« 静岡コンテスト結果 他 | トップページ | 津軽海峡コンテスト結果発表 »

2011年7月22日 (金)

マニュアルアンテナチューナー

買ってから既に3週間が経ってしまいましたが、スピーカと一緒に買ったのがこれです。

Blog47
どうやら型落ちしているようですが、マニュアルのアンテナチューナー(ATU)です。
帰ってきたJST-245に内蔵ATUはどうもチューニングが甘い気がしたのと、回り込みや、反射波によるダメージにも弱いらしいです。
もうファイナルが生産中止の上、メーカにも残っていないとのこと。
と言って、フルサイズのアンテナが使えるならともかく、そんなこと言われてもな。(-_-;
てなわけで、ヤフオクで目に付いたこのATUを競り合いの末に落札しました。
外観はかなり綺麗です。
そして、実際にチューニングを取ってみるとやはり内蔵のものより広い周波数に対応出来るようです。
しかし、所詮マニュアル。チューニングには1~2分かかってしまいます。
とても、これではひょいひょいQSYというわけにはいきません。
7MHzのように混んでいたりすると、どこでチューニングを取って良いものやら。
パワーを落とすのも忘れてしまいがちで、なかなか思ったように使いこなせません。
そして、ダミーロードも持っていなかったのでこれは良いと思って買ったのですが・・・。

Blog48
これが、ダミーロードにして送信したときの写真ですが、SWRは1.0になっていません。
なぜ?
そして、パワーメータは少し大きく振るようで、100Wで125W程度まで振れてしまいます。
BYPASSも出来ますので内蔵ATUと併用してJST-245を壊さないようにしたいと思います。
さらには、ロングワイヤーにも対応しますので、今度試してみようかと思いますが、窓際に設置とはいかないので上手く使えるかどうか?

使い方のアドバイスをして頂ける方がいれば歓迎です。\(^^)/

« 静岡コンテスト結果 他 | トップページ | 津軽海峡コンテスト結果発表 »

コメント

made in 。。。(笑)
多少の誤差は愛響でね。
良い物買いましたね。内蔵ATUはあくまで補正としてしか使えません。ロングワイヤーで使うならアースもガッチリ落とさないといけませんね。私も固定用の。。。オット!まだ先のネタだった。。。

BYMさん
正確なパワーを知る必要はないのでそれで良いかと思ってます。
とは言え、SWRの表示も適当と言うことか。(^^;
仰るとおりで、外部ATUが良いと判断して競り合いをしてしまいました。
LWの方は、シャックが2階のためガッチリなんて落とせませんので、アース線を何本も付けてみるしかありません。
BYMさんの固定アンテナ計画も楽しみにしています。

おはようございます。
僕も同類のチューナ、円高に背中押されてHROから買いました。MFJ-945Eという6mまで拡大されて小さい(安い)モデルです。
ダミーロードが20W程度の耐圧なので、ダミーロード終端で高出力で試してませんが、実アンテナ負荷で表示上はSWR1.0まで完全に落ちます。
実は使う際はいつも迷うんですが、コイルの位置がA~L表示でバンドと一致してないので、ガチャガチャ回して時間が掛かってしまう。
そこで、Rigでは無くアンテナアナライザを繋いでSWR1.0まで調整してからRigと繋ぎ変えてます。

もしアナライザが利用出来るなら、一旦測ってみて、それでも誤差あるなら内部の半固定抵抗を回して調整しちゃうというのは、どうでしょうか。

最後に、MFJ-949の説明書( http://www.k6rf.com/files/MFJ-949E.pdf )を見たら、P.5にコイル位置なんかのおおまかな位置が書いてあって、高い製品は親切ですね。945はペラペラの説明書でした。

UBDさん
ご丁寧なコメントありがとうございます。m(_ _)m
そうか、アナライザで確認するという手はありますね。
変に電波出してオロオロするより早そうです。
取説は原本が付いていたのですが、最近英語見ると頭が痛くなるもので。(笑)

こんにちは。
移動運用でメーターなしタイプの902を使っています。
UBDさんも仰せですが、最初にアナライザーでつまみ位置を調べて一覧表に貼り付けています。
後は環境に左右される分を微調整して使っていますので、
さほど時間はかからなくなりました。hi
拙宅もベランダアンテナになるので、カウンターポイズ機能付の
MFJ934が気になりだしています。

MOEさん
やっぱり、基本形を作るのが早そうですね。
ラジアルが建物に近いため、かなり不安定なので毎回同じ位置になるか不安ですが、何回かやって素早くQSYできるようにしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静岡コンテスト結果 他 | トップページ | 津軽海峡コンテスト結果発表 »