« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

購入品

今さらですが、先週のハムフェアで今年購入してきたものです。

Bc0309
安定化電源とUSBIF4CWのキットです。
キットを完成させてから、記事にしようと思ったらここまで掛かってしまいました。hi

ちなみに、どちらも同じものを既に持っています。
予備的な意味もありますが、移動の際に繋いだり外したりを繰り返していて、だんだん面倒になってきました。

Bc0310
何とか、動作確認も出来て、1つは移動セットのケースに放り込んでおくことにします。
ちなみに、前回購入したのがVer.2.3で、今回のものはVer.2.4です。
何が違うかというと、機能としてパドルで打った符号を文字にしてくれます(復号機能)。
試してみたところ、やはりミスが多いのを今さら思い知らされました。orz

今日は、PCのソフトインストールとこのキットの作成、後は家事で1日が終わってしまいました。
明日は、少しは交信したいかと。(^^;

2013年8月30日 (金)

延命処置

移動に使っているノートパソコンですが、購入から5年経ちました。

Bc0307
できるだけコンパクトなものが良いと、10.5インチのものです。
基本的にはHamlogが動けば十分なので、スペックとしてもこれでまだまだ使えます。
但し、OSは来年の4月にサポートが切れるWindows XPです。
Vistaからダウングレードしたものなので、Vistaにすることも可能です。
が、Vistaはソフトウェアとして重たいし、Millenniumに次ぐ駄作OSらしいです。hi
そこで、OSのアップグレードを検討していました。
Windows 8だと動作確認されているような機種ではありませんので、動いたというHPの記事も見ましたが、無理する必要もないのでWindow 7(32bit版) Professionalにしようかと。
調べてみると、アップグレード版のWin7 Proもそこそこの価格です。
PCの方も調べてみると、メモリの拡張がされていません。
それならと、メモリとセットでDSP版を買えば安いのではないかと、勇んで秋葉原へ行ってきました。
ところが、昔通ったPCショップが結構なくなっていてうろうろしまくってました。
さらに、どこへ行っても172pin PC2-4200 Micro DIMMと言う規格のメモリは扱っていません。
4店舗ほど回って、何とか対応メモリを発見して買ってきました。

Bc0308

ほとんど、ソフトのインストールはしていないので、復帰までにそんなに時間は掛からないと思いますが、これから延命処置を始めます。

2013年8月29日 (木)

Same Suffix Station

今日も帰宅してから、晩飯を取ってパソコンのキーを叩いていました。
すると、携帯にメールが着信。
誰からかと覗いてみるとCPTさんからで、
「SM2EKM 21.022」
と、これだけ。
早速、無線機の電源をONにして聞いてみると、昨年の秋に一瞬しか聞こえなかったSM2EKM局のコールサインが聞こえます。
慌てて、パドルに手を掛けてCQが出たところでコールをしてみます。
拾われたのは、JA3の局でした。orz
この局との交信が終わって、TUが聞こえた直後に再度コールしたところ、なんと一発でフルコールのコールバックがありました。
"GE"の後にレポートの前に何か打っておられます。
"ANOTHER"だったような・・・。(^^;
QSBもあってその後は、ほとんど取れませんでした。
内容的には、同じサフィックスの局から呼んでもらって喜んで頂いていると判断しました。hi
ト・ト・トを連発しながらも、こちらからもOPを送りしました。
もたつきながらも、何とか交信成立です。\(^^)/

国内では2局の同一サフィックス局と交信しています。
が、DX局となるとこれが初めてです。
やはり、同じサフィックスの局と出来るとうれしいものです。
週末には、ダイレクトでカードの請求もしたいと思います。

最後にご連絡を頂いたCPTさんには感謝、感謝です!!m(_ _)m

2013年8月28日 (水)

Result of 2013 CQ WPX SSB

主題コンテストの結果が発表になりました。
参加部門は、Single-OP Assited Low All Bandsです。

Bc0306
JA1の中で8/8位とダントツの最下位でした。(T_T)
ちなみにJA全体でも、最下位。
Assistedで43局はやはり少なすぎたようです。
そして、Clamed Scoreから2局、4ポイント、2マルチが減点されています。orz
CQ WWのようなレポートは送付されてきていませんので、何が悪かったのかは判りません。

足跡を残せたことに、満足することにします。
そして、これに懲りずに、またログ提出したいと思います。(^^;

2013年8月27日 (火)

Cfm ZP

今日の東京は秋を感じさせるほど、涼しいです。
さて、久しぶりに新着QSLのご紹介です。

Bc0304
ZP6CW(Paraguay) 21MHz CW ALL New!!

