« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月28日 (月)

週末の行動

「週末の運用」と書きたいところですが、ほとんど運用せずに終わってしまったのでこんなタイトルになりました。
土曜日は、少し寝坊してまずは洗濯。
CQ WPXも気になりましたが、10時頃から50MHzを聞いて少し交信をしました。
が、Esで6エリアが開いているようですが、我が家ではいまいちで近場の移動局を呼んで終了。
その後は、金曜日に仕上げたQSLを発行です。
ついでに食材の買い出し等で、帰宅は午後もいい時間になってしまいました。
夕方からDXの様子を窺いますが、どうも新しいEntityも聞こえず呼ぶ気が起きません。(^^;
が、7MHzでやっと見つけたのが、8P(Barbados)。
しかし、QSBもあってかなり厳しい感じです。
しばらく、様子を窺ってみましたが、無視されている局もいてパドルに手を掛けたまま聞こえなくなってしまいました。orz
19時台には50MHzで8が開けているようです。
1局コールした後、記念局を見つけて必死に呼んだのですが、30分近く呼んだ末にこちらも聞こえなくなってしまいました。
これで気合いが抜けて、土曜の晩の無線は終了。
日曜日も朝からハイバンドを聞きますが、我が家では珍しいところは聞こえず。
その後は、用事があって日中はほとんど不在となってしまいました。
そして、帰宅後に始めたのが掃除です。
例年より遅く、コタツ布団を洗濯して、コタツ板も夏バージョンに切り替えました。

Bc1940
あ、そう言えば先日まともに変調が乗らなかったヘッドセットも再チャレンジをしたところ問題ありませんでした。
ヘッドホンの音はこちらの方がいいようですが、やはり付けたときの圧迫感はネックバンドタイプよりきついです。
使い分けをすることになりそうです。
と、結局ろくに交信をしない週末になってしまいました。
QSLカードのチェックも停滞しています。

2018年5月25日 (金)

準備完了

2週間ほど前から始めたQSLカードの印刷ですが、なかなかチェックまで終えられませんでした。
と言うことで、何とかここまで来ました。

Bc1939
左の山が今回の発行分。
そして、右の山が1ヶ月前に届いたQSLカードです。
発行分は明日にはJARL行きです。
受領分は何とか日付順に並び替えましたので、これからチェックを・・・。
いや、その前にやることもあるのでチェックが終わるのはいつになるやら。(^^;

2018年5月21日 (月)

2018 長崎県コンテスト結果発表

4月に行われた長崎県コンテストの結果が発表になりました。
早速結果です。

Bc1938
89/99位
マルチバンドしかありませんので、離れているところではなかなか辛いです。
と言うか、このコンテストいつも気付くのが遅くて今年も参加したのは最後の1時間のみでした。(^^;
初日から真面目に参加しないとダメですね。(^^;

2018年5月20日 (日)

2018 オール群馬コンテスト

昨晩から行われていたオール群馬コンテストに参加していました。
このコンテストは、初めてコンテストに入賞したコンテストで入賞のチャンスも多いコンテストです。
部門が多くログ提出のない部門もあるので部門選びが入賞への第一歩です。
とは言え、せっかくなので今年も電信電話マルチバンドにチャレンジすることにしました。
1200MHzから順に下りてくることにしましたが、例年はもう少し聞こえるのですが、V/UHFに出ている方が少ないでしょうか?
例年コンディションに苦しむ7MHzもそこそこ聞こえているようです。
ローバンドも自宅では鬼門ですが、まあ例年並みには出来たようです。
前半戦はほぼ予定通りで終了です。
が、6時スタートは私にはしんどくて本日の戦列復帰は8時を大きく回っていました。
途中で、勉強会を終えて復習をされている各局と交信もしていましたが、全バンドを行ったり来たりしながら呼び回りを続けます。
終了間際も7MHzに新しい局が結構いて、残り数秒まで交信していただきました。

