« プリンタ帰還 | トップページ | 2016 フィールドデーコンテスト結果発表 »

2016年11月16日 (水)

甘かった

昨晩、回収してきたプリンタ。
早速、印刷を開始したんですが・・・。
新しいインクカートリッジだと思ったのですが、電源を入れた途端に黒インクが限界を超えたと使えなくなりました。
黒インクのカートリッジにインクを詰めて、他のインクの残量を確認したら・・・。

Bc1457
こんなものしか入っていませんでした。
満タンの訳がありませんでした。
さらには、2段ある給紙トレイの下側に紙を入れると・・・。
ん、今なんか落ちた?

Bc1458
トレイの端のガイドが折れてしまいました。
何にもしていないんですがね。
メーカにクレーム付けてみようかな?
と言っても、なくても印刷には問題ないようです。hi

そして、問題のアンテナです。
一晩雨ざらしにしましたが、取り込んで同軸ケーブルの導通をチェックしたところどうも芯線と網線がショートしているようです。
コネクタを一度バラしてみましたが、原因がわかりません。
ところが、ここで再度導通を確認すると今度はちゃんと分離しているようです。
またコネクタを組み上げて室内でアンテナに取り付けてSWRを確認するとちゃんと落ちているではありませんか!!

Bc1459
ふと気付くと、ちっこいハンダの塊が落ちています。
これが原因だったのか?
さらに追加で、ポールは伸ばさずベランダから2mあまりの所に新旧アンテナと8D-2V、5D-SFAをそれぞれ組み合わせてSWRを確認してみました。
すると、ちょっと様子が違うようです。

8D-2V 5D-SFA
新アンテナ 1.2 1.0
旧アンテナ 1.5 3.5

何でこんなに違うんですかね?
と言うことで、本日は新アンテナ+5D-SFAで運用してみました。
う~ん、そこそこ飛んでいるようです。
サンドイッチコールの某局とも交信できましたし。hi

QSLカードの発行に先月末のカードチェック、やることはまだ一杯あります。

« プリンタ帰還 | トップページ | 2016 フィールドデーコンテスト結果発表 »

コメント

SWRが暴れるのは同軸の長さと短縮率の違いと思います。
反射がでているアンテナは同軸の長さでSWRがものすごく
変ります。λ/2×短縮率の長さにすれば暴れはなくなります。
ただ安物の同軸は短縮率がむちゃくちゃで1m100円の5Dは
短縮率が0.59でした。もしかしたら 単なるシ-ルド線??????

M形コネクタでは経験したことがありませんが、N型コネクタのオス型は内部の茶色のゴムの所に金属のカスが溜まってショートしてしまうことが有ります。
ショートまでいかなくても、カスが溜まるとインピーダンス変動があるようで、SWRが悪くなりますのでご注意ください。

GPを上げてはや20数年
さてさて同軸やコネクタはどうなっているのかな
久しぶりにSWRとやらを測って見ますかな

本日サバイバルコンテストでRS+MYLのレポートをもらいました
点数が少し上がります 嬉しいですね

旨い話?には裏がある・・・でしたか^^
昨夜はありがとうございました!サンドイッチマンの登場でした(笑)

SYQさん

同軸ケーブルと言えども、アンテナの一部と言うことですね。
いずれにしても、古い方のアンテナはちょっとSWR高めです。
安物のケーブルはおっかなくて買いません。hi

FOSさん

Nコネはそう言うこともあるんですね。
私もケーブルに問題があったようです。
よくは判っていないんですが・・・。hi
扱いには気をつけたいと思います。

"りょうちゃん"さん

GPは上げっぱなしで20年ですか。
私もGPを常設したいです。hi

奇しくも私も昨晩"M YL"のナンバーをいただきました。
スコアは後から付いてくるので、交信したときはあまり気にしていません。
にしても"J"のナンバーは聞かないです。(^^;

UIUさん

美味しい話は早々ありませんでした。hi
サンドイッチコールのサービスありがとうございました。m(_ _)m
昨晩に引き続き、本日はお邪魔しちゃいました。(^^;
今年はあまり気合いが入っていません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンタ帰還 | トップページ | 2016 フィールドデーコンテスト結果発表 »