6月にRGFさんの後にコールして拾っていただいた一番最近WkdしたEntityです。
マネージャーもZPの方で、南米だと郵便事情も悪く、どうしたものか悩みました。
PayPalにも対応しているとのことでしたが、英語でEメール書くのも面倒でダイレクトで請求をしていました。
それが、意外と呆気なく1ヶ月あまりで返ってきました。
戻ってきて良かった。(^^;
これで、Wkd141/Cfm 130となりました。\(^^)/
今回から、DXCCで申請を行ったJD1とJD1/mもカウントして、トータルが+2になっています。
ちなみに、申請しなかったJAはカウントしていません。hi

そして、もう1枚。

Bc0305
LZ1ND(Bulgaria) 21MHz CW Band/Mode New!(2013 AA TEST CW)

All Asian DX Contestの際に交信していただいた1局ですが、自宅からの交信がなかったので請求しました。
こちらも、古いカードを探すのが面倒でDXCCの申請に使った1枚です。

ダイレクト請求も出し尽くした感がありますので、そろそろNew Entityと交信できるように頑張らないといけません。
ただ最近、他にやりたいことも多くて、無線機の電源が入りません。hi

2013年8月26日 (月)

東京コンテスト結果発表

東京コンテストの結果が支部のHPに発表となりました。
某局とブログネタ満載のハムフェア期間中に発表しなくても良いのにと愚痴をこぼしていました。
と言うことで、発表から2日経ってしまいました。

Bc0303

8/58位とついにベスト10入りに成功しました。\(^^)/
私のスコアもアップしたのですが、上位のスコアもかなりアップしています。
やはり、簡単には入賞なんてことにはなりません。
それでも、最後の15分はいっぱい呼ばれて楽しかったです。

交信いただいた各局有難うございました!
また、来年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

2013年8月25日 (日)

ハムフェア見学

本日も開催中ですが、今年もハムフェアに行ってきました。

Bc0299
昨年同様、混雑を避けて少しゆっくりの11時頃に到着。
が、まだまだ入場の列は長かったです。
そして、レストランが混雑する前にと見学をする前から、ランチミーティングに突入します。
8名ほどが集まって早速無線談義に花を咲かせます。
隣にも見知った集団がやってきて、ご挨拶させて頂きました。
その後は、各自見学やら目的のものをゲットしようと、会場内に散っていきました。

Bc0300
私も、色々散策はしましたが、これといった収穫はなし。
会場のど真ん中で、知り合いの局とグランドラグチューになってしまいました。
それでも、今回も2点ほど購入品がありましたが、その話はまた後日と言うことで。hi
そして、出店している店舗で、気になっていた無線機の価格を確認してみました。
何と、事前確認していた価格より安い!!
カードが使えるか確認すると、NG。
「月曜日までに振り込んで頂ければ、即日発送、送料負担しますよ。」
と言われても、生活費がなくなってしまうのでさすがに断念。
危なく衝動買いをするところでしたが、何とか踏みとどまりました。(笑)

その後、会場内に残っていた4名の方と一緒に移動運用勉強会の臨時会会場へ向かいます。
臨時会だというのに、参加者は当初21名からさらに増えて25名とのこと。
そして、このタイミングと言うこともあり、他エリアからも多くの方が参加されます。
いつも拝見させて頂いているブロガーの方も多数おられます。
名刺交換に普段の交信の御礼やらで、あっという間に大騒ぎです。
幹事のKRTさんのご挨拶で宴会がスタートです。

Bc0301
タイトル通り、移動運用の話からDXやら、コンテストと次々と話題が出てきます。
気づくと、廊下が縁側状態になり、トイレに行くのも大変なほど会場が広がっていました。
宴は3時間でしたが、あっという間に終わりの時を迎え、手締めでお開きとなりました。

Bc0302
それにしても、凄い人数ですね。
幹事様のご人徳なのは言うまでもありません。
その後、2次会、3次会と続く修羅場の内容はご想像にお任せします。hi
初めてお目にかかる方も多数おり、本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
参加各局、本当にありがとうございました。m(_ _)m

2013年8月23日 (金)

DXCC申請終了!

既報の通り、ハムフェアのタイミングでARRLからフィールドチェックのためにMr.PATTON(NN1N)が来日されています。
このタイミングでと、私もDXCCの申請をすることにしました。
ついでに、申請の流れも備忘録として記してみることにします。
と言うことで、長文になりますので、ご承知おきを。

1. 概要
DXCCの申請には3種類あります。大昔からのa)紙の申請書による申請、昨年から始まったb)Online申請、そして、c)LoTW(Log of The World)によるものです。
a),b)は紙のQSLを申請するためのものです。c)は皆さんご存じとは思いますが、電子ログの照合を以てCfmとするものです。
私は、まだLoTWの登録をしていないので、a) or b)が選択肢になります。
そして、それぞれ申請料金が異なり、安いOnline申請で申請することとしました。
また、紙のQSLカードの場合、所持チェック(フィールドチェック)が必要です。
JARLアワードの自己申告とは異なり、権威があるのも頷けます。

2. 事前準備

Online申請の場合には、ARRLのHPからQSOのデータを入力しないといけません。
そのためには、まずhttp://www.arrl.org/homeを表示して下さい。
なお、WindowsXPをお使いの方は注意が必要です。
対応ブラウザが、IEだと9より上のバージョンしか対応していません。
よって、FireFox、Chrome、Safariなどの別のブラウザをインストールしておいて下さい。
ついでに、XPも来年にはサポートを終了するので、OSもバージョンアップした方が良いかもしれません。hi
ARRLのトップページに入った後は、以下の通り進んで下さい。
画像の下に並んでいるメニューから「DXCC」をクリック。
続いて左側のメニューから「Online DXCC Application」をクリック。
「Welcome to the ARRL DXCC online application system.」のアンダーバーのリンクをクリックします。

