« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

今年も出かけます

東京は本日もコロナウイルス感染者が過去最多の463人を記録して県をまたいでの移動は自粛すべきなんでしょう。
しかし、今年も車を借りて準備をほぼ終えました。

Bc2729


例年と代わり映えしない風景です。(^^;
サービスエリアやコンビニには寄ると思いますが、食事等は避けて移動地でも単独行動になるので問題なしと自己判断させていただきました。
と言うことで、明日からのFDと前後に余裕があれば運用をしたいと思います。
どこへ行くかは決めかねていますが、今年も・・・。hi

2020年7月30日 (木)

モニタ強化

ほぼ3年前にハイビジョン解像度(1920x1080)のPCモニタを買ってそれを使っています。
しかし、4月から始まった在宅勤務では会社のモニタの解像度(1920x1200)をモニタに表示するので表示はさらに小さくなってしまいます。
それでもNote PCだけで作業をしている方も多い中、外付けモニタを付けているだけでもマシです。
さらには、無線をやっているときでもSkimmer、HAMLOG、RBNを並べると解像度の低さが気になっておりだいぶ前から調査はしていました。
価格、大きさ、品質と色々調べている中で国内高級メーカー品の型落ち品がお手頃な価格で売っているじゃありませんか。
それでもそこそこの価格なのでだいぶ悩んだのですが、購入してしまいました。

Bc2725


本日、届いて早速開梱です。
大きさは左が従来の24インチ、左が今回買った27インチ。
これだけだと単純に大きくなったように見えますが、左は2560x1440ドットと1辺のドット数が1.33倍、面積的には約1.78倍です。
前に買ったのと同じメーカーなので、このスタンドのままで縦に配置が可能なので、今回もやってみました。

Bc2726


縦モニタでのSkimmer表示です。
しかし、今回はソフトウェアの表示限界で±11kHzの表示となりました。
さらに右にはRBNを表示していますが、Maxの100件分がスクロールなしで表示ができています。
やはり、解像度高いですね。
とは言え、実際には文字の大きさは85%程度と小さくなっています。
27インチで4K(3840x2160)なんてモニタもあるのですが、価格は2倍で文字サイズ56%と老眼オヤジにはしんどいので諦めました。
じゃあ、実際にアプリケーションを並べてみるとどんな感じになるのか?

Bc2727


まずは、従来のモニタです。
かなり窮屈でSkimmerは6kHz程度の表示です。
さて新しいのは・・・。

Bc2728


Skimmerを縦方向に広げることができました。
時計が表示されているのが従来のモニタの左端になります。
ドット数の比率は新しい方の画像をクリックして拡大して並べれば比較になるかと。
モニタサイズが異なりますので実サイズ比とは異なりますので念のため。
さらにデュアル表示ができれば無敵感はあるのですが、さすがに置く場所がありません。(^^;

2020年7月29日 (水)

ドラムユニット交換

4月にレーザープリンタの「ドラムユニット交換準備」の表示が出たとおお知らせしました。
少々高いと思いつつも新しいプリンタを買う金もないので購入をしておきました。
しかし、その後は余り使う機会もなくそのままになっていました。
それも先日のQSLカード印刷で「寿命」との表示に変わっていました。
寿命と言ってもトナーの残量なしとは異なり印刷は続行可能です。
それでもいつまでもこのままではメッセージが常に出ており気持ちが悪いので交換を決断しました。

Bc2721


ドラムユニットの箱が意外と大きいのでなんだろうと思っていたのですが、トナーが同梱されていました。
4色のトナーを全て購入するとドラムユニットより高いのでラッキーと思っていました。
イメージドラムはこのプリンタの場合、トナーを収めるようになっていますが下側を見ることがないので見てみるとトナーを紙に乗せるようになっているようです。

