _)m
コンディションがダメダメで、空CQを10分ほど続けてついに断念をしました。
それでも、最後にダイヤルをクルクルしてみると、CQを出している方がいたのでその方をお呼びして、撤収を決断しました。
大方、片付いたところで、ふと視線を遠くに向けると向こう側から雨が降り始めて近づいてくるのが見えるではありませんか!!
後はポールとタイヤベース、電源ケーブルだけなんですが、止むまで待つか?
結局、雨ガッパを出して雨の中撤収をしました。
時間も早いし、どうするかSAMさんと相談をしたのですが、さっさと風呂に入って一杯やりますかという結論になりました。

Bc1681
今年も下足箱の番号はこれです!!
風呂につかった後はもちろんこれです。

Bc1682
無線談義を肴に夜は更けていくのでした。

2日目の本日は、水戸市のお隣、笠間市(JCC1416)へ向かいます。
宿泊した場所からは30分ほど。
いつもより早い7時台からQRVを開始です。

Bc1683
今日は飯田ダム(LA-8)からなので7MHzSSBからスタートしてみました。
やはり、コンディションはいまいちです。
たった8局でコールが途切れてしまいました。
ならばと、CWへQSYをして各局にクラスタへも上げて頂き、これならしばらくは遊べるかと思ったのですが、今度は強烈なノイズが発生。
全然、コールが判りません。
収まるまで、7MHzはダメそうです。
ならばと、10MHzへQSYしますが、こちらも全然ダメです。
北海道へ移動中のWLCさんが7CWに登場されているようで、しばしパイルに参戦しますが、ちょっと厳しいです。
そんなことを言っているうちに聞こえなくなってしまいました。
再び、7CWでCQを出してみましたが、全く呼ばれません。
呼ばれる局も結構弱々しい信号です。
15分ほどで3局を上乗せするのが精一杯でした。
SAMさんも50MHzではロケが悪いらしく、全然呼ばれないとのこと。
クラスタに登場したUIUさんに連絡をしてみましたが、やはりお互い聞こえず。
7MHzはCWからSSBに至るまでバンドが死んでしまっていました。
こりゃ、回復するのは3時とかだろうな。
と言うことで、無駄にここにいる必要なしと帰途につくことにしました。
途中で、車でないと行けない大きなスーパーで買い物をしてから帰宅となりました。
ちなみに今は洗濯機が回っています。(^^;
さて、交信数ですが以下のようになりました。

茨城県水戸市(JCC1401)
Bc1684

茨城県笠間市(JCC1416)
Bc1685
真面目に、ダイポールを上げた中では最低の交信数となりました。
夏枯れには敵いません。
また、改めて移動したい場所が増えました。(^^;
交信いただいた各局、クラスタUPしていただいた各局、ありがとうございました。m(_ _)m

2017年8月 8日 (火)

山梨県甲州市(JCC1713)移動 - 2017 FDコンテスト 後編

昨日で、記事を完結しようと思ったのですが、昨日、今日と呑んだくれてしまい引きずってしまいました。(^^;
と言うことで、昨日の続きです。

早めに発々を止めて、寝袋に入ったのですが、日中の汗でベタベタ感が気になってなかなか寝付かれません。
今年は撤収のことを考えて、テントを建てずに車の中で就寝したのも失敗だったかもしれません。
耳元で羽虫の羽音もあって1時くらいまで寝付けませんでした。
その結果、目が覚めたのは7時少し前でした。
発々の燃料を補給して、朝飯のおにぎりを咥えながら戦線に復帰したのは7時を回っていました。
既に、14MHzが賑やかでした。
もっとも、CQを出してもいつもと通りあんまり呼ばれませんでしたが・・・。(^^;
ハイバンドを徘徊するも、局数は伸びません。
で、8時台には50MHzでラグチューをする始末。hi
9時台に再び14MHzで少しは局数伸ばしとマルチを稼ぎます。
10時台は、28MHzで出したCQで局数がそこそこ伸びます。
それでも長続きはせず、残り時間をどうするか悩みます。
7MHzを覗きに行きましたが、予想していたとおり夏枯れでカスカスの状況です。
CQも出したのですが、4局しか上積みできません。
仕方なく、残り時間はハイバンドで頑張りますが、やはりなかなか上積みが出来ません。
最後は、2mでの呼び回りで仕上げをすることになりました。
11県のクラブ局を呼んでタイムアップとなりました。
その後、50MHzで某局と少々反省会をして撤収と相成りました。

Bc1670
スコアは上記の通りでした。
これに移動係数のx2をしたのが最終スコアになります。
一応、過去最高スコアを更新できました。
バンド毎にも満遍なく出来た方でしょうか?
そして、例年のスコアと違うことがあるのですがお気づきでしょうか?
いつもはCW率を表記しているのですが、今年はありません。
復帰10年目にしてついにPhoneで交信することなくメジャーコンテストを終えました。

例年はFDの翌日は休みを取っていたのですが、昨日は出張が入ってしまい休みを取ることが出来ませんでした。
と言うことで、振り返りもしておきます。

帰宅は相変わらずの渋滞でしたが、早めに出たこともあり例年ほどストレスは感じませんでした。
とは言え、途中で数台が絡んだ事故もありましたし、決して空いていたわけではありませんが・・・。
そして、以前にも書いていますが、USBIF4CWの暴走が今回も何度かありました。
よりによって、3.5MHzでやっと周波数を確保した直後に発生して、QRZ?に反応出来ずに周波数を取られたこともありました。
それもよりにもよって、知り合い局だったところがなんともやりきれませんでした。
もっとも、その後にバンドエッジに近いところでCQを出せたので良かったのかもしれませんが・・・。(^^;
そして、早めに取った晩飯の話。
カップ麺を用意して、お水のペットボトルを積んだのですが、いざ準備をしようと思ったらどこにあるのか見つかりません。
とは言え、晩飯を抜くという選択肢はありません。
仕方なく、飲み物として用意した麦茶を湧かしてお湯代わりにしました。

Bc1671
投入直後は色合いが明らかにおかしくて怯んだのですが、いざ食べてみたら担々麺だったせいか、ほとんど麦茶の味はしませんでした。
でもって、水のペットボトルは帰宅してからナビシートの下から発見されました。(^^;

と言うことで、今年もそこそこ楽しんでスコアも過去最高を更新できたのでまあよしでしょう。
近場でもう少し睡眠時間を削った方がいいのか、また来年に向けて色々と検討をしたいと思います。
いずれにしても、交信いただいた各局には改めて御礼申し上げます。m(_ _)m

2017年8月 7日 (月)

山梨県甲州市(JCC1713)移動 - 2017 FDコンテスト 前編

まだ、猛威を振るっている台風5号の進路が気になって移動地を悩みまくりました。
例年のお山の上、平地でのVUを諦めたマルチバンド、何とか破れ傘が張れそうなところでのシングルバンド参戦と出発直前まで候補が決められませんでした。
それでも、天気予報を確認すると例年のお山の上が一番天候が良さそうです。
土曜の朝は何とか早起きも出来たので、涼しくて、アンテナの比較も出来る例年の甲州市に行くことを決断しました。
もちろん、中央道を途中で下りることも選択肢にはありましたが、高速も空いていたので勝沼ICまで無事たどり着けました。
食料の買い出しをコンビニで済ませて8年連続の運用地にたどり着いたのは8時頃でした。
まずは、少々時間のかかるHEXビームの設営を始めます。

Bc1669
50MHzで常連局を呼んで動作確認をしてから、6mのD-Loopとワイヤーアンテナの準備です。
HEXビームとD-Loopを比較をしてみましたが、やはりD-Loopの方が強いですかね。
アンテナの設営が一通り終わると、10MHzでCQを出してみました。
某局の10MHzのWanted Listに甲州市が入っていたこともあり、サービスが出来れば良いなと思ったのですが、コンディションは最悪。
ハイバンドは論外でした。
でもって、その後は早起きしたので昼寝をしました。

今年は、寝坊もなくスタートから参加できました。hi
日中の10MHzの聞こえなさから、7MHzは日曜の日中は夏枯れだろうとまずは稼いでおこうと、私としては珍しく7MHzでのRUNから開始しました。
さすがに下のバンドエッジが確保できるわけもなく、上の周波数でのCQでした。
よって最初に呼ばれるまで4分も掛かっちゃいました。
スタート直後こそあまり呼ばれませんでしたが、その後はそこそこ呼んでもらえました。
その後は、VUを冷やかします。
3.5MHzでも空き周波数を確保して、CQを出すことが出来呼んでいただくことに成功したようです。
ところが、睡魔に襲われて23時台には初日を終えました。

~つづく~

より以前の記事一覧