« 2011年関東UHFコンテスト結果発表 | トップページ | 2011/6/18-19の運用 »

2011年6月18日 (土)

デビュー時のリグ

今日はコンディションが悪く、2局しか交信していません。
と言うことで、LOG BOOKに続く昔話を少々。

開局は、昭和54年11月。
LOG BOOKの時にも書いたかと思いますが、兄貴がG1のコールを持って開局していましたが、最初の1年くらいローカルとラグチューして止めてしまい、アンテナも既にありませんでした。
でもって、譲ってもらったのがこのリグ。

Cqp6300
このリグを知っている人はそんなに多くないと思います。
NEC CQ-P6300(50MHz AM/FM 3W)
この他に型名すら判りませんが、10Wにするリニアアンプもありました。
残念ながら、本体を始め資料は全て廃棄済みです。

この当時は、National RJX-601が一番多くて、このリグを使っている人に出会うことはかなり少なくなっていました。
AMでもそれなりに相手がいた最後の時期でもあります。
兄貴が買った理由も40kHzセパレートのクリスタルでFMはQSYが簡単だからだったようです。
真ん中のダイヤルは、その51.00~50.96MHzまでのチャンネル用です。
しかし、チャンネル番号が書いてあるだけで周波数が判りにくいので、結局評判は悪かったようです。
AMばかりに出ていた私が使ったのは左側右下のVXOでした。(VFOではありません!!)
当然周波数は安定しませんでしたし、周波数が判らないのでこちらから周波数指定して呼ぶことは出来ませんでした。
そして、マイクが抜けていると電源が入らないなんて珍しい仕様になっています。
こんなリグでも1年ちょっと使って250局くらいは相手してもらったようです。

« 2011年関東UHFコンテスト結果発表 | トップページ | 2011/6/18-19の運用 »

コメント

NECがアマチュア機を作っていたらしいですね。
私は中古で入手したRJX-601でした。

FOSさん
NECさんはこの後、CQ-P6400なんてのもあったようですが、さらに少なくてほとんど繋がった記録がありません。
HF固定機もあったようですが、これこそ私にとっては見たことのない幻の機械ですね。

すごいですね。
歳取ってからしか、試験に通らなかった当局のデビュー当時のリグは144/430のモービル機KenwoodTM-702でした。(TRIOではありません)
やはり思い入れがあるので、いまだに捨てられません。

KRTさんが開局した頃にはもうKENWOODになっていたのですね。
このリグは私と開局の時期が同じ人でも見たことのない人は多いのでは。
自分で買ったリグは全部残っています。

小生の開局はFT-101でした。もうすでに、跡形もありませんけど。

WLCさん
FT-101はZDSでしょうか?欲しかったですね。
あの頃はESでも良いから欲しかったのですが、HFのアンテナは上げられませんでしたからね。
今なら色々工夫のしようもありますが。

こんばんは 私も以前CQ-P 2600? 144MHz SSB CW機をもっていましたよ QRPでしたが結構楽しめました 友人へ15年ほど前に売ってしまい手元にはありませんが。 乾電池でも駆動できたので震災時には威力を発揮したかもしれません。 合法CB無線機も売ってしまったし。 手放さなければよかったなーーー。

kanzoさん
CQ-P2600は2mに興味がなかったせいもあり、知りません。
6300は元の所有者の手でいつの間にか捨てられていました。
電池ボックスは、液漏れで腐ってましたが。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年関東UHFコンテスト結果発表 | トップページ | 2011/6/18-19の運用 »