Bc0289
ここからが、OnlineのApplicationになります。
初めての方は、登録が必要になりますので、「call sign」とDXCCのアワードをもらっているかどうかのチェックをしてからSubmitボタンをポチッとやって下さい。

Bc0290
枠が広がって、個人情報を入力する欄が増えますので、入力して「Create Account」ボタンをポチッとやれば、とりあえず第1段階終了です。
しばらくすると、指定したメールアドレスにメールが届きます。
その中にあるアドレスにアクセスして、登録を完了させて下さい。
なお、このアドレスは24時間以内にアクセスしないといけないみたいです。

3. QSOデータの入力
アカウントが出来れば、ARRLのトップページでもOnline Applicationからでもloginが可能になりますので、loginをして下さい。

Bc0291
今度はApplicationページに入ると表示が変わっていますので、上のメニューか、本文中のリンクから、「Enter QSLs」をクリックして入力画面を表示します。

Bc0292
一番下の入力欄から順次、QSOデータを入力します。
ADIF形式のデータをアップロードすることも出来ますが、私の場合はまずカードの抽出をしたので、後からログデータを抽出する方が面倒で、1個ずつ手動で入力しました。
どっちが良いかは好みの問題でしょう。
データ作りに手間が掛かるかもしれませんが、ログデータを抽出した方が誤入力はないでしょう。
ここでいくつか注意事項。
最後の「DXCC Entity」の欄は基本的には自動で入力されます。
プリフィックスだけで判定できないものについては、候補が表示されますのでその中から選んで下さい。
DXCC Rulesを読むとバンド順、モード順にするように記載がありますが、それは紙申請の場合で、Online申請の場合は順序は適当で構いません。

Bc0293
誤記があれば、入力データの右にある「Edit」ボタンをクリックすると、入力欄にそのデータが表示されますので、訂正して再び「Save」ボタンを押して下さい。
訂正したデータは最新行(一番上)に移動しますので、カードの順序も入れ替えて下さい。
申請する分を全て入力したら、申請を始める前に慎重にチェックして下さい。
申請処理後は訂正できませんので、気をつけましょう。

4. 申請書の作成
入力が終わればいよいよ申請書の作成です。
Applicationページのメニューバーから、「Submit Application」をクリックして下さい。

Bc0294
今回は、初めてMixedでの申請になりますから、チェックは「I am Applying for a new award.」と「Mixed」、それにJARLのフィールドチェックを受けますので、「This application will be checked by a field checker.」の3箇所に付いています。
個人情報は、登録の際に入力したものがそのまま表示されていますので、そのままで、「Continue」をクリック。

Bc0295
ここで、余分なQSOがあれば、クリックしてチェックを外して下さい。
今回、私はぴったりのQSOしか入力していないので、このまま「Continue」をポチッと。

Bc0296
支払いの画面では、基本的に料金は自動計算です。
Credit Slipが欲しい場合には、上側のチェックボックスにチェックを入れて下さい。
チェックを入れると料金に$3が加算されます。
で、ここで表示された料金がどうもFeeのリストをどう足してもこの金額になりません。
初めての支払いなので、Payment Optionは「New」。
クレジットカードでの支払いになり、使えるカードはVISAとMasterだけだったような・・・。
Continue」をクリックすると、内容の確認画面が出ますので、確認をして下さい。
問題がなければ、「Continue」をクリック。
最終確認のダイアログが表示されますので、「OK」をクリックしますが、ここが後戻りできる最後のチャンスですので、慎重に!!

Bc0297
最後に、「View Application」ボタンをクリックすると、申請書とQSOリストがPDFで表示されます。
これを保存、印刷をして下さい。
印刷後には、Signeture(署名)とコールサイン、日付を記入するところがありますので忘れずに入力しておいて下さい。
と、ここまでで、パソコンでの作業は終了です。

5. フィールドチェック
いよいよ、本日フィールドチェックです。
通常、JARLでのフィールドチェックは、予約が必要で101QSOあたり\1,000の手数料が必要です。
しかし、この時期(ハムフェア当日とその前2日の計4日)は101QSOを越えたチェックはしてもらえませんが、手数料は無料です。
明日のハムフェアだと宴会の予定もあり、大事なカードを忘れたり、汚したりする可能性もあるし、平日の方が空いているだろうと本日、チェックを受けてきました。
10時からのチェック開始に30分ほど過ぎてから巣鴨の事務所に到着。
3階へ上がると、既にチェックを受けている方がいますが、待っている方はいませんでした。
JARLのHPにその風景の写真がアップされていますが、まさにその通り。
と言うことで、NN1Nさんは別の方のチェックをされていましたが、空いていたJAのチェッカーの方がすぐに確認をして下さいました。
101QSOのチェックに20分くらいかかったでしょうか?
おかげさまで、問題ないとのことで申請書は、JARLからARRLに送っていただけるそうです。

