« QSLカード収納 | トップページ | Results of the 52nd All Asian DX Contest »

2012年3月15日 (木)

JARLコンテスト規約改正

JARLのHPにコンテスト規約改正について記載されていました。
色々書いてありますが、私が気になったところは以下の通り。

1.50MHzのコンテスト周波数変更
 CWが50.050-50.090MHzから50.250-50.300MHzに、SSB/AMが50.250-51.000MHzから50.300-51.000MHzにそれぞれ変更になりました。
 CWではDXerとコンテスターが同じ周波数でかち合っていたなっていたなんて話をLRTさんのブログで拝見していたので、変えられればそれは良いかなと思っていました。
 Phoneと連続なのが良いかは若干疑問もありますが、方向性としては良い方向ではないかと思います。
 ALL JAから適用だそうですので、知らずに場所取りしている局が出ないと良いですが。
 トラブルが起きないように皆さんも気をつけましょう。
 アンテナの中心周波数を変えないといけない人もいるでしょうね。

2. ALL JAコンテスト開催日変更
 4月の最終土曜日スタートが最終日曜の前日スタートに変更になりました。
 昨年が該当します。
 昨年の開催日は4/30~5/1でしたが、今後はこの日程は発生しないと言うことですね。
 4/30が土曜日だと前の週の4/23~24が開催日になります。
 あんまり影響はない気もしますが、個人的にはゴールデンウィークに入っていた方が、移動しやすいので変更しないで欲しかったです。
 家族がいる方は逆なんでしょうが・・・。

3. 電子ログ提出の推進
 これは気になりますね。
 実施を明言していませんが、発表時期の早期化、減点の理由を自動で提供していただけたり、参加賞のダウンロード化と嬉しいことが書いてあります。
 元々切手代ケチっている人なので、是非サービス向上につなげて欲しいものです。
 PCでプリントアウトした紙ログは受け付けなくなるそうですので、皆さんご注意を。
 と言っても、こちらをご覧の方には電子ログ提出は当たり前かもしれませんね。

いずれにしても、決定事項ですので従うしかありませんので、改めてご注意下さい。
しかし、この件はトップページ(Headline)にお知らせがありませんので、コンテストのページまで進まないと判りません。
周知徹底させる意味でもトップページにリンクを張って欲しいものです。

« QSLカード収納 | トップページ | Results of the 52nd All Asian DX Contest »

コメント

コンテストの人には大問題ですね。。。。
出稼ぎコンテストで有れば、ちょっと食い込めるかなぁ。。。
その後の家庭内営業も大変ですが。。。

貴重な情報提供ありがとうございます。

移動100%さん
特に50MHzをメインにして局数も一番多い私には知らなかったでは済まされませんので。hi
JARLコンテストは時間が長いものも多いので大変ですが、試しに参加されてみては。

CJHさん
コンテスターには重要な情報ですよね。
既に、色々な方が情報展開しているようです。
当日、トラブルが起きないと良いですね。

おぉっ、ALL JAから変更ですか。
6mのバンド区分は、混乱しそうですね。50.250上の銀座通りにSSBで出てしまいそうです。

KRTさん
お互い、忘れないようにしましょう。
しかし、KRTさんだと50.350付近でCWで出ていそうな気がするのは私だけでしょうか?

情報ありがとうございます。
改悪ですね。
CWとSSBで隣同志となるバンドは、他に無いですよね?(多分)
境目の周波数が、QRMMとなります。

FOSさん
境界付近でCWに出る人は少ないと思いますが、どんな感じなるか気になりますね。
それでも、間違える人が出るのは必至でしょうね。
失格者続出なんてことはないでしょうが。hi

SSBでCQを出す人で、50.250に陣取る人っていますよね?そういう人って信号も強い人ですよね?
一方、CWでCQを出す際、50.090に近い周波数で出る人が少なからずいるんですよ。そういう人ってさほど強い人じゃないですよ。
SSBのQRMM、イヤダなあ。

コンテストに参加しない人は250~300でSSBのQSOしていいのかな?
バンドプランそのものを変更するならば良いですけど、コンテストしか考えずその他の人の楽しみを考えない変更ってJARLの単視眼的やりかた! 憤りを感じます。

FOSさん
少し広がった分が使えないと思えば今まで通りな気もしますが。
実際にどういうなるのか判りませんよね。

RGFさん
当然、コンテストに参加していない局が出るのは問題ないと思います。
そう考えると、問題ですね。
せめて、意見募集はすべきだったのではという気はします。

色々な考え方があってしかるべきだと思います。 改善と思う人がいれば改悪と思う人もいます。コンテストしか考えていないのかという人もいれば、コンテストの時ぐらいという考え方の人もいます。今までのJARLならば変更すらなかったでしょう。でも意見を出したら動くんだという前例ができました。実際適用されたコンテストはまだ誰も経験していません。今年はその検証の年でいいのではないでしょうか。意見はいつでも受け付けているはずです。黙ってては受け入れたと同じですので、反対・賛成など意見を出すことが必要ですよね。今までのコンテスト周波数だって、コンテスト中に Phoneの周波数で普通に運用していた人、私は聞いたことがありません。PhoneからCWに変わっても一緒ではないでしょうか。CW/Phoneの分離はなくなりました。色々予想されることもありますが、他のバンドでやっていないことだからこそ試してみる価値があるとは思いませんか? ネガティブな面ばかり気にしていても前へは進めません。とりあえずみんなで試してみましょうよ。少なくとも DX と Contest の分離はできました。この面は評価できると思います。

途中で送信してしまいました。 少なくともコンテスト用周波数は 40KHz狭まりました。 コンテストにご興味のない方は、下方のCW上方のPhoneからの混信という状況ではなく、下方のCW専用帯域はすっきりと空き、上方もPhoneは50KHz上にずれ、QRMを受けにくい環境になるのではないかと思います。CWで汚い電波を出す方は、SSBのそれに比べてかなり少ないと思います。 私の経験からだけですけど。
(^^)

LRTさん
我が家じゃ、DXは聞こえないので余り影響はありませんが、お話を聞く限り良い方向だと思っています。
問題があれば、また見直してもらえば良いのではないでしょうか。
もっとも、あんまり頻繁に改正されても困りますが。hi

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« QSLカード収納 | トップページ | Results of the 52nd All Asian DX Contest »