« 南大塚 | トップページ | 2013 フィールドデーコンテスト結果発表 »

2013年11月27日 (水)

やっと復活

QSLカードの印刷にはインクジェットプリンタを使用しています。
以前、書きましたがインク代を少しでもケチしようと詰め替えインクを使っていました。
が、2年ほど前に購入したインクカートリッジからインク残量のデータを消す(?)リセッターが効かなくなってしまいました。
使えないのは消費の多い黒インクだけだったので、諦めていました。
ところが、ついに一番消費の少ないマゼンダ系を除き全てのインクがリセッターが効きません。
当然、消費に偏りが出るため1本あたりの単価も高くなります。
これで、やっと詰め替えインクのメーカに問い合わせをしてみました。
すると、案の定、カートリッジの仕様が変わっていたようです。

Bc0381
と言うわけで、新しいカートリッジに対応したリセッターを送ってもらいました。
早速、リセッターが使えず諦めたカートリッジに使ってみたところ、無事使える状態になりました。
これで、再び印刷費用が削減できます。(^^)v

« 南大塚 | トップページ | 2013 フィールドデーコンテスト結果発表 »

コメント

>リセッター
???。。。やはり PC用語に馴染めません。。。

アタシは純正しか使ってないぞぉー。

でも、最近は発色が何かおかしいぞぉー...orz

そういうものがあるんですか・・・

社外品(安物)を買ったら、はじめから残量が出ないんです、
そしたら印刷中にインキ切れ、えらいめにあったので高いけど純正に戻しました。

HP社の物を使っています。。。社外品出ていないみたいで、、、、純正高いです。。。

BYMさん

「リセッター」はPC用語ではないでしょう。
そんなに毛嫌いしないで、PCの組み立てにチャレンジしませんか?(笑)

KRTさん

純正品のみとはお金持ちですね。(笑)
元々、KRTさんの発行枚数だと2~3年ごとに買い換えないと。
コスト的には変わらない気がします。hi

AWSさん

私も非純正品でインク切れを起こして、最近はこれにしています。
詰め替えの場合、残量表示はされませんが、インクが切れの前に印刷は止まりインクながなくなったと表示はされます。
安い分、残量表示は諦めています。hi

移動100%さん

メーカさんは、本体価格を安くしている分、インクで稼いでいらっしゃるんですよね。
写真印刷しているとインク代はバカになりません。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南大塚 | トップページ | 2013 フィールドデーコンテスト結果発表 »