« 2017 ALL JA - 埼玉県比企郡嵐山町(JCG13008G)移動 | トップページ | 2017 KCJトップバンドコンテスト 結果発表 »

2017年5月 2日 (火)

ALL JAの復習

ALL JAではいくつか問題も発生しました。

まずは、アンテナです。
今回使用したのは、以下の3本です。

3.5MHz Zeppライク
7MHz ワイヤーダイポール
14-50MHz HEXビーム

Zeppライクは、フルサイズでもありいい仕事をしてくれるのですが、如何せん長いのでどこでも張れません。
その上、現在使用されているワイヤーが重すぎです。

Bc1580
写真の左側にZeppライクを張っています。
ご覧のように、反対側からクレモナで引っ張っても見事にポールが反ってしまいます。
ダイポールはギボシ付きと7MHz専用の2本がありますので、ワイヤーを継ぎ足して3.5MHzにも出られるようにした方が良さそうな気がします。
でなければ、現在のケーブルを軽いものに変更するか・・・。
悩みどころです。
で、ポールが反った結果、今回はHEXビームは回せませんでした。orz
せっかくのビームアンテナがこれではもったいない。
畑のオーナー様も見学に来られたのですが、「これならギボシアンテナだけで十分でしょう」と言われてしまいました。
もっとも、車の乗り降りをしないでQSYできるメリットは捨てがたいですが・・・。
そして、そのHEXビームですが、やはり設営・撤収に1時間半くらいかかります。
時間を短縮するいい方法が思いついていません。
まあ、今回はプレ運用でWARCバンドも欲張って張ったので、クラシックバンドだけにすれば少しは短縮できます。
強度的には傾いていますが、土曜日の強風にも不安感はありませんでした。
まあ、当然揺れてはいましたが・・・。
性能は50MHzの雰囲気では2ele HB9CVと同じくらいでしょうか?
本当は、3ele デルタループと比較をしようと思ったのですが、我が家のもう1本のポールを対角で車に踏ませるとアンテナが当たることが判明して今回は見送りました。
FDの時はどうしますかね?
もったいない気もしますが、シングルバンドでの参戦も検討しないとダメかもしれません。

そして、FT-991にも問題が発生しました。
同じバンドに3種類の設定を記憶でき、同じバンドのボタンを続けて押せばその設定が順に呼び出されます。
よって、各バンドSSBとCWのコンテスト周波数に合わせておきました。
ところが、21MHzで運用をしていたときに、CWからSSBに切り替えるために「21」のボタンをもう一度押して運用をしていました。
そして、先ほどCWで交信した方が珍しくSSBに出ているのでコールをしました。
すると、「今日は14MHzのシングルバンドです」と言われて本人は21MHzに出ているつもりだったので「えっ」。
で、確認してみると確かに14MHz SSBバンドになっていました。
あちゃ~、DUPEで呼んでしまいました。
しかし、間違いなく「21」を押したはずなのに・・・。

Bc1581
で、バンドのボタンを色々押してみたところ、下の2列のボタンは表示とは違う反応をすることがありました。
「50」を押すと、21MHzになるは同じ所を押しても24MHzにもなる事があります。
どうやら熱くなるとタッチパネルが正しく動作しないことがあるようです。
今、確認をしても正常に動作しています。
熱さのせいだったような気がしますので、日よけはちゃんとしないとダメのようです。
その前に、ちゃんと周波数くらい確認しろよって言う話もありますが・・・。(^^;
仕方なく、PCから周波数モードを設定してQSYする羽目になりました。
もっとも、WIDTHやBK-INの設定が違っている場合もあり、面倒でした。
さらには、勝手にリセットが掛かることが何度かありました。
こちらはCW Skimmerを動作させていたのが原因だったようで、動作させなくなってからは発生しませんでした。
CW Skimmerも「3kHz RADIO」では信号が上手くデコードできなかったので、必要ありませんでしたが・・・。

あとは相変わらず、USBIF4CWが動作しなくなることもしばしば。
自動送信が途中で止まります。
そのあと、再び送信できる場合もありますが、自動送信が不可になる場合があります。
さらに、自動送信不可になるだけならまだいいのですが、パドルからの送信もできなくなり完全にお手上げになることがあります。
USBを差し直して連携ソフトも再起動しないといけないので困ります。
ちゃんとパッチンコアを付けているんですがね。

