« カード整理 | トップページ | 2011オール群馬コンテスト結果発表 »

2011年7月 1日 (金)

帰ってきたメインリグ

今週は、飲み会が多くてやっと本日は休肝日です。
さて、前回書いたおもちゃの話その1です。
とは言え、これは新規導入ではなく昨年入手したのですが、訳ありで手元を離れていました。
それが、先週の土曜に戻ってきました。
私のプロフィールの写真に使っているJST-245D改です。
このリグは、デフォルトでは100Wですが簡単に200Wになります。
そこで、出力を自力で調整して200Wで申請をしています。
と言うことで、改が付きます。

Blog34
でもって、早速シャックに並べますが、ご覧のようにテーブル(おこた)の上に並んでるだけです。
左上のFT-857Dが復活時に初めて買ったHF機、FT-857D。
その下が、2台目のFT-450。
でもって、右がJST-245Dとなるわけです。
但し、実際には写真左側にパソコンがあって左を向きながらの運用がメインスタイルです。
#部屋の中が汚くて、全体写真はアップ出来ません。(汗)

やはり大きさに比例して使い勝手は良いです。
バンド、モード、パワーの変更する際は操作が少ないのがうれしい。
そして、何よりも驚くべき事、いや当たり前なのかもしれませんが、音が良い!!
やっぱり無線機はこうじゃなくっちゃ!と思うくらい低音もしっかり出ていて、とにかく聞きやすいです。
チューニングに関してもダイアルが大きい分合わせるのが楽です。
但し、アンテナチューナーはかなりいい加減な感じです。
そして、このリグに詳しい方から色々教わったのですが、回り込みにはかなり弱いらしくチューニングが取れない状態での運用はファイナルに負担がかかるので止めなさいとのことでした。
そのお言葉に従って、100Wまでの運用にしています。
手に入れた直後に200WでQRVしましたが、そんなに応答率が上がる気はしませんでした。
当然、終段ICは生産中止になって手に入らないとのことですので、大事に使わねば。
それと、アンテナ入力は3系統あり、バンド毎にどのアンテナを使うか覚えていてくれるので6mだけが別アンテナのことが多い私にはうってつけです。

しかし、明日、明後日の6m&DownコンテストはFT-450で出ることになると思います。
これは、FT-450はPCからCW送信出来るようにしてもパドルが接続出来るからです。
練習中の身の上ですので、少しでもパドル送信出来るようにしておいた方が良いと。
パドルだけだと皆さんにご迷惑がかかりますので・・・。(笑)

ちなみにFT-857Dは現状144/430MHz専用です。

« カード整理 | トップページ | 2011オール群馬コンテスト結果発表 »

コメント

私もスッキリと机の上に無線機置きたいですね。
平面積が無く上に上にと都会的になってます。

BYMさん
いやいや、食事の時は汁物が付かないようにどけているんです。
どけるのが面倒でカバー掛けてみたり。(^^;
とは言え、こんな置き方が出来るのは独り者の特権?です。hi.

どーんと、存在感のあるリグがあるのは、なんとも羨ましいです。Hi

BBOさん
やはり、固定用のリグは使い勝手も音も良いので使っていて気持ちいいです。
もっとも、急に交信局が増えたりしませんけどね。
最後は、アンテナだと思っています。

6m and downでのQSOありがとうございました。今年は50MHzのみで出ていますが、QSOをやりつくしてしまったのか暇になっています。あと90分ほど残っていますが、CQ(CWもSSBも)を出しても呼ばれず、バンドをワッチしてもQSOしてしまった局ばかりです。

BQEさん
コールいただきありがとうございました。m(_ _)m
仰るとおりでCQ出していても辛かった瞬間がありました。
それでも、自己ベストは超えました。
詳細は後ほどご報告します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カード整理 | トップページ | 2011オール群馬コンテスト結果発表 »