Bc2722


そして、今度はトナーを外して古い方を見てみます。

Bc2723


やはり、トナーがこぼれており結構汚い状況です。
これの交換でまたしばらく頑張ってくれそうです。
使いかけのトナーを取り付けて動作確認としてテスト印刷を・・・。
ところが、イエローが残量なしになってしまって交換です。
これは元々そんなに残っていなかったので仕方がないかと交換です。
蓋を閉めて今度こそと思ったら、なんと残りの3色も先ほどまでは残量表示がされていたのですが、全て残量なしと表示されています。
同梱されていた「イメージドラムユニット交換方法説明書」を確認してみると「[トナーヲ コウカンシテクダサイ]になる場合があります」と書かれていました。
黒は50%くらい残っていたと思うのですが・・・。orz
もうこうなると付け直してもダメみたいです。
仕方なく、全て同梱されていたトナーと交換することになりました。
儲かったと思ったのですが、その割でもなかったようです。(^^;
そして、交換したドラムユニットですが、メーカーが無料で回収をしてくれます。
トナーも対象で買ったときからのトナーも溜めており、回収は平日しか取りに来てくれません。
せっかく休みなので回収を依頼しました。

Bc2724


上の箱がここまで使ったトナーの箱。
下がドラムユニットの箱。
やはり、色毎に使った本数はばらついています。
下の箱に梱包材を抜いて詰め込んでみたら、トナー26本を入れるとほぼ満杯ですが1箱に収まりました。
これでしばらくはトナーを積み上げていた場所もスッキリです。hi

2020年7月28日 (火)

発行完了

一昨日、印刷を終えてチェックをしているとお伝えしたQSLカードですが、昨日何とかチェックを終了。
本日、ゴムバンドでまとめて発行準備は完了しました。

Bc2719


いつもは、もっと薄い枚数をゴムバンドで止めるのですが、今回はかなり大雑把。
ちなみに一束8cmの厚みがあります。
昼過ぎに、これを持って出かけてきました。

Bc2720


大塚のJARL事務所へ持ち込みです。
え、そんな暇があるのかって。(^^;
実は、今週は夏休みです。
コロナウィルスが蔓延しなければ今頃盛り上がっていたはずのオリンピックの影響で、今年はこの時期に取ることになってしまいました。
オリンピックの延期が決まっても予定通りと言うことで・・・。(^^;
もっとも、コロナウイルスと梅雨が長引いていることもあって引き続きの引き籠もりです。
さて、本題のQSLカードはJARLのカゴに放り込んできました。
早ければ10月末には皆様の手元に届くのではないかと思います。
待っている方がいれば今しばらくお待ちください。
まあ、あくまでも待っている方がいればですが・・・。hi

2020年7月26日 (日)

QSLカードの発行準備

もう既に飲んだくれています。
何にもしたくなる前にと記事を書いています。
交信の方はコンテストがいくつか行われていた(る)ようですが、2交信しかしていません。
では、何をしていたかというと昨日も書きましたが、紙ログの記入を終えてQSLカードの印刷をしていました。
印刷自体は昨日のうちに完了しましたので、印刷したカードと紙ログの照合をしています。

Bc2718


復活してから最長の4ヶ月分を溜めてしまったのでかなりの枚数になってしまいました。
山が2つになっているのは左がその4ヶ月で1交信のみの方のカード。
右は複数交信をしていただいた方の最大5交信をまとめて印刷した分です。
複数交信分は60枚あまりある紙ログから、離れた交信を探すので時間がかかっています。
それでも、近日中には発送できそうです。

地元は天候がネコの目のように変わっており、朝は激しい雨が降っている時間帯もありました。
昼頃には晴れ間が出たので、これで終わりかと思ったら再び大雨。
晴れてはまた雨とと実に安定しません。
そろそろ梅雨も明けてくれませんかね。

2020年7月25日 (土)

怪しいノイズ

昨日お伝えしましたが、本日も種子島移動の某局をおかけようと思っていたのですが・・・。
西之表市はかなり早い時間から出ておられたようで、気付いたときには既にハイバンドに移っておられました。
ところが全く聞こえません。
残念ながら、西之表市は1QSOも出来ませんでした。
午後からは未交信地の南種子町からのようで、昼前にはお買い物に出てきました。
すると、ご近所局にバッタリ。
同じように南種子町を楽しみにしているとの話をして別れました。
昼食後に、ネットで運用状況を確認していると50MHzからのようですが、コンディションが悪いようでやはりダメみたいです。
ところがバンドの中でも上の方の周波数に出ておられます。
ちょっと嫌な予感が・・・。
18MHzまで聞こえず、14MHzに先回り。
嫌な予感的中です。