Bc1937
ハイバンドは無視されることもありましたが、何とか全バンドで交信できました。
21MHzでは少し不思議なことがあったのですが、ここではちょっと・・・。(^^;
昨年に比べて7MHzでの交信が増えましたが、50MHzが少し少なかったですね。
マルチは昨年と全く一緒で、局数が少し増えた分昨年のスコアは超えましたが、次点に泣いた3年前のスコアには遠く及ばず・・・。
って、CW交信の得点が変わっているので当たり前でした。
入賞は恐らくディフェンディングチャンピオンも出ておられたので、ログ提出局数も含めて微妙でしょうか?
いずれにしても交信いただいた各局、ありがとうございました。m(_ _)m
いずれは乗り込んでみたいんですがね。
なかなかチャンスが来ません。

2018年5月19日 (土)

本日は知り合いばかり

本日はすんなり起きられず、9時頃からリグの電源をONにします。
50MHzを聞くと朝から8エリアが開けています。
9OVERで聞こえているお馴染み局と久しぶりに50MHzでコールします。
ところが、レポートを送ってスタンバイすると聞こえなくなっていました。(^^;
他の方が呼んでいましたので、ピンポイントで電波が落ちていたようです。
で、6mのお馴染みさんをコールすると、本日は移動運用勉強会の実践会という名の屋外飲み会参加のために埼玉遠征をされていました。
今年は私はちょっと理由があって、ご遠慮して自宅から迎撃。
すると、次々と現地入り前のメンバー各局がQRVしています。

Bc1936
と思ったら、例年ご一緒しているメンバーの1人が/8で稚内からQRVされていました。
と言うことで、本日交信した方は最初の1局目を除くと全て勉強会メンバーでした。(^^;
今頃、皆さん楽しく呑んだくれているんでしょうね。hi

私はこの後、群馬各局を呼ぼうと思います。

2018年5月17日 (木)

2017 CQ WW DX Contest CW Result

先日、CQ WW CWのLog Check Reportが届いたと書きましたが、その時点では結果が確認できませんでした。
どうもその後すぐに、結果はアップされたようですが・・・。
そのまま忘れていたのですが、本日記事を書かなかったためか、再びLog Check Reportが届きました。(^^;
私の得点も順位も変わっていませんでした。
と言うことで、改めてResultをUpします。

Bc1935
15/32位(JA1 Assisted LOW All Bands)
真ん中より上にいれば上出来でしょう。
但し、前回も書きましたが、減点が多すぎるので何とか減らせるように頑張れればと思います。
じきに行われるWPXも冷やかしてみたいですが、001形式のNRは苦手だし、やることも多くてどうなりますか?

2018年5月16日 (水)

ハイバンドが好調

平日の夜というのに珍しくハイバンドを聞き出してしまいました。
24MHzに6の知り合いが強力に入力していて早速コール。
一発で拾ってもらって自宅でのBand Newでした。(^^)v

Bc1934
上記は、18MHzの様子ですが、結構な局が聞こえています。
28MHzに上がるとQSBもあってちょっと厳しかったのですが、9エリアも入感しています。
あれ、ひょっとすると・・・。
やっぱり、28MHzは9エリアと未交信でした。
慌ててコールすると何とか拾っていただけたようです。
これで、28MHzはAJDが完成です。(^^)v
50MHzはさすがに聞こえず、18MHzへ下りると結構な局が聞こえます。
しかし、交信したことのある局ばかりでした。
で、少し下がってみるとSMのSpecial Callの局がCQを出しているのが聞こえます。
Swedenの18MHzはなかったのでコールをしてみると、ミドルレターがちょっと違ってコピーされてしまいました。
再度、コールすると訂正してもらって何とかWkd出来たようです。
ところが、その後まだ何か打っておられます。
"OP SM2EKM"
あら、以前海外初の同一サフィックス局としてご紹介したJanさんでした。
"R R CU AGN GL TU E E"
またどこかのBandでお会い出来ますかね。hi

2018年5月14日 (月)