最後は、県内マルチオペ/マルチバンドで参加している某局。
今回の移動地では近すぎて、各バンドで近くに出ているほかの局が聞き取れず苦労しました。
強い局が近いと辛いですね。

と、一応復習はしましたので、これを糧にまた頑張ってみたいかと。
運用地が一番の悩みかもしれません。hi

« 2017 ALL JA - 埼玉県比企郡嵐山町(JCG13008G)移動 | トップページ | 2017 KCJトップバンドコンテスト 結果発表 »

コメント

HEXビームを活用できる場所に行くしか無いでしょう。
離島なんか如何ですか。

明日コンテストで会いましょう^o^

EEIさん

そうですね、広いところを探さないといけませんね。hi
DXに呼ばれるような所へ行きたいですね。(笑)
明日はたぶんシングルバンド参戦で、お会い出来ないと思います。
外壁工事中でVUのアンテナは設置を諦めました。orz

結構傾いてしまいましたね、やはり3.5長すぎの所もありますよね~
この間移動した時は、ギボシDPに 7メガの予備のエレメントに片方ギボシをつけておいて 即席で3.5にしちゃいました。7メガの専用エレメントを片方 バラン用 片方をギボシの末端に付くようにしておいて長さだけ決めておいて 折り返すとか?
液晶パネルはそんな所もあるのですね。メモメモ・・・991欲しいな~

CDGさん

実際より傾いて見える気がします。(^^;
3.5のアンテナも課題ですね。
DP用にエレメントは用意してあるんですが・・・。
991は使い勝手が微妙です。
そして、タッチパネルは温度に弱そうです。hi

ハイバンドがオープンしていればQSOできたかも?
もっともこちらのQRVした時間が短すぎたのが原因ですけど。(苦笑)

お疲れ様でした。
これだけアンテナを上げると撤収も大変ですね。
あたしゃ移動でコンテストに参加したことが無いんで。クラブの1泊の移動運用も、私の「CEJスペシャル」とメンバーの張る3.5のダブルバズーカ+2m・430のGPくらいなもんです。
991のタッチパネルも扱いが難しそうですね。

BBOさん

山口県はどのバンドでもできませんでしたので、欲しかったです。hi
タイミングが合ったとは到底思えませんね。
そこそこ出ている局がいたので、14MHzではCQも出さなかったような。(^^;

CCLさん

2日目の19時頃からは撤収のことを考えて、いつ止めようかと真面目に考えていました。(^^;
呼んでいただいたので、何とか最後まで頑張れましたが・・・。hi
それでも、FDに比べればアンテナの数は少ないですから。
991のタッチパネルは微妙です。
メニューはボタンの方がいいですね。

ポールの反りが痛々しいですね。
HEXビームの6m 、2エレHB9CV相当なら悪くはないですね。

WSHさん

他のアンテナとのバランスも考えないといけません。
各バンド単純には折り曲げた2ele八木ですから、性能的にはそんなものかと。
回せないと意味がないですがね。(^^;

お疲れ様でした。ネタ的には素敵な曲がりかた!さすが気合いが入った構成です。回り込みに悩まされておられますね。諦め半分、アルミホイルで巻きまくるとか(@_@;)

ASAさん

確かに、実際に見ているよりこの写真は曲がって見えます。(^^;
回り込みは、USBIF4CWが原因と思われる現象が移動でも自宅でも出ていて困っています。
アルミ箔か。
パッチンコアを付けまくるか悩みどころです。hi

あら~せっかくのビームだったのに残念でしたね。
それと、FT-991の不具合、そのようなのは経験ありません。これから本格的な暑さになりますが対策が必要なのでしょうかね。

UIUさん

欲張るとあまり良いことがないようです。(^^;
991は昨年も夏場に使っていますが、今回は助手席においていたので熱がこもってしまったのかもしれません。
何事もなかったように今は操作できています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017 ALL JA - 埼玉県比企郡嵐山町(JCG13008G)移動 | トップページ | 2017 KCJトップバンドコンテスト 結果発表 »