Bc0298
Mr.PATTON(NN1N)は自分のチェックが終わった隙に、挨拶に来ていただきました。
ついでにLoTWについても少々質問をして帰ってきました。
チェックをして頂いたOMさん、他のチェッカーの皆さんもご苦労様です。
それと、チェックを受けていた方もLoTWについてアドバイスありがとうございました。m(_ _)m
あ、Feeの金額が違う件については、JARLでは判らないとのことでした。
Slipが来たときに確認するしかなさそうです。

と言うことで、とりあえず申請が完了しました。
これで安心して、明日のハムフェアは見学とEBに専念できます。hi

2013年8月22日 (木)

2012年コンテストを振り返る

1エリアAMコンテストの発表で私がログ提出した2012年のコンテストが全て結果発表となりました。
昨年同様、全コンテストの振り返りをしてみたいと思います。
今年は、DXコンテストはグレーにしてあります。

Bc0288

(1エリアAMコンテストで順位訂正があったため、差し替え2013/9/5)


さて、勝手に作ったデータ類を以下に示します。
数値の後の±は2011年からのアップダウンを示します。
ログ提出コンテスト数:34(-2)
入賞率:5.9%(+0.3) 入賞になったコンテストの割合
 オール群馬が2→1位に返り咲き、オール岡山コンテストで飛び賞を頂きました。
惜しい率:5.9%(-2.9) 入賞次点になったコンテストの割合
 昨年は、ALL JA1と全市全郡が次点でした。全市全郡はX50では10位ですが、M部門では次点です。
図々しい率:2.9%(-5.4) 1局交信でログを提出したコンテストの割合
 1局交信でログを提出したのが昨年は少なく1個だけでした。
最下位率:0%(-11.1) 最下位になったコンテストの割合
 なんと、1点でも最下位は真逃れて昨年は最下位が1つもありませんでした。(^^)v
平均上位率:54.73%(-2.7-3.1) 順位/参加局数を上位率として、その全コンテストの平均
 昨年も目標とする10%以内を達成できたコンテストはありませんでした。
 それでも、全体の平均ではちょっとだけ上位になった計算になります。それでも、目標の50%以下にはなりませんね。数を減らせば、数字を上げるのも簡単ですが、それでは意味がありません。hi

全体的には2011年より良かった感じもします。
入賞の1つが飛び賞というのがいまいちな気もしますが・・・。(^^;
CQ WW SSBは海外主催コンテストとして始めてログ提出を行ったもので、昨年の特徴でしょうか。
今年も半分以上が終わって、昨年よりダメな方向に進んでいるようです。
これから残りのコンテストにはもう少し気合いを入れてみたいと思います。hi

2013年8月21日 (水)

2013 ALL JAコンテスト結果発表

コンテストの結果が発表が続きます。
1日遅れになりましたが、今年最初のJARLコンテストの結果が発表になりました。
例年だと、9月の1週目辺りなんですが、今年は早いですね。

Bc0287
80/327位となりました。
今年は無事、減点なしで乗り切りました。
が、スコアが伸び悩んだ結果、2年連続で順位が下がってしまいました。
新しいアンテナ(R8)の導入で少しは良くなるのではないかと期待していたのですが、移動した昨年はともかく一昨年から大きく局数減になってしまいました。
その結果、順位も下がってしまいました。
まあ、私の実力(設備&オペレーション)ではこんなものだと言うことでしょう。
一番痛いのは、3.5MHzでのQSOとマルチが減った分を他のバンドで取り返せていないことでしょうか。
マルチで参戦するなら、やはりローバンドを何とかしないとダメですね。
来年どうするか、また検討しないといけません。hi

交信いただいた各局有難うございました!

次は、TK TEST辺りが発表になる頃なんですが。

2013年8月20日 (火)

2012年 1エリアAMコンテスト結果発表

MOEさんのブログで主題コンテストの結果が発表になっていることを知りました。
既に、暫定順位は発表になっていたのですが、主催者様がご多忙のようで最終発表には随分時間が掛かってしまったようです。
ご苦労様でした。m(_ _)m

さて、結果は如何に。

Bc0286_2
22/53位
23/88位
でした。(集計ミスがあったようで訂正です。2013/9/5)
ちなみにこれで5回目の参加でしたが、過去の順位は22→19→11→19→2223と折り返しで初参加の時の順位に戻ってを下回ってしまいました。(T_T)
それにしても、今回もいつもお世話になっている方のコールサインが、あちこちに見られますね。(笑)

28回目と伝統あるコンテストですが、主催者様が事後処理が出来ないと言うことのようで、今年は開催しない方向で検討中とのことです。
残念ですが、仕方ないかも知れません。
「代わりに私がやります」とは言えませんからね。

2013年8月19日 (月)

DXCC申請準備完了!