またやっちまった

昨日お伝えしたとおり、4月末の移動運用のQSLカードの印刷をしています。
通常QSO分は良いんですが、ALL JAの分を見てみると・・・。

Bc1933
複数交信でもアンテナのデータが1つしか入らないので新しい定義ファイルを作ったのですが、移動地の印刷を定義ファイル中と交信データからと両方印刷するようにしていたようです。
よりにもよって片方には#を付けてしまい、まともに読めなくなってしまいました。
写真面にも印刷されていますが、とりあえず手書き訂正です。
この分だといつになったら発行出来るやら・・・。(^^;
あ、今気付きましたが、アンテナ情報も"7/10"の後ろにMHzと入れるのを忘れました。orz

2018年5月13日 (日)

2018/5/12-13の運用

金曜日の晩からEsが出ていたようで、昨日はハイバンドが賑やかです。
50MHzを聞いてみたのですが、我が家ではちょっと不安定で、パイルが抜けません。
すると、どうやら知り合いが18MHzで自宅からCQを出されている模様。
Band Newなので、慌てて呼びに行きました。
そして、ふと気付くと長野県からSSBでCQを出されているのを発見。
あれ、ひょっとすると?
WAJAの進捗を確認してみると、18MHzは長野県のみが残っています。
慌ててコールをして18MHzのWAJA完成(Mixed)です。(^^)v
そのままバンド内を聞いてみると北も南も開いている感じです。
それならと、珍しく自宅からSSBでCQを出してみました。
小1時間で15局ほどに呼んでいただき、楽しませていただきました。
1エリア内の微妙な距離でも良く聞こえていたためひょっとすると真上からの信号だったかもしれません。
その後、50MHzへ戻るとEsは収まっていた感じでしたが、昼食後には今年初めて8エリアが聞こえました。
午前中とは異なりかなり安定しており、何とか拾っていただけました。hi
午後にはDXの出没情報もいただいたのですが、我が家では聞こえませんでした。
そして、晩にはまた飲みの誘いがあり出かけてしまいました。

本日は、午前様で呑んだくれた影響で昼過ぎまで寝てました。(^^;
やっと無線機の電源をONにしたのは、15時近くになってからです。
すると、知り合いがオール山口コンテストに参加されているようです。
慌ててコールをして他の局を探したのですが、全然聞こえません。
規約を確認してみると、15時で終了だったようでギリギリ1局出来たと言うことのようでした。hi
今日はハイバンドはお休みのようでその後10MHzで2局ほど交信して本日も終了でした。

Bc1932
そこからは、ログ整理もだいたい片付いたので、カード印刷を始めています。
但し、発行にはまだしばらく掛かりそうです。(^^;

2018年5月11日 (金)

2018 JLRS3・3雛コンテスト結果発表

雛コンの結果が出ていました。
当日にも書きましたが、平日開催のことも多く初参加でした。
通常交信も可と言うことでしたが、11QSOしかしていませんので順位は推して知るべし。

Bc1931
193/237位。
下から2割ほどの定位置です。hi
夜にV/UHFを聞けば地元のYLさんが出ていた気もしますが、呑んだくれていましたんで・・・。(^^;
まあ、初参加できたと言うことで納得します。
交信いただいた各局、ありがとうございました。

2018年5月10日 (木)

2017 全市全郡コンテスト賞状

結果が確定したようで、ACAGの賞状が届きました。

Bc1930
おかげさまをもちまして、2年連続で入賞をさせていただきました。
他の4大コンテストは、マルチバンドで参加しているので入賞の可能性は皆無です。
ナンバーが長いのを言い訳にこのコンテストだけは復帰してから全てX50で参戦しています。
6Dだと強敵ばかりですが、バンド数も多いこのコンテストでは私にもチャンスありと行ったところでしょうか。
しかし、昨年は強敵出現で残念ながら関東3位、全国入賞にも少し届きませんでした。(^^;
入賞より、出ていらしたのに滋賀県の局と出来なかった方がショックだったという話もありますが・・・。(^^;
何にしても、入賞できたことを素直に喜ばせていただきます。
交信いただいた各局には改めて御礼申し上げます。m(_ _)m

