« 全市全郡コンテスト参戦 | トップページ | オール千葉コンテスト速報 »

2011年10月12日 (水)

事後処理

コンテストでは、HAMLOGでログを取ってそれをzlog用のログに変換します。

Blog104a
その後、zlogからJARLの電子ログへ変換しています。
#こうした、フリーソフトをご提供いただいている各局には感謝です。m(_ _)m

ALL JAコンテストの結果が出たときにも書きましたが、昨年の6m&Down以降、必ず減点をされています。
そこで、今回の全市全郡コンテストのログを何とかチェック出来ないものかと考えました。
過去に交信いただいた方はまず間違いはないだろうと言うことで、まずは1st QSOの方をピックアップして免許情報と照らし合わせてみました。
今回は、ここではミスはないようです。

そして、今度は市郡区ナンバーのチェック。
全市全郡だと、だいたい運用地とコンテストナンバーの突き合わせはそんなに難しくありません。
ところが、ここでミスを発見。
いつもお相手頂いている杉並区の固定局のナンバーを100116になっていました。
危ない、危ない。

この2つのチェックをして訂正の上、再度メールを送信しました。
ところが、ACKメールを確認したら・・・。

---
[参考情報]
・参加部門種目コード(<CATEGORYCODE>)が誤っている可能性があります。
---

ほえ?
参加部門種目コードをよく見ると"X50"しか記入していません。
慌てて"X50M"とパワー記号を書き足して無事、ログ提出完了です。
ほっ、減点どころか失格になるところでした。

ついでにQSLカードのデータ側も印刷してしまいました。
今月末には、表面(?)に何らかの写真を貼り付けたカードをJARLに届ける見込みです。

後は、来年の2月頃発表の結果を待つのみです。

« 全市全郡コンテスト参戦 | トップページ | オール千葉コンテスト速報 »

コメント

そういうチェック仕方も有るんですね。
PCは苦手ですので。。。

ハムログからZLOG変換ですか。私はZLOG入力&提出で、ハムログ変換して結合する方です。ハムログ入力でDUPEチェックは追いつきますか?
そう言えば、EKMさん達に教わって電子ログ提出できるようになったのを思い出しました。その節は有難うございました。

私はCtestwinなので、ログ提出はサクサクと1発変換です。(^-^)
逆にハムログにデータを入れた時に、JCC/Gや名前で苦労しています。Hi

チェックは大変でしょうが、それも楽しみですよね。。。
成果はいかに????

BYMさんが、PC苦手とは。
キリの良い局数で止めたのに点数が少ないとがっかりなので少し考えてみました。
1st QSOの方がだいぶ減ったので出来ることです。

FOSさん
HAMLOGでは、特定交信より前の交信を別の色で表示できるので、チェック可能です。
過去QSOがあるとダブルクリックするだけデータが取り込めるのもメリットです。

BBOさん
Ctestwinも使ってみたのですが、どうも馴染めません。(T_T)
zlogはVerupされていないので対応しないコンテストもありますよね。
HAMLOGだと複数QSOの時に相手局のお名前もわかるので、のんびり参加の時には、都合がいいです。

移動100%さん
仰るとおりで、こんなにまだ1st QSOの方がいるんだとか、この方とはこんなに繋がっているんだとか、楽しみながら整理しています。
これで入賞できれば文句はないんですが・・・。(笑)

私はCtetwinを使用しています。
過去のQSOデータを参照したいのですが、Ctetwinだとそれが出来ません。

WLCさん
慣れればいいのでしょうが、Ctestwinはどうも好きになれません。
過去ログ見られないんですか?
やっぱり、HAMLOGが使い慣れているので交信中は一番です。
マルチのチェックがリアルタイムで出来ないことだけがちょっと。(^^;

のんびり参加の時は、両方立ち上げていて、ロギングはCtestwin、過去データ参照にハムログと両刀使いしています。

今までは紙ログでコンテスト参戦してましたが、
今回初めてctetwinを使ってみました。
ハムログへのデータアペンド方法がまだ良くわかっていなかったので、
ctetwinからログを送信した後に印刷し、ハムログへ手入力、
その後HLTESTで印刷してからベリファイしました。(^^;)
UHFコンテストまでには習熟度を上げておかないとです。hi

私はハムログからcsvファイルに落としてエクセルで集計、最終的にJARL形式のtxt作成という、七面倒くさいことをしています。
コンテストログには便利な機能もあるようですが、ついつい慣れた方法でやってしまいます。
マルチのチェックはリアルタイムではできませんが、集計時のお楽しみということにしています。hi

BBOさんもCtestwinですか。
過去データを見るためにはHAMLOGなんですよね。
どうせTOP狙えるような立場じゃありませんからマルチは終わってみればわかると言うことで。(笑)

MOEさん
紙ログはDUPEのチェックできないのでやはりしんどいですよね。
CtestwinからHAMLOGへ変換するツールあると思いますよ。
後は頑張って慣れてください。

KWRさんもHAMLOG派でしたか。
マルチは、上記のツールで休憩時にzlogへ変換してときどき確認しています。
HAMLOGから電子ファイルへの変換はJARLのE-LOG Makerで出来るみたいですよ。
私も使ってみようかと思っています。

ワタシも6DからCtestwinに切り替えました。
ゲゲッ、BBOさんと同じ事してる(^^;
Hamlogも同時に立ち上げて、空振りしてるときは過去QSOをチェックしたりしています。
当然、CWでコールサインが怪しい時(^^)は、総務省の無線局検索も欠かせません。たまーに、ヒットしないこともありますがね(^^)

KRTさん
Ctestwinに切り替えましたか。
コンバータとして使ってみましたがやはりいまいち馴染めません。
やはり、私はHAMLOGを使い続けることになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全市全郡コンテスト参戦 | トップページ | オール千葉コンテスト速報 »