丁度1週間経ちましたが、DXCCのオンライン申請の準備を終えました。
101枚のカード=Entityを選択して入力を行いました。
と言っても、カード保管箱から順番に抜き出しただけですが・・・。
101QSOの入力をしたのですが、案の定コール順なので複数プリフィックスが存在するEntityが重複していました。
さらにチェックをすると日付の入力ミスが数件ありました。
何とか、2回連続で合っているのを確認して、やっと申請書の作成までいきました。

Bc0285
これが、申請書の上の方です。
Mixedで新規申請として101QSOを登録したと書いてあります。たぶん。(^^;
この他に、交信リストが3枚ほど印刷されています。
次は、フィールドチェックを受けて、申請書にチェッカーのサインをもらうことです。
その後、ARRLに書類を送れば終わりのはずです。
ちょっと気になったのは、途中で表示された支払額が、どう組み合わせても料金表と一致しないことです。
バッジが届かなかったらショックかもしれません。(^^;

2013年8月17日 (土)

茨城県守谷市(JCC#1424)移動

先週、交信をしないで過ごし、FDの時の荷物も片付けていなかったので、どこかに移動しようと思い立ちました。
元々、行ってみたいところがいくつかピックアップされているのですが、その中でも近場を選ぶことにしました。
7時過ぎののんびりのスタートで、守谷市を目指します。
地元のSAMさんから運用可能場所を教わっていたので、楽勝と思っていました。
ところが、いざ行ってみると車止めはあるし、どうやって行けば良いかよく判りません。
迷ってしまって、予定から1時間近く遅れて何とか目的の場所を見つけました。
早速、設営すると10時半頃から6mでQRVを開始します。
SAMさんより非力なアンテナでどこまで交信できるか試してみたかったのも、ここからの運用を決めた理由でした。

Bc0283

3局ほど呼び回った後で、CQを出し始めます。
やはり、そんなに遠いわけではないのでそこそこ呼ばれます。
のんびりとQSOを重ねて、18局と交信できました。
今回もローテータであっちに回したり、こっちに回したりしたのですが、0エリアのお山の上からお声が掛かりましたが、3エリアから呼ばれたりはしませんでした。
外で運用している割には、風があったのでそんなに暑くは感じませんでした。
その代わり、一応ステーは張りましたが・・・。
SSBで呼ばれなくなったので、CWでもCQを出してみましたが、こちらは呼ばれませんでした。

昼飯を挟んで、7MHzに出ることにします。
ところが、まずはCWからと"QRL?"を打つと、SWRが高いです。
先々週のFDで問題のなかったワイヤーダイポールです。
仕方なく、アンテナを下ろしてチェックしてます。

Bc0284
ありゃ、導線が切れちゃっています。(T_T)
約1年前に修復したのですが・・・。orz
仕方がないので、モービルホイップを引っ張り出してきました。
チューニングを取って、しばらくCQを出しましたが、結局コールなし。
コンディションも良くなかったようです。
かなり風が強くなってきていたので、今さらまた6mのアンテナを上げる気合いもなく、そのまま帰ってきました。(^^;
おかげで、渋滞とは無縁でしたが、ちょっと欲求不満です。

交信いただいた各局有難うございました!
7MHzは日を改めて行ってみようと思います。hi

2013年8月14日 (水)

2013 CQ WW 160m Contest結果発表

Bc02821月末に行われた主題コンテストの結果が発表になりました。
R8で160mに出られると判って、参戦してみました。
さて、結果です。
右の通り、16/23位と下から1/3のポジションに付けました。
DXコンテストなのですが、国内局しか出来ず寂しいことになりそうでした。
最後の最後に、UA0の局と出来て何とか形になりました。hi
40mのアンテナに無理矢理電波を乗せていたことを思うと上出来な結果でしょうか?
QRPの方にも負けちゃいましたが、楽しめたと思います。
次回もタイミングがあえば、参加したいです。
その時には、もう1個くらいマルチが増えると良いのですが・・・。hi

2013年8月12日 (月)

いよいよ、準備開始!

土曜日から始めたカード印刷、ログとの照合は昨日の深夜に何とか終えました。
お盆休みに入った方もお出でかと思いますが、私は今週も普通に仕事です。(T_T)
夏休みは、9月に入ってから取る予定ではありますが・・・。

そして、やっと思い腰を上げてDXCCの申請準備を始めました。
まずは、ARRLのホームページのアカウント取ります。
続いて、QSLカードとログをチェックしながら、オンライン申請用の画面からデータ入力を始めました。

Bc0281
とりあえず、20Entityまで入力したところです。
複数のデータが記載されているカードもありますが、ハムフェアの時には101Qまでしかフィールドチェックしてもらえないので、重複するとアワード申請が出来ません。
間違わないように慎重にっと。

2013年8月10日 (土)

道半ば!?

先週移動していた、甲州市では本日40℃を記録したとか。
各地も猛暑日が続いていますので、皆さんも体調管理にご注意下さい。

さて、本日は朝から家事で大忙し、その後、買い物の運転手に駆り出されてしまいました。
そして、帰宅してからはずっと、プリンタが動いています。

Bc0280
珍しく印刷を溜めてしまって、6m&Downの時からのカード発行が滞っています。
先週のFD分のデータ面印刷をしているところです。
紙ログの整理も終わらないし、FDのカードデザインもまだです。
出来れば明日までに巣鴨へ持っていきたいのですが・・・。
無理かな?

