« お祭り終了 - 泉州サバイバル | トップページ | 2015 東京UHFコンテスト参戦 »

2015年11月22日 (日)

ギボシダイポール

4月に構想を始めながらなかなか製作に着手できなかったギボシダイポールですが、何とか完了しましたので、備忘録として製作過程を残しておきます。

まずは、ケーブル長の検討です。
ダイポールと言っても私が使うときは逆Vでの使用が普通なので、ギボシの接続部分を低くすると切り替えが楽になります。
このため、エレメント長を3/2λにしている方がいます。
ビームパターンも8の字ではなく複雑な形となり、方向によっては若干ゲインが上がるとのことです。
と言うことで、私もこれを採用してみることにしました。

Bc1081
テストの意味もあって、とりあえず24MHz,28MHzを3/2λで設計してみました。
そして、エレメントを上記の長さに従い切りそろえて片側にギボシを取り付けます。
注意しないといけないのは、ギボシはバランに近い方に取り付けること。
反対側は、調整のため切断するので付けても無駄になります。
それともう1つ。
ギボシのカバーも先に入れておかないと、後からは被せられないので注意が必要です。
また、接続部にワニ口クリップを使っている方もいるそうです。
それも1つの手かもしれません。
接続部分に取り付ける絶縁物はASAさんの真似をして百円ショップで売っている仕切り板を使いました。
そして、調整です。
その風景は、こちらで確認ください。
写真を見れば判ると思いますが、滑車を使って上げ下ろしをしての作業なので作業には3,4時間かかったでしょうか?
ましてや、雨の中だったので終わった頃には手がふやけていました。hi
まずは、21MHz。
なお、写真は中心周波数でのSWRです。

Bc1082
続いて、18MHz。

Bc1083
14MHz。

Bc1084
10MHz。

Bc1085
ここまでは良い感じですね。
続いて、3/2λの28MHz。

Bc1086
あら、SWRは2.0までしか下がりません。
さらに、インピーダンスは25Ω。
3/2λだとこう言う動きになるんですね。
事前調査が不足しており、理解していませんでした。(^^;
真似をされる方がお出でなら、内蔵のATUが必須だと言うことをご承知おき下さい。
続いて、24MHz。

Bc1087
こちらは、なぜかインピーダンスが41Ω。
やはり、理解度が足りません。
最後は、7MHz。

Bc1088
こちらは、焦って切りすぎてしまいました。
中心周波数が思っていたより上に行ってしまいました。
一番端なので、ヒゲを付ければ何とかなるでしょう。

そして、翌日晴れてから、再び使ってみようとしたのですが・・・。

Bc1089
絡まったケーブルをほどいている内に、ギボシが外れてしまいました。
それも2ヵ所も。
さらに、帰宅して仕上げをしているときにも、2個外れていました。
圧着だけでは、弱いようです。
はんだ付けでの補強がお勧めです。
そして、最後の最後でやってしまっていたことに気付きました。
ギボシにカバーを被せようと思ったら・・・。

Bc1090
しもた、板の穴を通らないではありませんか。
それでも、無理矢理通すことが出来て、何とかなりましたが。(^^;

運用の方を優先したので7/10MHzしか確認していませんが、雨の中で調整したため中心周波数が少し上にずれてしまったようです。
調整は晴れた日に行うことをお勧めします。hi
3.5MHzまではケーブルを用意しましたが、今回はここまでとしました。
3.5/1.9MHzは張れる場所も限定されるので、コイルを入れた短縮なども検討したいと思います。

« お祭り終了 - 泉州サバイバル | トップページ | 2015 東京UHFコンテスト参戦 »

コメント

DX追いかけたり移動したりアンテナ工作とか、頑張ってますね。
あたしゃ春先の移動用の運用テーブル作成からなにもしてませんわ。ノート用のDIGIのI/Fも途中だし。
UIUさんはたしかギボシANTを使っていたと思いますが、あたしゃ移動は7MHzフルサイズの「CEJスペシャル」かヘリカルホイップか最近使いだしたATU利用の釣り竿ANTくらいしか使いませんね。

CCLさん

いやいや、節操がないだけでして。
それもみんな中途半端と来てますから・・・。(^^;
そう言えば、RTTYの今年もデビューなしですかね?
あ、アンテナのマッチングボックスも取り替えてなかった。hi
飛びを考えるとダイポールが一番なんですが、手軽さも大事ですよね。

ギボシ愛好家として(笑)じっくり拝読させて頂きました。
製作には時間を要しますが、できてしまえばバンドチェンジも簡便で良いですよね。
これからの活躍が楽しみですね。

UIUさん

LWほどの手軽さはありませんが、飛びを考えるとギボシDPですね。
元々、7MHzで愛用してきましたので。
10MHzまで(24/28MHzを含む)なら、アンテナを下ろさなくても手が届くのでバンドチェンジ可能です。
後は、3.5MHzは追加したいと思っています。
誰かさんのように1.9MHzはちょっと微妙です。hi

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お祭り終了 - 泉州サバイバル | トップページ | 2015 東京UHFコンテスト参戦 »