« 2014 KCJトップバンドコンテスト参戦 | トップページ | 2014関東UHFコンテスト参戦 »

2014年2月10日 (月)

Skimmer ハードウェア編

Skimmerについてぽつりぽつりと記事にしてきましたが、とりあえず表示が出るようになったのでご紹介です。
もっとも、未だに判らないことだらけです。(^^;
まずは、購入したハードウェアのレシピです。

1. IF-2000(RFSpace社製) 約\26k

これが一番高価な材料で、海外製品のためHROで購入しました。
本体が$189.99、送料が$49.45と相変わらず送料が高いです。
で、何かというとIF信号をFT-2000/950から取り出すためのインターフェイスボードです。

Bc0473
国際小包で届けられましたが、到着までに2週間掛かりました。
追跡は出来るのですが、途中で行方不明になったかと思うほど途中の履歴が出ませんでした。
開封して出てくるのは、基板本体、同軸ケーブル、取扱説明書(英文)、取付用ネジ、RS-232Cケーブルの5点。
RS-232CケーブルはCAT用のようでそのまま箱にしまいました。
英語は苦手ですが、取扱説明書の写真を見ながらで十分作業は出来ます。
リグの蓋を開けると、元々DMU-2000のオプション基板を取り付ける位置にこの基板を取り付けます。

Bc0474
上側に繋いだケーブルは、FT-2000から出ていたケーブルで、下の被覆が透けているケーブルは出力用付属ケーブルです。
取り回しは、リグ背面の排気スリットの隙間から外へ出します。
正確には、スリットから差し込んで接続します。
一番下のオレンジ色のケーブルはFT-2000に元々ついていて、筐体に未接続で貼り付けてあったものです。
これをコネクタに差し込めば、蓋は閉めてOKです。

2. Soft66LC4 \9k

既にお知らせしたとおり、SDRのフロントエンドです。
外観はこちら、購入後の動作はこちらをご参照下さい。

3. ステレオオーディオケーブル \0(手持ち流用)

4, USBケーブル(A-MiniB 5pin) \0.78k

フロントエンドは、本体だけの販売で、ステレオミニプラグのオーディオケーブルとUSBケーブルが必要となります。
オーディオケーブルは手持ちがありましたが、USBケーブルはノイズ対策されたコア付きのものを念のため購入です。

5. SMA-BNC変換コネクタ \0.78k

準備が整ったと思ったのですが・・・。

Bc0475
Soft66LC4はSMAコネクタ、IF-2000付属のケーブルにはBNCコネクタでした。
手持ちの変換コネクタに、BNCのメスコネクタがなく繋ぐことが出来ません。
ヤフオクに安価なコネクタを売っているのですが、何日も待てません。
と言うことで、雪の土曜日に秋葉原まで買いに行ってきたというわけです。

Bc0476
無事にアンテナが繋がり、これで準備が出来ました。
なお、多くの方がこの他にオーディオカードやアダプタを購入されています。
と言うのも、理屈が理解出来ていないのですが、オーディオ入力のデバイスのサンプリング周波数によって表示されるバンド幅も変わるそうです。
安価な市販PCだとサンプリング周波数が48kHzだそうで、必要に応じて買う必要があります。
我が家では割と高級なマザーボードを購入したおかげでオンボードのチップでも192kHzで、今のところ必要はありません。
DMU-2000から考えるとバンドスコープだけで良ければ、半分以下の値段で準備が出来ることになります。
どちらが良いかは、使い道にも寄りますので一概には言えませんが、私はこちらの方が良さそうです。

さて、ソフトについてはまだ設定がうまくいっていない感じなので別記事にさせていただきます。
とりあえず、TO7CCを呼んでいる各局が見えました。

Bc0477

ちなみにご本尊は我が家では聞こえませんし、ピックアップされた局も判りませんでしたが・・・。

« 2014 KCJトップバンドコンテスト参戦 | トップページ | 2014関東UHFコンテスト参戦 »

コメント

おもしろそうだな・・・ソフトだけでは動かなく、機械が要るんですね!?

これで向かうところ敵なしですね。(^^)

完成おめでとうございます。 CW Skimmerのコントラストの、SDRのアウトプットとサウンドカードのインプットレベルの最適化をすると、バックグランドのノイズがほとんど見えなくなりますので、調整して見てください。 これで鬼に金棒ですね。 (^^)
そう、最後の砦は送信時の回りこみです。 当局は未だにkWの10mのRTTYだけはアンテナの方向によっては送信できません。(^^:)

さすが技術者!

すごいなぁーーーー!

なんか、遠くに行ってしまった気がする。。。。
私が置いてきぼりなのか?

なぬっ、オンボードで192KHz???
ウチは、オーディオ用外付けIFで96KHzなのに。。。


AWSさん

FTDX5000/3000を買えば、一番高い部品は要らなくなります。
200Wと同時受信に惹かれてこっちにしちゃいましたが。(^^;
ところがまだ思ったように動いてくれていないんです。(T_T)

BBOさん

アンテナがしょぼくてご本尊が聞こえないことが多いので、無用の長物かもしれませんよ。(^^;

KMCさん

実は、まだ周波数が合わせられていません。
さらには、私が送信すると私のコールサインがいっぱい表示されました。
回り込みってこれのことでしょうか?
少なくとも21MHzには私が沢山います。(T_T)

WLCさん

今回は、ネット検索しても情報が少なくて苦労しています。
自分の知識のなさに困っています。(T_T)

FOSさん

遠くに行ったと思っているのは気のせいですよ。(笑)
ここは思い切って、新しいリグを買うしかありませんね。

KRTさん

安物のマザーでいいやと思っていたのですが、気づいたら高級品になっていました。
まあ、自作マニアとしては当然でしょう。
なんちって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014 KCJトップバンドコンテスト参戦 | トップページ | 2014関東UHFコンテスト参戦 »