« オール岐阜コンテスト/XPO記念コンテスト結果発表 | トップページ | QSLカードが届く »

2013年3月 1日 (金)

恥ずかしい話

少々日にちが経ちましたが、海外からE-mailが届きました。
昨年のCQ WW SSBに提出したログのLog Check Reportができたとの内容です。
以前にも書いたことがありますが、コンテストでは未だにzlogを使用しておりzprintを使えば、cabliro形式のログが作成できます。
しかし、どうも使い方がよく判らなかったので、尻込みしていました。
交信局数が少なかったことも一因でした。
しかし、昨年はそれなりの局数になりましたので何とかと思って海外DXコンテストに初めてログ提出を試みたものでした。
そして、メールに記載のHPで私のログチェックの内容を確認してみます。

Bc0130
まあ、たくさん書いてあるのですが、ミスコールが3局、NR(ZONE)ミスが1局に、NILが1局という全くもってお恥ずかしい結果です。
この5交信が全て無効になった挙げ句に、スコアのx3がペナルティーとして減点されます。
それも、10mが多かったので、減点は強烈でした。
トータルスコアはClaimed Score 8635がFinal Score 5512と36%Offの豪快な減点となりました。(T_T)
呼び回りだというのになんでこんな事になっちゃったんでしょうか?
実はNILの局ははっきり覚えていて元々怪しいと思いつつ、Loginさせてしまいましたので仕方がありません。
同じ周波数で2局がCQを出していて、私のコールサインが戻ってきたと思っていたのですが・・・。(T_T)

世界に恥をさらす結果になりましたが、反省材料になりますのでログ提出に後悔はありません。
しかし、言い訳をさせてもらえば、DX局の中には何を言っているかわからない方もいますのでSSBではこう言うこともあるかと・・・。

« オール岐阜コンテスト/XPO記念コンテスト結果発表 | トップページ | QSLカードが届く »

コメント

>言い訳をさせてもらえば、DX局の中には何を言っているかわからない方もいますのでSSBではこう言うこともあるかと・・・

国内の電信もありますよ。通称○○さん、という有名な方。(^_^;)

おらぁ、なぁ~まってなんか、ねぇづら、、、
ずぃ~えむ~いち~えぇ~けぇ~えんむ って、ちゃんとよんでんぞぉ~

FOSさん

そう言う方もいるようですね。
私は、CWでCQを出しませんので、今のところ縁がありませんが・・・。(^^;

WSZさん

私、そんなになまってましたか。
知らなかった。

発音がわかりにくい局は国内でもDXでもいますね。基本的にインターナショナルフォネティックコード以外は使わないようにしたほうが良いと思います。1文字だけ通じていない時は変える場合もありますけど。

相手のコールサインのコピーに自信が無いときはピックアップされたときに「ダブリュー ワン ダブリュー ダブリュー ユア ファイブナイン トゥーファイブ」というように相手のコールサインをつけてナンバーを送ると、相手が間違いに気づけばコールサインをはっきり言ってくれることがあります。理解できたら「ラジャー ダブリュー ファイブ ダブリュー ダブリュー キューエスエル ファイブナイン トゥーファイブ サンキュー」で交信成立となります。理解しにくい発音は、理解できていないことを相手に知らせることが大きなポイントになりますね。

いつもは頭の7をミスコピーされることが多いのですが、今回は100点でした。交信数は少なかったですけど・・・hi

恥なんかではないから気にしないきにしない。
自分がミスする傾向がわかって面白いですし、そこを次回注意すればいいんです。

CPTさん

アドバイスありがとうございます。
なるほど、相手のコールサインを言えば良かったですね。
2局が被っていたのだから、そうすべきでした。
何度も聞き直して、これで間違いないと思ったのが違うとショックなので、今後参考にさせていただきます。
ちなみに私の方が局数少ないと思います。hi

BBOさん

書いてるほど、気にしてません。(笑)
JARLコンテストより少し多いですが・・・。(^^;

ミスコピーにペナルティがつくとは知りませんでした~。(^_^;

KEBさん

ペナルティをご存じないと言うことは、ミスコピーは今までなかったと言うことですよね。
いきなり、豪快に減点されたので嫌でも判ってしまいました。(笑)

いえいえ、ミスコピーが一度も無いってことはありません。hi
しみじみとlog check reportを見たことがあまり無いので、ペナルティに気が付かなかったかも知れません。

いやー、お互いに、ゴッソリ引かれましたね。私も2.0万点が1.6万点ですよ。
でもBBOさんも仰る通り、普段は気がつかない自分のQSOの傾向が分かって
ある意味興味深かったです。
私の場合、確かにCQ WWの時、ちょっとゾーンをぞんざいに扱っていたようで
気がかりでした…。「ゾーンをぞんざい」…ダジャレではありません!

KEBさん

一番上の桁が同じ数字なら気にしなかったかもしれませんが。(^^;
5が3になるとさすがに気になります。hi

KLKさん

先にも書きましたが、18kが12kなら気にしなかったかもしれません。(笑)
まあ、何にしても気をつけないといけませんね。
全体で見ても、CWよりSSBの方がミスの確率高いのではないでしょうか?

余談ですが、CQ誌に載ったカードが届いていました。
また、お空でもよろしくです!!

過去のCQWWのlog check reportを見てみました。
Bad QSOの削除は当然として、
さらにBad QSO分のポイントの3倍がペナルティとして減点されてました。
知らなかった~。
ルールをよく見てみれば書いてありますね。hi

おらぁ、去年の某DXコンテストで、電信でCQ出したら、CW Freakでしかお目にかかった事のないようなプリフィックスから呼ばれて、何度も聞き直して、恥晒しちゃったから、もう怖くないどー。 
(怖いのは、相手局が、もう2度と呼んでくれない可能性だけ^^)

KEBさん

やはり、ちゃんと減点されていましたか。
JARLコンテストでも減点があると内容を確認するようにしています。
完全に0にはできないでしょうが、少しでも減らす努力はしないとダメですね。hi

KRTさん

とんでもない局から呼ばれるから、ちゃんとCW Freakを続けないとダメでしょう。(笑)
根性なしの私から見れば、CQを出すだけでも凄いです。
そこで怯んじゃダメなんでは?
私の言うことではありませんでした。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オール岐阜コンテスト/XPO記念コンテスト結果発表 | トップページ | QSLカードが届く »