« 2014/2/16の運用 | トップページ | 追加完了 »

2014年2月17日 (月)

Skimmer ソフトウェア編

CW Skimmerの導入もいよいよ最終段です。
今までの内容と重複するかもしれませんが、まとめてみます。
相変わらず動作が今一理解できていないので、間違った内容があるかもしれませんことご承知おき下さい。

ハードウェア編でお知らせしたハードウェアが揃えば、後はソフトウェアの設定になります。
当初、ネットで調べているときには以下のソフトが必要だと理解をしていました。

1. Soft66LC4コントロールソフト
 SDRフロントエンド=Soft66LC4のDDS周波数を設定します。
 画像はこちら
 この周波数は、IF-2000が出力する周波数(=10.55MHz)に設定します。
 しかし、そのまま設定するとキャリアが出てしまうの、それをUP指定のとき邪魔にならないように、5kHzから10kHz下げると良いと教わりました。
 「step」と書かかれたプルダウンメニューはデフォルトで10kHzになっているのですが、これを変更してもなぜか10kHz毎にしか変化しません。
 BPFも効いているのか私にはよく判りません。

2. SDRソフト
 SDRご存じの通り、ハードとしてはフロントエンドだけですのでソフトウェアで復調等の処理をするわけで、このソフトがその機能を担います。
 これは、フリーウェアが各種提供されており、アマチュア無線用にリグと連動したり出来るものがあります。
 調べた限りでは、「PowerSDR/IF Stage」や「HDSDR」がよく使われているようです。
 しかし、色々設定を試してみますが、バンドスコープとして機能してくれません。
 必須のソフトと思い込んでいたのですが、使用されている方に確認すると、「なくてもCW Skimmerは動作する」とのことで当面いじるのを止めました。(^^;

3. CW Skimmer
 これが、大本命のソフトで現状の最新バージョンは1.8です。
 既に1度、画面のご紹介をしていますが、周波数毎に視覚的にモールス信号が表示されます。
 コールサインが表示され、5NNを見つけるとこれも表示されます。
 これが表示されることによって、どの局がどの周波数でピックアップされたかが判ると言うことです。
 しかし、導入されている方も多く、最近のペディション局のピックアップ周波数が頻繁に変わるという話です。
 さて、設定ですがこれはネットで検索していただけば多く記載されていますが、LO周波数としてIFの周波数を設定すれば良いようです。
 しかし、そうするとソフト本体の右上に表示されるのが10MHz台になってしまうため、判りづらいです。
 と言うことで、周波数を確認しながらリグの中心周波数が0kHzになるように設定してみました。

Bc0487
 しかし、リグの周波数を上げると、本体画面下から信号が上がってきます。
 周波数の上下が逆表示になっているようです。
 ここで、ご指導をいただき、以下のように設定を変更しました。

Bc0488
 Audioタブから「Channels」をデフォルトと反対にチェックを入れます。
 I、Qがなんのことやら私の知識ではさっぱり判りませんが・・・。(^^;
 さて、この状態で本体を見てみると、やっと動作がまともなようです。
 これ以外は、デフォルトのままで、設定自体は終了です。

昨日、ARRLコンテスト中の7MHzで多くの局がQRVしている様子です。

Bc0489
リグの周波数と右上の表示周波数がなぜか21kHzずれているのが納得いきませんが、今のところよく判りません。
そして、設定の中でLO周波数はHzと書いてありますが、合わせた周波数と一致の様子からするとkHzが正しいのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか?
また、2.で諦めたバンドスコープですが、一応CW Skimmerにも粗いですが機能があります。

Bc0490
この時間なので、信号は含まれていません。
表示されているのは全てSDRフロントエンドから出ている信号のようです。
1.でご指摘を受けたキャリアーが10kHz下に表示されているのが判ります。
当面はこれで使っていきたいと思います。

それと、CW Skimmerもリグとの連携機能がついているようです。
マニュアルにもCAT Controlと言う欄があるのですが、まだ理解が出来ていません。
これがうまくいくと右上の表示周波数がリグと連動するようなのですが・・・。
まだ、もう少し調べないといけないことがあるようです。
また、その辺が判れば続編を書いてみようと思います。

最後に、このCW Skimmerはシェアウェアです。
現在は30日間の試用期間中(残り21日)。
これが高価で$75もしますがライセンスを購入しようと思います。hi

« 2014/2/16の運用 | トップページ | 追加完了 »

コメント

試用期間はうっかりしてると、いつの間にか過ぎてます...orz

どうやら動作状態までは行けたようですね。 おめでとうございます。 表示の件ですが、10MHz台のIF信号なので、オーバーフローしているのかも知れません。当局のSkimmerにはLO周波数が表示されています。 これで鬼に金棒ですね。 (^^)

KRTさん

仰るとおり!!
忘れないうちに「買って」おきます。hi

KMCさん

何とか使えるようになりました。
SDRソフトはとりあえず諦めました。hi
道具は揃ってきましたが、耳が悪いので・・・。(^^;
聞こえない局は呼べませんから。

何をしているのかわかりません。。。

WLCさん

必死に記事にしていますが、実は私もカット&トライで何とか動作させているのが実情です。(^^;
結果が出れば、途中経過は気にしていません。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014/2/16の運用 | トップページ | 追加完了 »