« 載せてみました | トップページ | 2017 京都コンテスト 結果発表 »

2017年6月 7日 (水)

RBN

RBNと言う単語を良く聞くようになり、便利らしいと聞いていました。
正式名称は、REVERSE BEACON NETWORK。
実態はよく判りませんが、SkimmerのようなソフトでCQを出している局のコールサインを自動的に表示するシステムのようです。
CWに限らず、RTTY、BSK31、BPSKも表示可能とのことです。
さすがに、Phoneは無理みたいです。hi
しかし、全世界のCQが見えてしまうため、filterとかの設定が面倒であまり活用をしていません。
日曜日に移動したときに、リクエストをいただいた方に「出る前に連絡します」と伝えたところ、RBNでチェックするから不要とのことです。
実際に、RBNで見つけていただいてコールをいただいたようです。
今さらですが、興味を持って再度サイトを覗いてみました。
すると、どうやら特定のコールサインをフィルターすることも可能なようです。
ならばと、日曜日に運用したときのCQがどれくらい表示されたのかチェックをしてみました。

Bc1625
なんと、全てのBandで表示されていたことが判りました。
上の図はかなり省略をしてありますが、14MHzに至ってはオーストラリアまで飛んでいたことが判ります。
dB表示でどれくらいの強さで届いているかも確認できます。
自分の電波がどれくらい飛んでいるかも確認できてしまうので凄いです。
あんまり広めちゃうとパイルが早く始まってしまう可能性もありますが、興味のある方は確認してみて下さい。(^^;
私も今後は活用してみようかと思います。hi

« 載せてみました | トップページ | 2017 京都コンテスト 結果発表 »

コメント

クラスターに上がる前に見付けられるので、5分位はアドバンデージかありますよね。
ただ、これに頼ってしまうとダイヤルグルグルの楽しみは無くなりますよね。

癖のあるキーイングの局のコールサインがRBNで、実際とは異なって表示され、それを間違ったままクラスターにアップしたなんて滑稽な話もあります。

あれ~、届いているのに反応が芳しくないなあ~なんて
パドル操作しながらボヤキ入りますよ。
AJAer を追っかけている方で反応が素早い方々はチェックしていると思います。Hi

WSHさん

上手く活用すれば、有利に交信できそうですね。
なるほど、確かに正しいコールが出る保証はありませんね。
あくまで目安と言うことで、ちゃんと自分の耳で確認することが大事だと言うことです。hi

ASAさん

ハイバンドは常に聞いている方はやはり限られてしまいますからね。
応答が早い方は見ている方が多いんでしょうね。
運用地まで判らないのは、国内向けではありませんけどね。hi

EKMさんのように、移動中の知り合いの局を探すときには活用しています。(^^) wshさんのコメントのように、DXでも5分は早く見つけられます。Hi

時々運用後覗いては自己満足しています(hi)

RBNに載る前に探す努力をしたことが有ります。
「QRL?」から聞いているとさすがに大丈夫のようです。

KMCさん

知り合い局を待っているときには使えますね。
DXも5分くらいなら有利なんですね。
まあ、広まってしまったらクラスタと同じレベルになっちゃう可能性もありますよね。(^^;

UIUさん

どこまで飛んでいるのかの目安になりますね。
今度から復習に覗いてみます。hi

FOSさん

私もSkimmerで"QRL?"をチェックしています。
とは言え、DXだと早々捕まえられませんね。(^^;

こっそりTESTで探し出すとき使っています。フィルターで過去検索した局も残っていますし・・・最近自分の耳も低下中です。Hi

CDGさん

確かにコンテストでも表示されるので、役に立ちますね。
それでもNRは表示されませんから、耳は鍛えないとダメですよ。
かく言う私も聞き取れないと、過去ログで判断していますが・・・。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 載せてみました | トップページ | 2017 京都コンテスト 結果発表 »