Bc2717


14.090MHzは以前からこんなノイズが出ています。
先のご近所局がコールしているのは聞こえるんですが・・・。orz
あ、抜け出されています。
続いての10MHz。
ここはしっかり聞こえており、やっと南種子町と出来ました。(^^)v
7MHzも追っかけたのですが聞こえません。
周波数をそのままにして紙ログの記入を続けていたのですが、呼ぶ局がいなくなってきた頃にやっとかすかに聞こえてきました。
出来るかな?
コールするとすぐに応答があった、ような気がします。(^^;
まあ、1QSOは堅いかと思うのでとりあえず満足することにします。

今日はハイバンドのコンディションもいまいちだったようであまり交信できませんでした。
まあ、そのおかげで紙ログの記入は本日分まで終了。
今日の交信分まで一気にQSLカードの印刷を始めようと思います。
今月中に発行出来るか?

2020年7月24日 (金)

結構呼ばれた

本日も少し出遅れて無線機の電源を入れます。
6エリアのお馴染みさんを18MHzでCQを出されていたのでコールさせていただきます。
このバンドでも交信はしているのですが、自宅からは初めてみたいでした。
で、QSOが終わったときのことです。
UA0の局に私が呼ばれたような気がします。
コールも取れないし、私がCQを出していた周波数でもないので無視することに。
その後、近くにCQを出していたUA0の局を呼びましたが、呼んだ局がその局だったかは定かではありません。
国内コンディションも悪くなさそうで、今年は18MHzでCQを出していなかったかな?
ハイバンドのシーズンもそろそろ終わりを迎えるのでちょこっとCQを出してみることにしました。
QSBを伴っている局も多くて何度も呼ばせてしまう局もいましたが、コンディションは悪くなかったようです。
そろそろ終わりかなと思いつつ呼ばれ続けます。
TNX 1st QSOとか初めての方には打って、カードをいただいてハンドルの判る方にはお名前も打たせてもらって楽しみながらQSOできました。
まあ、例によって間違えまくってト、ト、トも沢山打ちましたが・・・。(^^;
途切れて諦めたのはCQを出し始めて1時間を超えた頃でした。
結果、昨日の滋賀コンテストより多くの局と交信できてしまいました。hi
交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

昼食後は、引き続き実施している紙ログ記入をしながらRBNを眺めていました。
するといつも珍しいところをサービスしていただいている局のコールが表示されます。
お、今日はどちらに移動されているのか?
調べてみると種子島に上陸されているようです。
私も知らなかったのですが、種子島は行政区域としては西之表市、中種子町、南種子町の3つがあるようです。
ログを調べてみると西之表市と中種子町は50MHzSSBでそれぞれ1交信のみ、南種子町は未交信のようです。
これはと追っかけを始めたのですが、18MHzはお呼びできたのですが、21MHzはほとんど聞こえず。
ここで迂闊にも睡魔に襲われて昼寝しちゃいました。hi
HFハイバンドが聞こえなかった割には50MHzは何とか拾ってもらえました。
再び、HFの周波数を下がっていかれますが、やはり21~28MHzは呼べる強さはありませんでした。
14,10,7MHzは何とか出来たかと。

Bc2716


合間には秋田移動の某局とも1交信。
他のバンドは聞こえず、1コマだけでしたが大潟村も自宅New、18MHzもBand Newでした。
と言うことで、午後は追っかけで成果を出しながら、紙ログの記入もだいぶ進んできました。
この週末に何とか発行準備まで行きたいのですが・・・。

2020年7月23日 (木)

2020 オール滋賀コンテスト

紙ログの記入もやっと6月の後半まで来ました。
午前中、少しは交信しようとハイバンドも覗いてみますが、そろそろハイバンドもシーズンも終わりですかね。
7MHzで一度移動で交信いただいた方のCQを見つけて、2nd QSOをしていただいたのが10:20。
Skimmerを見ていると上の方にお馴染み局のコールサインが表示されています。
あ、そう言えばオール滋賀コンテストへ乗り込みをするとブログに書いておられました。
って、今日でしたっけ?
聞きにいってみるとSI TESTと送信されており、間違いないようです。
ところが、呼んでも呼んでも呼び負けます。orz
ライバルがいなくなったところでやっと拾ってもらえました。(^^;
滋賀県もそんなにアクティブな方が多いわけではありませんが、乗り込み2局を含めて午前中はSI TESTと打っている局を必死に探します。
あとはお馴染みさん程度で終了。
このコンテストは昼休みがあり、だいたい食事のあとは気合いが切れてしまうんですが、今年はそこから気合いを入れて呼び回ります。
午後にも県内局を見つけてちょっとはスコアもアップできました。
但し、コンディションはかなり不安定で呼んだときには結構厳しそうだったのがあとから聞くと強力だったなんてことが多数ありました。
ちっとはまともなスコアにしようとCQも出してみました。
知り合いにも呼んでもらって少しは楽しめました。
途切れてからは呼び回りを頑張りますが、残り1時間からはDUPE局ばかりで全然ログが進みません。
結局、思ったほどの局数ともならずに終了の時を迎えました。