でもって、本日も余談が少々。
Windows10の大型Updateが我が家のPCでも実行されました。
過去のWindowsのように、セキュリティ関連だけで十分なのに余計な機能アップもあり、使っていた便利な機能は削除。
挙げ句の果てにわざわざした設定も変更されて正直辟易しています。
余計なことしないでいただけませんかね。(-_-;

2018年5月 9日 (水)

気の早い話

昨日、C98RRCに合格してWkdが198とお伝えしましたが、訂正しなければならなくなりました。
紙のQSLはHAMLOGでチェックをしていますが、JA、JD1、JD/mは国内QSOとして記録しているため細かいところがよく判りません。
LoTWのカウントは181となっていて直近にEndorsementをするためには紙のカードも申請しなければなりません。
では、どのカードを用意する必要があるのか?
と言うことで、チェックをするため表計算ソフトでリストを作成してみました。

Bc1929
って、まだWkdが200Entityに達していないので気が早いんですが・・・。
元々、チェックリストは作っていたのですが、Z6も増えたので再チェックです。
すると、以前チェックしたときとWkd数が異なっています。
まあ、手入力のこの手のリストは間違うことがしょっちゅうなんです。(^^;
で、調べてみると・・・。

FM,TO   Martinique  NA

これがWkdになっているのですが、交信した記憶もなくログと照合をすると出てきません。
どうやら、

FO,TX   Marquesas Is.  OC

と間違えて、重複チェックをしてしまったようです。
と言うことで、昨日のWkd 198 Entityは間違いで197が正しかったです。
200に乗せるためにあと3つ頑張ろうと思います。
また、28MHzのWkdが先日の3B7Aで101となっています。
こちらの方も、場合によっては新たにカード請求をしないと足らないかもしれませんので、少しチェックをしてみたいと思います。
って、届いたカードのチェックもしていないし、他にもやることが一杯あるのにこんなことをしていて良いのやら。(^^;

2018年5月 8日 (火)

C98RRC合格!

既に前の記事のコメントで皆さんからお祝いをされていますが、何とかC98RRC(Mozambique)との交信は合格でした。(^^)v

Bc1928
昨日、聞こえなくなってしまった21MHzをワッチしながら他のことをしていたのですが、18MHzでスポットされていることに気付いて慌ててQSY。
21MHzよりちょっとだけ強い感じです。
それも、明らかにパイルが薄いです。
拾っている状況は、しばらく同じ所を拾って1kHz上といった感じでした。
が、いきなりUP1続いて、UP4、UP1.5と言った感じで少しランダムになってきたようです。
呼んでいる方々がUP3.5くらいまでしか見えなかったので、ホッと飛んだUP4に狙いを定めてコールをしていました。
コールバックされているようですが、ちょうど信号が弱くてコールが判りません。
再度のコールバックで聞こえたコールが"JM..KM"。
真ん中が怪しかったのですが、また聞いても確実に聞き取れる自信がなかったので、"5NN TU"と打ってしまいました。(^^;
何とかちゃんと拾っていただけていて良かったです。
耳が良いOPさんで助かりました。
今も21MHzにQRVされているようですが、聞こえません。
昨日は貴重なチャンスだったかもしれません。

これでDXCCのWkdは198となりました。
少し気合いが入ってきましたので、今月末のWPXで200超えを目指してみましょうか。hi

2018年5月 7日 (月)

やっぱり厳しい

連休明け初日、仕事も気合いが入らず早々に帰宅です。
C9シリーズのペディションが続いていますが、C96RRCの時にかすかに聞こえていたときがあるのですが、C8TもC98RRCも全く聞こえません。
C9(Mozambique)は未交信で何とかしたいのですが・・・。
で、夕食後に21MHzのC98RRCがやっと聞こえました。
これなら呼べるとパイルに参戦したもののいきなりオンフレで呼んじゃいました。
UPと打たれて、ハッと気付きました。
皆さんスミマセン。m(_ _)m
ところが、5回も呼ぶとあっという間に厳しくなってしまいました。