この分では、今週は未交信で終わってしまうかもしれません。
って、実は先週持ち出した無線機等がまだ定位置に戻っていません。hi

2013年8月 7日 (水)

2013フィールドデーコンテストの復習

フィールドデーコンテストの復習を少ししておきたいと思います。

1.運用場所
まずは、4年連続で使用している移動地です。
山梨県の真ん中から少し北部に行ったところで、周囲は山に囲まれ、富士山を眺めることもできない場所です。
#そう言えば、今回は曇りで高速道路からも富士山は見てないな~。(^^;
昨年は50MHzで1エリアのマルチをことごとく落としてしまうような微妙な環境です。
と言うことで、以前使ったことのあるRadio Mobileと言うソフトで電波伝搬のシミュレーションをしてみました。

Bc0278
使い方がいまいち判っていないので、設定等が正しいか微妙ですが50MHzでの50W出力での結果です。
参考に私の自宅と先日移動した石岡市をポイントしてみました。
これを見ると予想はしていましたが、北北東から東南東方面は壊滅的に飛ばないようです。
もう少し1エリア向けのロケーションの良いところを探さないとダメだなと改めて思います。
しかし、広くて、競合はないし、標高だけはそこそこある(1,500m超)ので避暑にはもってこいの場所なのが、続けて使い続けている理由です。
本音を言うと今年は別の所からモノバンド参戦も検討していたのですが、7月最終週にEsが出たので50MHzを期待してしまって最終的にここにしました。
もう1つの欠点は、中央道を通るところで毎年、帰りに大渋滞に捕まってしまうのも不満で、今年は帰り道が5時間近く掛かってしまいました。

2.アンテナ
今回使用したアンテナのラインナップです。

3.5/14MHz ATU(FC-40)+LW(22m)
7MHz        フルサイズDP(逆V)
21/28MHz シングルデルタループ
50MHz      3eleデルタループ
144MHz    3ele八木
430MHz    5ele八木

ATU+LWは当初6.5mの垂直エレメントを使用していたのですが、どのバンドも全く使い物にならず、3.5MHzに重点を置いて22mのACケーブルに取り替えました。
3.5MHzはそんなに気合い入っていないので、これで十分な気がします。
どうせ、QRMがひどくてマルチバンド参加では多くの局とやろうという気合いもありませんから。hi
但し、他のバンドではほとんど使い物になりません。
7MHzでDPと聞き比べてみましたが、かなりノイズレベルが上がってしまい、Sも1から2落ちて、微妙な感じがします。
7MHz DPはやはりフルサイズの威力が十分発揮できていると思います。
21/28MHz D-Loopは同時使用ができないため、単独では良い仕事をしてくれていると思いますが、コンテストのマルチバンド参戦の時はやはり、何か考えないといけない感じです。
50MHz D-Loop、144/430MHz 八木は今まで回せなかったので、ゲインを感じたことがなかったのですが、今回は違いがはっきりと判りました。
やっぱり、ビームアンテナは回してなんぼです。hi
そして、昨日も書きましたが、少なくとももう1本ポールを用意してD-Loop2本は、同時に使えるようにしたいものです。
エレメントを増やして、14MHzもダイポールにしてしまうという手もあるかもしれません。
VUはロケの関係で稼げないのでHFはもう少しアンテナ強化を考えるべきですね。
今回は、アンテナの上げ下ろし2回で1.5時間程度ロスしてますから、それを如何に減らすかが課題です。
何か新しいアンテナ(ギボシDPとか)を作ってみたい野望はあるのですが・・・。

3.CW
FDとしては、初めてCWでCQを出しました。
以前からその傾向に気づいてはいたのですが、HFハイバンドではPhoneより間違いなくCWに出ている方が多いです。
と言うことで、今回CQを出した成果はあったと思っています。
それでも、受信は怪しいし、送信もバタバタになることがしばしば。
まだまだ、修練が必要です。hi

4.テントの導入
いつも使わせていただいている車は何とか中で寝ることができるのですが、足は伸ばせないのでかなりきついです。
と言うことで、ディスカウントショップでドームテントを新規購入してみました。

Bc0279
過去に冬でも使える本格的なものを使ったことがあるので、安いだけあってとってもちゃちです。
今回は雨には降られませんでしたが、フライが本体に引っかけるようになっているので、降られたときに本当に大丈夫かは少々?です。
しかし、足が伸ばせるメリットは大きいです!!

5.スコア
さて、肝心のスコアですが、トータル226QSO(他にDupeが1QSO)となっています。
昨年が、232QSOでしたので-6と減少しています。
内容の大きな違いは、7MHzでの交信が108→61と40%以上減っています。
これは単純に運用時間が短くなっているためです。
最後の40分勝負だった28MHzは2→22と11倍に増えています。
まあ、アンテナがまともでなかった昨年と比較するのもどうかと思いますが・・・。
さらに、V/UHFでの交信も昨年よりは増えています。
と言うことで、21MHz以下の周波数での交信が減った分は、28MHz以上で頑張った形になります。
マルチについても、21MHz以下で同じまたは若干の減だったのに対して、28MHz以上(430MHzを除く)で大きく伸ばしています。
これは、先にも述べたとおり28MHzはまともなアンテナを使ったこと、50/144MHzはアンテナを回した成果と言えます。
アンテナ交換の時間的なロスがなかったとしてもこの環境で私のオペレーションだと後50局上乗せできるか?