Bc2715


辛うじて、30局には乗せました。
ログ提出は昨年が初めてでそれを超えることはできましたので良しとしますか。
いつものことながら、交信いただいた各局ありがとうございました。

東京ではコロナウイルス感染者が増える一方。
お休みですが、しばし引きこもりですかね。
ちなみに今日はコンテスト終了後は少し掃除などをしており一歩も家を出ていません。(^^;

2020年7月22日 (水)

ハムフェア2020 開催中止

かなり出遅れたようです。
相変わらず、仕事が忙しく平日はブログのチェックも出来ていません。
今しがた皆さんのブログ巡回をしていると気になる文字があちらこちらで・・・。
JARLのHPを確認すると。

Bc2714


あら、やはり中止になっちゃいましたか。
毎年、1エリアはもちろん他エリアからお越しになる各局とアイボールQSOを楽しませていただているハムフェアがついに中止になってしまいました。
予定通りなら明日から行われるはずだったオリンピックの影響で10/31~11/1に何とか場所を確保され開催が予定されていました。
日程変更の要因となった東京オリンピックも1年延期。
と言ってもこちらも開催できるのか?
まだ、3ヶ月ほどあるのですが英断だと思います。
非常に残念であることは言うまでもありませんが、不要不急と言われれば該当するように思います。
勉強会も開催の目処は立ちませんし、いつになったら皆さんとグラウンドでお会い出来るやら。
それまで、皆様も健康にご配慮下さい。
そして、また盛り上がれる日が来ることを首を長くして待っています。hi

2020年7月19日 (日)

マイクケーブル修復

本日は、天気が良くなったこともあって家事やら雑務が忙しくてあまり無線機の前にいられませんでした。
少しは交信をしたのですが、コンテストには不参加。
紙ログの記入もやっと5月下旬くらいまでいったのですが・・・。
そして、目の前に気になるものが・・・。

Bc2712


何度かお知らせしていますが、マイクにはイコライザー付きのものを使っているのでケーブルはお手製です。
ところが、外の被覆が縮むのかこんな状態になってしまいます。
写真はFT-2000用のものですが、IC-9100用も同じ状態になっており修復をしました。

Bc2713


ビニールテープを巻いてみましたが、きっとすっぽ抜けちゃうと思います。(^^;

2020年7月18日 (土)

2020 電通大コンテスト

本日は、朝から紙ログの記入をしながらも合間に雑務もこなしていました。
やること、やりたいことは結構あるんですが、どうも色々と気合い不足です。
午前中は雨も降っておりいつも上げる6mのアンテナも本日はなしです。
交信を始めたのは午後になってから。
14/18MHzでBand Newと少し交信したのですが、やはり気合いも足らずにお買い物に出ていました。
今日の交信はここまでかなと思っていたのですが、帰宅をしてからふと気付くとコンテスター各局がQRVをしているようです。
今日は何がありましたっけ?
調べてみると電通大コンテストが行われていました。
過去に1度しか出たことのないコンテストなので開催の意識が薄いんですよね。
知り合いの出ている気配も感じたし、バーチカルのチューニングも取れていたので、14MHzへの参戦を決めました。
このバンドのお馴染みさんが多かったですが、1エリア内も少しは出来ました。
だいたいDUPEの局ばかりになったところでもう終わりかなと思いながらもポチポチとLOGが進みます。
19時台には7MHzで2局ほど知り合い局にサービスもしていました。
最終的にはこんな結果になりました。