Bc1927
ご本尊の"TU"がうっすら表示されています。(^^;
また、信号が上がるのを待つかと思ったらいなくなってしまったようです。
RBNも止まっているようで"404 Not Found"と表示されます。
仕方ないので、大人しくログ整理を進めようと思います。hi

<追記 21:20>
ひょっとしたら、18MHzでできたような気がしています。
オンラインログを待ちましょう。hi

2018年5月 6日 (日)

2018 京都コンテスト 結果発表(仮)

京都コンテストの結果発表(仮)が行われていました。
コンテストナンバーもスコア計算も苦手なので、あまり真面目に参加できていません。
今年は7MHzも聞いてみましたが、コンディションも悪くほとんどできませんでした。
わずかに7局しか出来ませんでしたので、期待できるわけもありません。

Bc1926
23/27位
定位置の低位置でした。hi
まあ、足跡が残せただけでも良しとしましょう。

そして、本日の運用は未交信の町村が2つ減りました。
7MHzCWで見つけた福島県会津坂下町。
そして、もう1つは50MHzSSBで見つけた同じく福島県は泉崎村。
福島県も結構残っていたのですが、だいぶ減ってきました。
そんなことをしているので、ログの整理もあまり進んでいません。(^^;

2018年5月 5日 (土)

WAZ申請完了

少し時間が経っているのですが、東京コンテストが始まる前にWAZのアワードマネージャーからメールが届きました。
"WAZ Mixed"+アワードのナンバーがSubjectになっていました。
ファイルが添付されていたので確認します。

Bc1925

無事、申請が認可されたと書いてあるようです。(^^;
GCRを取ったり、申請書を作成する必要もなく、ほとんど送金するだけで終わってしまいました。
但し、発行までは時間がかかると聞いていましたが、添付ファイルにも以下のように書かれています。

The usual processing time is 180 days or more from now.

と言うことで、11月頃には届くでしょうか?
楽しみに待ちたいと思います。


そして、本日の運用についても書いておきます。
朝は8時頃から運用を開始したのですが、50MHzで北茨城市移動の方が出ています。
それも非常に強力で、間違いなく私が運用していたより強いです。
場所を聞いてみると、私の出かけた少し先にあるお山の上からとのこと。
標高は数十mしか違わないのですが、その差はかなり違うようです。
北茨城市の50MHzがない方もまだおられると思いますので、喜んでおられた方も多いかと。
しばらく、50MHzに滞在していると昨日に引き続き、Esが発生して6エリアが良く聞こえます。
相変わらず、なかなか拾ってはもらえないのですが・・・。
少し弱くなったかなと思った頃に、CWでパイルになっているのを発見してご本尊のコールは判りませんでしたが、呼んでいる局に3エリアの局がいたように聞こえました。
これは、パイルに参加するより自分がCQを出した方が楽しめるのではと、欲を出してCQを出して見ました。
う~ん、やっぱり呼ばれないな。
2局ほどお情けで1エリア内から呼んでいただいて3局目がJS6と聞こえたのですが、弱くてよく判りません。
何度も呼んでもらってやっとコピーできると、高萩市移動の時に50SSBで1st QSOをした宮城県の局でした。
宮城だとEsではなくダイレクトかと思われます。
我が家からでは滅多にできないところ、コールに大変感謝です。m(_ _)m
知り合い局の移動とも数局できて、午後は無線機の電源をOFFにして色々と他のことをしていました。
最後は、晩飯時にホッと見たRBNに8ASAさんのコールがあって、南富良野町のMode Newをサービスしてもらったところで、本日の運用は終了です。

2018年5月 4日 (金)