と、徒然に書いてみましたが、これを糧に来年どうするか?
色々検討してみたいと思います。

2013年8月 6日 (火)

Cfm FO/c, V8 & Z3

別のネタを考えていたのですが、本日またもやうれしいカードが届いたので、こちらを優先することにしました。
まずは、こちらから。

Bc0274
TX5K(Clipperton Is.) 7MHz SSB/CW ALL New!!

3月にお祭り騒ぎだったClipperton Is.のDXペディションに、私も参加させて頂きました。
ハイバンドは全く聞こえず、聞こえるのは7MHzのみでしたが、かなり強力に聞こえます。
しかし、厚いパイルを抜くことが出来ません。
それが、毎日呼び続けた4日目にさらっとSSBで交信成立して、その後もCWで追っかけ続け無事2モードをクリア。
他の方にはカードが届いたと言うブログを見かけていたので私もそろそろかなと思っていたところ、本日無事に届きました。\(^^)/
そして、このカードDXCC 1UPとともに今のところOnly OneのZONE7なんです。(^^)v
てなわけで、WAZも1UPでCfm38となりました。

Bc0275
V84SCQ(Brunei) 28MHz SSB ALL New!!(2011CQ WW SSB)

一昨年、ビッグアンテナを借りたときの交信ですが、とにかくコールサインを何と言っているのか判らなくて、苦労した局でした。
何とか回収できてホッとしました。

Bc0276
Z38N(Macedonia) 28MHz SSB/21MHz CW ALL New!!(2012CQ WW SSB/CW)

昨年のCQ WWでSSB/CWの両方で交信いただきました。
QRZ.comにダイレクトの到着状況がアップされていたのですぐに届くのかと思っていました。
ところが、1/4以降更新されなくなってしまいました。
もう届かないのではないかと思ったのですが、やっと届きました。
カードはSSBとCWで分けておられたのか2枚入っていました。

Bc0277
CX2DK(Uruguay) 14MHz CW Band/Mode New!(2013JIDX CW)

Uruguayは直前に行われたCQ WPX SSBの交信をCfmしていましたが、バンド/モードともNewだったので請求をしていました。
届く前に、マネージャさんから発送したというメールをもらっていました。
親切なことだと思います。
ただ、同じマネージャにMadeira Is.の請求もしているのですが、そちらはどうなっているんでしょうか?

またも、3UPでDXCCはCfm127となりました。
ハムフェア前日にJARLで101までですが、いよいよ申請をしようと思います。
101枚の選択をしてカードの内容もチェックしたいと思います。

2013年8月 5日 (月)

山梨県甲州市(JCC1713)移動 - FDコンテスト

予告通り、山梨へフィールドデーコンテスト参戦を目的に行ってきました。
運用地は事前にいくつか調べてみたのですが、やはりマルチバンドで参加したいという欲望が・・・。
結局、4年連続で甲州市にしてしまいました。
例年、渋滞に捕まりたくないので5時頃には出発していたのですが、今年は大寝坊。
起きたら6時を回っており、渋滞に捕まってしまいました。
途中で同じ山梨を目指しているWLCさんから電話が入って、迂回をされたようですが、やはり渋滞で大変な思いをしているとのこと。
私の方は、何とか通常より+1時間くらいで辿り着けました。
すぐに設営を始めて、とりあえずポールが上がると50MHzを聞いてみます。
0エリアの移動局にお声がけ。
長野と富山の境の山から出ているとのことで、私としては富山側が良かったな。(笑)
日曜は、富山からQRVされるとのことでしたが、結局お会い出来ませんでした。
続いて見つけたのが、いつもお世話になっているU局。
ご近所のロケの良い峠から出ておられるようで、フルスケールで入感していました。
その後、HF用のATU+LWの準備を始め、18MHzでJA6RL/6と交信いただきました。
随分呼ばれていますが、私には他の局は全く聞こえず今年は18MHzでの運用は諦めました。
その後、今回はドームテントを購入したため、前出のU局の交信を聞きながら設営に励みます。
すると、先ほど電話を頂いたWLCさんがコールしています。
慌てて無線機に飛んでいき、お声がけします。
お互い無事について何よりでしたと言うことで。hi
何とか、各種準備も終えて144MHzで数局、7MHzでCQを出して20局ほどお相手いただきました。
プレQSOに一段落を付けると、少々昼寝。

9時には今回も6mからでスタートですが、今年は昨年と違い昨年導入しながらもその後使っていなかったローテータを投入です。
アンテナを回すことで、昨年からのマルチアップを狙います。
これが的中して、昨年取れなかった1エリアのマルチが拾え、西の方も拾っていただけました。
さらには、0エリア移動のお馴染み局が呼び回りをしているのを見つけて、先回りしてCQを開始したところ、またも大物が釣れてしまいました。
やっぱり、CQ出しても呼ばれないなと思っていたら、9からコールされてしまいました。
昨年、福井県と交信できたのですが、今年お呼びいただいたのは富山県
6mWAJAにまた一歩前進できました。\(^^)/
ちなみに、この傾向は144MHzでも同様で見事にマルチアップに成功した感じです。
430MHzでは、WLCさんとも交信できました。
日が変わる辺りから、3.5MHzを聞きにいきます。
ローバンドは凄い混雑で、QRMでコールが取れません。
昨年同様、1時間かけて20局と交信して1時前に力尽きて、寝袋に潜り込みます。