Bc2710


9エリアとも出来たし、楽しめました。
惜しむべくはその9エリアの方がNo Cardの方なんですよね。(^^;
2Bandまではシングルバンドでログ提出が可能なようですが、7MHz分はChecklogとする予定です。

でもって、合間には食事もしていました。

Bc2711


例年恒例の枝豆を本日から始めました。hi

2020年7月17日 (金)

JA0-VHFコンテスト 結果発表

今週は仕事も多忙でログ記入も進んでいません。
他に無線ネタもあまりないので困ったものです。(^^;
それでも、コンテスト結果のチェックをしていると1つ発表になっているのを見つけました。
JA0-VHFです。

Bc2709


9/14位
1交信だったのですが、最下位は間逃れ1点の中でも1番上位になっていました。
交信時刻の早い順に上位だそうで、早いうちに交信いただけて良かったです。
とは言え、この辺になると何位でも同じですけどね。(^^;

って、よく見たら1位の方は/0?
管内局なのではないんですかね?

2020年7月12日 (日)

上出来

昨日ご報告のとおり、IARU HF World Championship Contestに参加の国内HQ局の追っかけをしていました。
余談ですが、本日はBand表記は波長でいきます。
まず見つけたのが、40m CW。
楽勝でした。hi
続いて1エリアとは言え少し遠い10m CW。
う~ん、ちょっと弱いかな?
その上、パイルになっており抜け出せません。
浮気をしてR0HQを見つけるとこちらの方が強くて、なんと一発でコールバックがあり出来ちゃいました。
再び8N1HQを聞きに行くと少しQSYしたようでパイルも収まっているようです。
何度か呼んでここもクリア。
次は昨日玉砕の80m CW。
さすがに手薄になっており、拾ってもらえました。
15m CWは6エリアですが、聞きにいくと強力でこちらも数回のコールで拾ってもらえました。
あれ、CWは全クリですか?
ならばと、今度はSSBを検索します。
20m SSBも東京なので意外とあっさり。
40m SSBは2エリアですが、コンディションも良く強力に聞こえています。
しかし、コンテストもへったくれもない方も呼んでおり「59 11、神奈川です」「QTHは?」「オペレータネームを教えて下さい」とマイペースで呼ぶ局も多くて・・・。
ちゃんと対応されておりましたが、オペさんも大変ですね。hi
ここも無事に拾ってもらって、私はシンプルに終わらせましたよ。

Bc2708


ご覧のとおり、本日は40分ほどで残っていたバンドレベルは無事制覇できました。
8QSOでだいたい満足していたのですが、15mのSSBがいないものかと検索を開始です。
すると、愛知県の方がCQを出しているのが聞こえます。
ひょっとして珍しい?
1st QSOの方でもありお声がけをさせていただきました。
続いて滋賀県もゲット。
あら、意外とコンディションも良い?
お隣の新宿区の方もCQを出されていて未交信バンドだったのでショートでお相手いただきます。
いっぱい呼ばれているようなので、私もCQを出してみることにしました。
通常のSSB CQは久しぶりです。
パイルにはなりませんでしたので、安定している方とは少し長めの与太話にも付きあっていただき楽しみます。
但し、QSBを伴って不安定な方もいて、呼んだいただいたのにできなかった方もいたかもしれません。
それでも、未交信地からそこそこ呼ばれ、クラスタにも上げて頂き1時間半ほどラグチューレベルで楽しませていただきました。
ちょっと困ったのは、BYの局にも呼ばれてしまったのですが、英語は苦手なのであまり上手くしゃべれません。
あちらは少し日本語をご存じのようですが、ちょっと変だったかと。(^^;
でもって、落ち着いてからログを確認してみると15mの滋賀県は1stだったことが判明。
12m/17mは完成しているのですが15m WAJAにはまだ残っているところがあります。
たまにはコンテスト以外でも15mもCQを出さねばと思った次第です。
さらには途中で聞こえなくなってしまったのですが、6エリアの水害地域にお住まいで心配をしていた某局からも声をかけてもらいました。
状況を確認するまでには至りませんでしたが、無線が出来ると言うことは難は逃れらたようです。
まだ、予断を許す状況ではありませんがちょっとひと安心。

紙ログの記入はまだALL JAが終わったところです。
こちらは、まだだいぶかかりそうです。(^^;

2020年7月11日 (土)

ほとんど聞こえず

まずは、各地で豪雨災害が発生しており知り合いの住んでいる地域もニュースから聞こえてきます。
無線仲間に限らず被害に遭っている皆様のいち早い復旧を願っています。

そして、東京は雨はほとんど降りませんでしたが、風が強く6mのデルタループも上げられずじまいでした。
ログ記入も進めていますが、気合いも続かずなかなか進みません。
午後になってから少しだけQSOをしました。
夜になってからHQの季節かな?
と言うことで国内の追っかけを始めることに。
まずは160m。
同じ都内からと言うことであちらの信号はS9+40と強力です。
それでも他エリアの方に呼び負け。
10分ほどかけましたが、何とか拾っていただけました。
問題の80m。
こちらも都内なんですが、そんなに強くありません。
元々最近80mは呼んでも拾ってもらえないことが多いので早々に撤退。
JARLのHQリストに記載のない40m CWで8N1HQを発見。
ここはさすがに呆気なく拾ってもらえました。
DXのHQも多少は聞こえるのでDX0HQを呼んでみますが、返ってくるのはCQのみでした。orz

Bc2707


お、ARRLのHQ局が聞こえるじゃありませんか。
しっかり聞こえるので呼んでみたところ国内HQにも無視されるのに呆気なく拾っていただけました。
他にもHQ局が沢山出ているようですが、我が家ではほとんど聞こえず。
聞こえても相手にされません。
まだ、国内も出来ていないBand/Modeがありますが、今日はここまで。
明日探す気合いがあるか?(^^;

2020年7月 7日 (火)

ログ記入

カード発行を3月末の交信からしていません。
私の儀式的にはその前に紙ログの記入もしないといけません。

Bc2706


3ヶ月以上溜め込んでいますので、移動をしていないとは言え1500QSO弱。
これを記入するにはそれなりの時間がかかりそうです。
今月中には発行したいのですが、出来るでしょうか?

2020年7月 5日 (日)

2020 6m AND DOWNコンテスト

今年も最後まで走り切ることが出来ました。
昨日書いたようにアンテナは上げておきましたが、1200MHzにも出るためIC-9100を準備です。
ところが、USBケーブルを繋いでもPCのポートが使用できないと表示が出ています。
他のケーブルを引っ張り出して何とか周波数を取ることが出来るようになりました。
そんなことをしていたおかげで、準備が出来たのは開始直前でした。
今年のスタートはやはりメインバンドの50MHz。
呼び回りをすると移動運用で参加の方もだいぶ戻ってきたようです。
それでも、聞こえる局はだいぶ少ないように感じます。
SSB、CWの順で呼び回りをしても1時間余りで終わってしまいました。
ここで1200MHz、430MHzと呼び回りをしていたのですが、2時間近く経過した頃に50MHzは6エリアが開けたようです。
とりあえず3つのマルチをゲット出来ました。
CQも出してみましたが、夜の部ではこれ以上稼げませんでした。
日が変わる頃から144MHzから上で局数を稼いでおこうと頑張りましたが、やはり1時には力尽きて布団に潜り込んでしまいました。
今朝は6時起床で144MHzからスタートです。
7時台には例によって家事などで中断。
8時台になるとEsで6エリアと8エリアが同時にオープンし出します。
しかし、それほどの強さがない上に全国的にオープンしているようでパイルが全然抜けません。
特に8エリアはそこそこの局が聞こえていたのですが、交信できたのはわずかに2局。orz
昨日がパッとしなかった分、今日は開くのかと期待したのですが強力になるどころか弱いままに聞こえなくなってしまいました。
パイルに参加したおかげでレートが下がっています。
その上、思ったほどのマルチが稼げず・・・。
昼頃にはどんどんテンションが下がっていきます。
それでもこのままでは終われないと13:30から各バンドでCQを垂れ流すことにします。
まずは50MHz。
一番時間を費やしていましたので、やはりそんなには出来ませんね。
1200MHz。
アンテナもしょぼいのでさすがに増えません。
残り1時間で430MHzと144MHzを30分ずつと思ってまずは430MHz。
ここでCWでCQを出すと例年くらいは出来ているつもりでしたが、なんと常に数局に呼ばれるパイル状態に!
これにはビックリ!
なかなか途切れもしないで45分も費やしてしまいました。
残り10分少々どうしようかと思ったのですが、途切れだした430MHzにいるより144MHzの方が良さそうとQSY。
当然ながらすぐには呼ばれないので失敗だったかなと思ったのですが、駆け込みは10分で9局。
まずまずの呼ばれ方でQSYは正解だったかもしれません。
15秒ほどを残して終了としました。

Bc2703


私の得意技、最大レートは最後の1時間が今回も炸裂です。hi
それでも1分1局には届きませんでしたが・・・。(^^;

Bc2704


スコアはご覧のとおり。
例年届きそうで届かない400QSOは今回も達成できませんでした。orz
それでも13時時点では目標を一度下げたのですが、何とか近いところまではもって来られました。
自宅でほとんどGP、睡眠もしっかり取ってこのスコアなら悪くないですかね。
って言うかここ数年ほとんどスコアは同じです。
取れていなかったと思ったマルチもトータルは昨年と全く同じ。
但し、Phoneは144MHzSSBでしか出しませんでした。
これが全然呼ばれなかったので、他のCQはCWとなってしまいCW率は過去最高だと思います。
そして、コンテストも終わったのでアンテナを片付けようと思ったら気休めに付けたステーがたるんでいます。
ひょっとして、アンテナが少し低い?

Bc2705


確認をしてみると2段目が縮んで引っ込んでいました。
どうもここのピンがいつも引っ込んでしまうようです。
やはり、風が強いときは常設できませんね。
何はともあれ、交信いただいた各局ありがとうございました。m(_ _)m

2020年7月 4日 (土)

チェック完了

先週届いたQSLカードのチェックがやっと終わりました。

Bc2701


いつものごとくですが、今回もほとんど進展はありません。
先に書いたとおり、WAKUの方は安芸区で完成しました。
しかし、1.9MHzのWAJAは届いていませんでした。
申請はそちらが完成してからにしますね。

Bc2702


AJAの方は+27。
こちらもちっとずつながら増えています。
先に申請したときは東京都特記を付けているので特記なしで申請もしてみたいところです。

6Dの準備としてアンテナを上げましたが、少し風が強いようです。
どんなコンテストになるでしょうか?

2020年7月 2日 (木)

2020 関東UHFコンテスト 結果発表

例年、ハムフェア開催直前の8月発表が多いのですが、今年は早々に発表になっていました。
無警戒だったので某局のブログで発表を知った始末です。
早速、結果の確認です。

Bc2700


8/70位
入賞にはほど遠いものの初のベスト10入りを果たしました。
もっとも、過去最高点に届いていませんのでレベルが下がっただけなんですが・・・。(^^;
にしても、優勝局は昨年よりスコアアップしており、1局/分を超えるレベルの高さには呆れるばかりです。hi
自宅でレベルアップする方法はなかなか思いつきませんので移動して参加もしてみたいです。
もっとも、1度移動運用で参加したときはいまいちでしたが・・・。
また頑張って参加したいと思います。
交信いただいた各局ありがとうございました。

2020年7月 1日 (水)

2冊のJARL News

ネタが順次遅れてますが、月曜日にJARLから郵便物が届きました。
いつも1つなのに今回は2つも?

Bc2699


JARL Newsなんですが2冊届きました。
コールサインを見てみると・・・。
1冊は代表に就任したクラブ局の分でした。
メンバー局の中には既に会員ではない方もいるのでその方にでも差し上げますかね。
中身はまだ真面目に読んでいないのですが、またもやSKの欄にお世話になった方のコールが・・・。
JA1BC 作間OM。
開局から1ヶ月後に交信いただいた一番最初の2文字コール局で、BCさんより古いコールの方とは未だに交信はありません。
復活後の2010年に交信いただいたのが約29年ぶり。
その時に「これだから無線は止められないよ」と再会を喜んでいただいたのが昨日のことのように思い出されます。
続いて、50MHzで頻繁に移動されており、移動地の情報なども教えていただいたJA1IQU 田中OM。
昨年の11月まで交信いただきましたので、突然の訃報に驚いています。
1年前の三宅島移動で初交信、コンテストなどで4回ほど交信いただいたJL1HPD 黒羽OM。
今回は交信履歴があるのはこの3局だけでしたが、交信いただいた各局が減っていくのは寂しい限りです。
各局のご冥福をお祈りします。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31