2018 静岡コンテスト & ALL JAの復習

いつもお知らせしているように、ログはHAMLOGと紙ログの2重管理です。
QSLカードもALL JA+前後の移動運用+TK TESTで私としては大量発行となります。
その発行のチェックをするためにも紙ログへの記入をしなければならず、必死に紙ログを記入しています。
某島遠征された方は、3,000QSOと聞きますので、私の分などゴミみたいなものですが・・・。hi
それでも、TK TEST用に上げたVUのアンテナを上げたままにしてありますので、少しQSOをしています。
そして、東京コンテストが終わると私の中ではGWの運用はほぼ終了なんですが、静岡コンテストの存在に気付いてどうしようか悩みます。
7MHzはあんまり交信する気にもなれず、ハイバンドを覗いてみると21MHzに乗り込み局が聞こえます。
早速コールすると、IZのNRが返ってきました。
伊豆市だと我が家のアンテナでも聞こえるようです。
後は、6,8エリアの方のCQ TESTしか聞こえません。
1局ではさみしいなと思いながら、50MHzを聞きにいくとコンテスト参加局は全く聞こえません。
と言っていると、「南城市」とアナウンスされている方が・・・。
沖縄県でも糸満市、沖縄市、南城市は50MHzでも穴が空いているのでコールをしたのですが、どうも呼び回りをされているようでコールバックはありませんでした。
で、Esが出ているようでそちらの追っかけに変わってしまいました。(^^;
それでもサクッとは拾ってもらえず、鹿児島と山口の各1局としか交信できませんでした。
その時にちょっとイラッとしてしまったのが、「マイク ワンいらっしゃいますか」と言われて、再度コールをしてスタンバイするとJA2の局がピックアップされていました。
呼ぶ方もどうかと思うのですが、拾う方にも・・・。(-_-;
と言うことで、静岡コンテストは・・・。

Bc1923
21MHz1局で終了しました。hi

そして、最初に述べたログの整理でALL JAを処理していて気付いたことがあります。
7MHzの交信数が明らかにいつもと違うのです。

Bc1924
昨年は7MHzが43 21 32 8 4 11 17 6 6 9となっていましたので、1エリアが異常に少ない。
そして、7エリアとの境に近いにも関わらず7エリアも激減しています。
ところが、8エリアが多いんですよね。
13時台にSSBでCQを出していたログはほとんど8エリアとの交信でした。
コンディションの影響なのか、ロケ的に厳しいのか?
2エリアで7MHzが全然ダメだったという情報もありますし、今年は例年と違う伝搬だったのかもしれません。
18時台には13県のHな局に100Hz下でCQを出されてQRMでほとんど判らない状況もありました。
こちらでは強力に聞こえても、あちらでは全然聞こえていなかったのでしょうか?
いずれにしても、7MHzは不思議なことになっていたように思います。
前後の運用でも1エリア内からのコールがなかったし、やっぱりコンディションなんでしょうか?

2018年5月 3日 (木)

2018 東京コンテスト参戦

今年も無事、地元コンテストに参加することができました。
明け方にはかなり激しく雨が降っていましたが、スタート時にはだいぶ収まったでしょうか?
もっとも自宅参戦の私には影響はありませんが・・・。
スタート時には例年通り、21MHzCWでRunからスタート。
3局目には8エリアからコールがあり、オープンの予感がします。
しかし、今年はマルチ供給のためにも長時間の滞在はできないので、呼び回りをしてSSBへ。
ここで、沖縄からお呼びか掛かりました。
しかし、九州本島はまだ開ける気配はありません。
1時間ほどで、28MHzへQSY。
CQを出しても呼ばれないので、30分ほどで50MHzへ。
CWはそこそこ呼ばれるんですが、SSBはどうも良くありません。
コンディションの様子伺いもあり、144MHzへは上がらずに、再び28,21と戻ります。
すると、正午頃には6~4エリアが開いています。
稼げるときにマルチを稼がないと。
大阪からも声が掛かり期待は高まりますが、コンディションは落ちてきているようです。
と言うことで、ここから50MHz、144MHzと1エリアで局数を稼ぎます。
って、いつもほど呼ばれない?
スタート前に天候が荒れたせいもあってか、移動局は少ない感じです。
過去にパイルになるほど呼ばれたことがあるので、144MHzSSBは最後まで取っておきました。
14時を回ったところからやっとCQを開始しますが、以前のようには呼ばれません。
残り20分くらいに空CQを出しながら、21MHzを聞いてみるとなにやらさらにオープンしているようです。
ならばと、21MHzCWへQSY。
ブログの知り合い2局とも交信でき、そのままCQを出して最後まで押し切ることにしました。
残り4分という所で、HLからコールされてしまいました。
お断りするのもどうかと思って仕方なく相手をしました。(^^;
そして、最後の1分に呼んでいただいた局のコールが全然取れません。
何とかコールサインは返したのですが、既に15:00になってしまっていたためNRは付けませんでした。
あちらからは、NR付きで返ってきたのですが、申し訳ございませんが提出ログには載せませんので、ご了承下さい。m(_ _)m