2日目は、5時半にテントの外を飛び回る虫の羽音で目が覚めます。
6時台は再び、6mで遊びます。
アンテナを回して、どのくらいSが変わるかとテストをしながらなのでもちろん局数は伸びません。
その後、144/430で遊んで8時半頃からLWで20mに参戦しますが、やはり飛びはいまいちで、30分で諦めました。
ちなみに、BBOさんが呼び回りをされていたようですが、ご本尊は聞こえませんでした。
ここで、昨年同様、VUは終了として15mのデルタループに交換します。

Bc0270
本当は、6mの細めのポールを持っていったので、同時に上げようと思ったのですが、ポールが細すぎて、Uボルトで締められませんでした。(T_T)
もう1本、お化けポールが欲しいところです。hi
さて、15mですが、コンディションはいまいちな感じで北方面が全然ダメです。
SSBでCQを出してみましたが、全然呼ばれません。
15mは明らかにCWで運用されている方の方が多いですね。
ならばと、ここでCWでのCQを開始。
すると、次々とコールされます。
もう、コールを取るのに必死です。
3から呼んで頂いた局は、パニックで10回以上コールサインを送ってもらったと思います。
LID相手に何度もコールを送っていただきありがとうございました。m(_ _)m
わずか20分で力尽きて、コールが途切れたところで40mへ逃げ出してしまいました。hi
さて、40mにQSYするとまずはCWから聞き始めますが、ここもQRMがきついです。
と言うことで、強力な局だけのつまみ食いになってしまいました。
この呼び回りを聞いて網を張っていた方がいるようですが、かいくぐってしまったようです。(^^;
そのまま、SSBへ移動すると2局ほど呼んだところで空き周波数を発見。
こんなチャンスを逃す手はないと、即CQ開始です。
1時間ほど呼んで頂き、少しだけ呼び回り。
ここで、残り時間は1時間となりました。
また、ここで思案です。
40mCWでCQを出すか?それとも、1局もやっていない10mへ出るか?
前者は私にはまだ荷が重いと考え、後者を選択。
しかし、アンテナをどうするか?
ATU+LWでは、LWが22mと長すぎるせいか、聞こえない、飛ばない。
さらには、今回なぜかチューニングが取れません。
モービルホイップの方がましかな?
いや、待てよ、15mのデルタループは10mにも使えるんだよな。
30分ほどのロスですが、入賞しようなんて思っていませんから、飛ぶ可能性の高い選択肢としました。
と言うことで、再びアンテナを下ろして、10m用のパーツと交換します。
準備が出来たときには、残り時間わずかに40分。
昨年このバンドで交信出来なかったXMAの優勝局とも交信できてQRVした全バンドでの交信を達成しました。(^^)v
ありゃ、CQを出しても呼ばれるじゃありませんか!!
しかし、何としてもCWに出たくて残り20分でCWにQSY。
呼び回りで3局、CQで5局に呼んでもらえ、「10mもいけるな」と満足して終了の時を迎えました。

Bc0271
Bc0272
ご覧のような結果となりました。
一応、昨年のスコアを上回ることが出来ました。
もっとも、今年はCWでCQを出したのでミスコールがありそうな予感が・・・。(^^;

さて、撤収はテントが加わったこともあってか例年に比べて時間が掛かり、2時間も要してしまいました。
ラジオを聞くと既に中央道は大渋滞とのことで、慌てることもないので近くの温泉に立ち寄ってきました。
それでも、結局大渋滞。
晩飯は、談合坂SAでこれまた大行列に並びたくなくお弁当となりました。

Bc0273
これで1,000円は高い気がするのですが・・・、お肉は美味しかったです。hi
まだ、書き足らないことがいっぱいあるので、気が向けば更なる詳報を書くかもしれません。

交信いただいた各局、本当にありがとうございました。m(_ _)m

2013年8月 4日 (日)

戻ってきましたが・・・。

予定通りフィールドデーコンテストに参戦するため、山梨県まで行ってきました。
おかげさまで、好天とは行きませんでしたが、影響があるほど降られず完走しました。
が、帰りの中央道がいつものごとく大渋滞。(T_T)
荷物は車から降ろしましたが、もう気合いありません。

と言うことで、ログの確認も何にも出来ていません。
ご報告は、後刻と言うことで・・・。(^^;

勉強会メンバー数人と交信することが出来ました。
まずは、交信いただいた皆さんに御礼申し上げます。m(_ _)m

2013年8月 1日 (木)

準備中

今度の土日は、フィールドデーコンテストです。
今年も中央道を西に向かうことを画策しています。

Bc0269
候補はいくつかあるのですが、まだどこにするか決められていません。
毎年、行っているところなら色々試せそうですが飛びが悪い。
他の場所は行ったことがなかったり、アンテナを沢山上げるスペースがなかったり・・・。
う~む、悩みます。
シングルバンドになるかマルチにするか?
一応、天気予報では大荒れと言うことはなさそうですが、いずれも山なので夕立が怖いです。
いずれにしても、17Mで参戦することにはなると思います。
聞こえたら、お相手よろしくお願いいたします。m(_ _)m

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »