« 第一級陸上無線技術士 受験記 Part.1 | トップページ | 進行中 »

2018年8月10日 (金)

第一級陸上無線技術士 受験記 Part.2

いよいよ本格的に勉強を始めます。

・ 参考書
最終的には、3冊が手元にあります。

Bc1994
1. 2016-2017年版 第一級陸上無線技術士試験 吉川先生の過去問解答・解説集(オーム社)
2. 無線従事者試験 重要公式ポケットブック(オーム社)
3. 合格精選320題 第一級陸上無線技術士試験問題集〈第2集〉(東京電機大学出版局)

既出問題が非常に多いので、過去問の解説は必須です。
私は1.を購入しましたが、情報通信振興会からも同様の過去5年10回分を掲載したものが出ているようです。
そちらは私がちゃんと見ていないので見比べてお好きな方を購入されると良いと思います。
但し、中古であまり古いものを買うと無駄な勉強をする場合も考えられますのでご注意下さい。
ただ、この解説集は厚いし、重いので持ち歩きは難しいです。
昨年はこれだけで勉強をしていましたので、外出先ではほとんど勉強しませんでした。
その結果は、昨日書いた通りです。hi
そして、持ち歩けて勉強に役立つ本はないかと探して見つけたのが真ん中の重要公式ポケットブックです。
計算問題、特に工学の基礎に関する公式がまとめて記載されていますので、非常に便利です。
それでも公式だけを丸覚えするのは私にとっては苦痛でした。
と言うわけで定番の合格精選シリーズを購入してみました。
しかし、これはよく見ると2001年発刊で第2集とは書いてありますが、内容がかなり古いです。
無線工学Aにはテレビのアナログ放送に関する問題が複数掲載されており、デジタル放送に移行した今となっては勉強の価値はありません。
もちろん、今年も出題されたデジタル放送に関する記述は一切ありません。
出題傾向からズレてきていますので、発刊日をよく確認し無駄な勉強をしないようにご注意下さい。

・ 勉強の進め方
参考書の項でも書きましたが、非常に既出問題も多いため、過去問を解くことに重点を置きました。
と言うか、ひたすら過去問を繰り返し解きました。
実際には以下のサイトを利用させていただきました。

一陸技合格プロジェクト http://musen.php.xdomain.jp/index1g.php

受験経験者やネットにある受験記を調べてみると、工学の基礎が範囲も広く計算問題も多いため、難しそうです。
聞き覚えのある公式でも完全には思い出せずに重要公式ポケットブックを見ながら、まずは解きます。
4月頃までは工学の基礎のみを繰り返しました。
この頃には、おぼろげながら計算問題の解き方が判ってきて、やっと無線工学Bへ手を広げ始めました。
工学Bも計算問題が多めで、同じ進め方です。
そして、5月に入って少なくとも工学の基礎は何とかなるのではと、受験申請を行います。
しかし、手を広げた途端、工学の基礎で解けるようになったはずの問題が解けない事態になってしまいます。
とは言え、なかなか勉強時間は増やせません。
だいたい、1日で2科目×1回分を回すのが精一杯です。
6月の頭にはまだ無線工学Aにほとんど手が回らない状態でした。
この時期には工学の基礎は6割の合格ギリギリ。
無線工学Aが4~5割で昨年から進歩なし。
無線工学Bが5~6割でたまに合格圏と言った状態だったでしょうか?
残り1ヶ月をどう進めるかだいぶ悩みましたが、最悪でも工学の基礎の学科合格は落とせないと基礎重点で進めます。

Bc1995
受験票が届きました。
法規はちゃんと免除になっています。
残り約2週間となり、基礎は安定して7割、工学Bも安定して6割程度になってきました。
ところが、工学Aもたまに6割が出ることがありましたが、試験期によって4割程度しか正解が導き出せないときがあり不安はいっぱい。
試験の4日前は、6m & Downコンテストです。
やはり、コンテストはパスできずに過去最高交信数を更新しちゃいました。(^^;

そして、いよいよ試験初日を迎えてしまいました。

~つづく~

« 第一級陸上無線技術士 受験記 Part.1 | トップページ | 進行中 »

コメント

勉強家ですこと・・・続きがありましたか。
是非、頑張られてください。オラのお頭じゃ、無理っす!

UIUさん

本当は最初に思ったほど勉強できていないんですよね。
それで受かってしまったのは・・・。
次回をお楽しみに!(^^;

私も直近の6Dをフル参戦した後の試験でした。
この時期になると直前すぎて「後は野となれ山となれ」の気持ちでした(笑)

私もいろいろな書籍を買い漁りました。
買っただけでやった気になってしまうのは私の悪い癖で、学生時代から何も進歩していませんでした。
1,2アマ用の解説・無線工学や電験三種用の数学入門書まで使う程のあり様でした(←結構役に立ちました・・・・私には)

それに比べてEKMさんはシッカリ勉強されたようですごいです。
過去問回しで受かってしまったので、とても受験記なんて書けませんでした。

VXTさん

勉強自体は私も過去問回しただけで受かりましたので、偉そうなことは言えません。
が、それで受かるよと伝えられれば、それで意味はあるかと。
6D参加は同じ心境でしたね。(^^;
個人的にはケチな性分で、最後の1冊は買うのがもったいないというのが一番伝えたかったことでしょうか。hi

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第一級陸上無線技術士 受験記 Part.1 | トップページ | 進行中 »