Bc1920
やはり、コンスタントに40局/hをキープできません。
まあ、アンテナがしょぼいんで仕方ありませんが・・・。(^^;
最終スコアは以下の通りです。

Bc1921
21MHzのQSOが一番多いというのは初めてのケースでしょうか?
その分、VHFでマルチが稼げなかったため、過去のスコアから見ると控え目になってしまいました。
それでも、21MHzでこれだけできたので楽しめました。
また作戦を考えて頑張ります。
交信いただいた各局は今回もありがとうございました。

そして、VHFのアンテナをどうしようかと見上げてみると・・・。

Bc1922
あら、右手144MHzのアンテナの向きが変わっています。
写真に対して左手を向けて上げたのですが、強風で90度曲がってしまったようです。
これだと、下ろすとき大変なんだすよ。(^^;
未だにたまに強い風が吹いていますので、GW中はこのままにしておこうかな?

2018年5月 2日 (水)

2通の海外からのメール

今年は昨年に引き続き、真ん中の出勤日に休みを取って9連休中です。
昨日は実家の家族を連れてGW恒例の道の駅巡りをしてきました。
しかし、今年は近場で済ませてしまいました。
駐車場に空きも目立ったので、アンテナを持っていけば良かったかななどと思っていましたが、時間的には余裕がありませんでした。

そして、本題は遠征に出かけている間に届いていたメールです。
2017 CQ WW DX CW Log Check Report - JM1EKM
CQ WW CWの結果がまとまったようです。
メール内にあるリンクから結果を確認すると・・・。

Bc1918
悲しいことに、コールサインのミスが2件、さらにNRのミスコピーが3件もありました。orz
と言うことで、申告スコアから20%近い減点となってしまいました。
情けない限りです。
全ての順位が発表になっていませんが、Certificationがダウンロード可能となっていました。

Bc1919
JAの1エリアで15位のようです。
後ろには何局いるのやら。(^^;

そして、もう1通は今朝方届いていました。
LoTW application for CQ WAZ
WAZのアワードマネージャーKC5LKからのメールです。
英語は苦手なので翻訳HPで日本語にしてみましたが、意味不明でした。hi
恐らく、アワードの対象になる40QSOを確認したので申請をするならPayPalで申請料を払ってくれと言う内容のようです。
LoTWからの申請はあくまでLoTWのデータをアワードマネージャーに送るためのものでした。
アワードの申請料に払った金額が不足しているので、そうだろうとは思ったのですが前回払った金額はLoTWの手数料でした。
そして、本日PayPalで、コメントにWAZ Award feeと記載して送金しました。
これで手続きは完了でしょうか?
また、しばし反応を待とうと思います。

そして、本日の運用ですが、50MHzで6エリアが数局聞こえていたのですが、拾ってもらう前に皆聞こえなくなってしまいました。
ハイバンドで北海道と少し、先ほど食事を取りながら知り合いが3.5MHzで移動サービスしていたので、お呼びさせていただきました。
明日のアンテナの準備はできましたので、東京コンテストにマルチバンドで参戦します。
聞こえていましたら、よろしくです!!

2018年5月 1日 (火)

茨城県高萩市(JCC1414)移動

移動でコンテスト参加の際は終了直後にすぐに撤収を始めるのですが、疲れもあってそのまま車内で就寝。
昨日は前日同様5時台に起床しました。
眠い目をこすりながら発電機を回すと3.5MHzでおもむろにCQを開始しました。
実は、今回運用した移動地は北茨城市と高萩市のちょうど境。
と言うことで、コンテストまでは北茨城市移動として、帰る前に高萩市運用をすることを移動時から画策していました。
朝早くから聞いていた各局からコールをいただき、ニンマリ。
一段落すると、どうやら1kHz上で、/4島移動のUIUさんがおられたようですが、私の所では聞こえませんでした。

Bc1914
一段落するとコーヒーを入れて軽~く朝飯です。
その後、7MHzでASQ/8さんを迎撃です。
記念局も1局呼んで、今度は7MHzCQを開始します。
最初に呼んで下さった方がクラスタにアップしてくれて、あっという間にパイルになってしまいました。> TNX BFZさん(^^)v
それでも、もう少し呼ばれるかと思ったのですが1時間と掛からずにコールが途切れてしまいました。
その後は、50MHzにQRV。
しかし、CQを出しても呼ばれません。
1局呼んで下さった方も、ノイズレベルも高かったため結構厳しくなる瞬間がありご迷惑をおかけしました。
すると、3.5MHzで聞こえなかったUIUさんが7MHzに出ておられるようです。
7MHzに戻って慌てて呼びました。
隠岐郡で残っていた西ノ島町を無事ゲット出来ました。
20分後には10MHzもゲット!!
他にも北海道移動2局と交信して、私も10MHzでCQを開始です。
20分ほどでしたが、各局に呼んでいただきました。
その後は、再び50MHzに戻り、宮城県を放浪中のSAMさんと交信。
再び、50MHzでCQを出してみましたが、知り合い2局の他は4局しか出来ませんでした。
CWも出てみましたが、何とか1局できて終了です。
呼び回りもほとんど聞こえず、ちょっと寂しい感じでした。
そして、間もなく正午。
さ~て、どうするかな?
渋滞も予想されるので、帰ろうかなと思いつつもQSO数が3桁に乗っていません。
と言うことで、最後に7MHzSSBに少し出てみました。
ポツリ、ポツリとですがコールがあり会話を楽しませていただきました。
地元局2局とラグチュー、久しぶりの方とも交信できて良かったです。
もちろん、1stの方も多かったでしょうか。
その後は、必死に撤収をしましたが、やはり最後の交信から2時間かかりました。
ここでも、交信いただいた各局ありがとうございました。
28日のプレQSOと30日の交信数は以下の通りでした。

北茨城市
Bc1915
高萩市
Bc1916

そして、帰路ではハプニングが・・・。

Bc1917
ETC搭載車なのですが、なぜか通行券が・・・。
高萩ICでETCゲートに侵入したところ、バーが開きません。
ほえ?
インターホン越しに、「車から降りて後方に出ている通行券を取って下さい」と言われました。
何が起きているのか判りませんが、指示通り通行券を取ってやっとゲートを通過します。
そして、ETCの車載器を見ると移動地出発時に間違いなく入っていたETCカードが排出されているではありませんか。
あっ、あのときか。
運用地の付近は道路が舗装されていない上に結構段差が付いているところがあって、そこで車がはねたときに助手席に置いておいた荷物が前に落ちてしまったのです。
で、その先にETC車載器が。
その荷物がカードのイジェクトボタンを押してしまったようです。
三郷料金所の手前のお知らせアンテナ通過時には、車載器から「ETCゲートが利用できません」とアナウンスがむなしく流れてきました。
さみしい思いをしながら一般ゲートで係員の方のお世話になりました。(^^;

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »