« 無線再開 | トップページ | 移動運用 »

2011年4月15日 (金)

アンテナ常設

さて、お読みいただいている方もいるようですので、続きを書かせていただきます。

2007年6月末から声を出し始めてはみたものの、BBアンテナ(モービルホイップ)で思うように交信もできず悶々とした日々が過ぎていきました。
こんな折、コマーシャル先に背中を押してくれる方がおりまして、いろいろとアドバイスしてもらうようになりました。
ところが、このOMとのホームまで距離はわずかに15kmほどと言うのに、このBBアンテナでは全くお互いに聞こえない!!
さすがにこれはショックでした。
その後、今は売っていませんが、7/50MHz共用というワイヤーダイポールを見つけて買ったのですが、これも使いものにならず。
今にして思えば、たかだか5mのポールに付けても屋根の上にも出ないし、ベランダが狭いため逆Vに張っても90度より狭くなり、建物との距離もないので全く使い物にならないのは当たり前。
それでも、ワイヤーを50MHz専用に取り替えて何とかこのOMとは初QSOに成功しました。

もちろんそんなことで納得がいくわけもなく、某社の6バンドGPが価格、設置条件から使えそうと判断をしました。
9月に購入をして3階建て一戸建ての2階のベランダにわずか1.8mポールにラジアルを片側に寄せてまずは、設置を試みました。
ところが、そうでなくても短いラジアル、さらにはベランダと言っても1mもないスペースに設置をしても全くマッチングがとれず。
当然のように、何とか屋根の上に付けられないかと思いはじめたのですが、我が家の屋根は傾斜がきつい。
仕方なく、アンテナ工事をしてくれるところに相談をしてみることに。
我が家の写真を添付してメールしてみたのですが、危険なのでやめた方が良いですと断られてしまいました。(T_T)
と言って、ハイそうですかとあきらめるにしては、すでにしてしまった設備投資がもったいない。
再度、相談をした結果、ベランダから4mほどのポールを設置、その上にアンテナを付けるのならできそうだと言う結論になりました。
しかし、工事の予定がいっぱいだとのことで9月下旬に予約して工事日は11月とのこと。
この1ヶ月半の長かったこと。

そして、やっと工事の日を迎えました。
さすがに、アマチュアでは有名な工事屋さん、手早い。
しかし、完全には屋根から離せなかったため、マッチングの調整にはだいぶ苦労をされていました。
でもって、多少マッチングに問題はあるもののこのように立派に(?)常設アンテナが設置されたのです\(^O^)/

Blog001
ここから、私の無線三昧が始まりました。
翌年の正月に初めてOver Sea(と言ってもグアムでしたが)からコールバックがあったときは興奮しましたね。
(追記:実はこの前の年BBアンテナで交信していることが判明し、正月に交信したのはサイパンの局でした。)

3.5〜50MHzまでQRV可能で便利なんですが、やはりマッチングがとれる範囲が狭いのが最大のネック。
建物と平行になっている写真奥のラジアルが7MHzのものなのですが、交信中でもSWRが変化するていたらく。
CWにも図々しく出るようになった最近では、無理矢理波を出していることが多いです。

屋根の上に上げないとダメだといろんな方に言われるのですが、やっぱり安全とは言い難い。
現在は、WARCバンドに出るためにもCushcraft社のR8に取り替えたいのが本音。
ですが、ラジエータが長くなってよく揺れるという話。3方向にステーを張るのも難しいので、なんか良い手がないものか。
ま、これでも国内はがんばった甲斐もあり4年弱で自宅からだけでもJCCはWkdで700くらいになりました。

さて、次回は初めての移動運用の話でしょうか?

« 無線再開 | トップページ | 移動運用 »

コメント

私も、初めて海外からのコールバック、飛び上がるほど嬉しかったです。

アンテナですが、Cushcraft社のR8も検討しましたが、如何せん情報が少なすぎて、CHA250Bxにしました。SWRはどのバンドでも低いので安心感はありますが、飛びはそれなりです。(^^ゞ

BBOさん、こんばんは。
そうですね、今じゃ、グアムなんて聞いても「呼んどくか」なんて思っちゃいますが。
R8は私が調べた限りでは、垂直系では最強の部類に入るかと。
80m/160mに出られない、価格が高い、長過ぎなんて欠点もありますが。

R8って、帯域が狭くないですか?少ない情報でそんなのを見かけたような気が???記憶間違いだと良いのですが。

自宅からOn Airできることが大切だと思います。
一旦電波がだせるようになると、だんだんと良い環境をめざしてしまうのでしょうね。

ブログ早速更新ですね。仕事は順調ということでしょうか。
某社6バンドアンテナでも、グアム、サイパンは嬉しいですよね。
釣竿QRP局の影響を受け、何度も呼んで、VP5、C6ができたり、SSBでTGができたり、某社6バンドアンテナでもメゲズに呼べば取って貰えます。頑張って下さい。

BBOさん、おはようございます。
R8はWARCバンド以外はフルサイズ動作なので、国産GPに比べるとかなり帯域が広いです。
ネットで検索すると垂直系ならR8かバターナットをお薦めする方が多いです。
ローバンドに出るならBBアンテナか、ATU+ワイヤーになってしまいますが。

RGFさん、おはようございます。
やはり、自宅で出られるのは楽で良いです。
こんな飛ばないアンテナでも昨年の23区JCC化のときには一杯呼んでもらいました。

でも、本当に呼ばれるためには移動が一番。

FOSさん、おはようございます。
こんなアンテナでもDXが出来ちゃうんですよね。
でも、聞こえてもチューニングが取れずに呼ぶことも出来ず、なんてことも。
やはり、上を目指してしまうのが、人情というものです。

羨まし環境です。
アパマンではとてもあのようなアンテナは上げられません。
最近はCM先からQRVしています。。。

WLCさん、こんばんは。
確かにアパマンで上げられない方もいることを考えれば、確かに恵まれているかも知れません。
それでも、もっと良いアンテナが欲しい(^_^)

写真右側のパンザマストが大変FBに見えるのですが(^^)
(電柱でしょうかね?)

当局も復活当時は8バンドのGPでした。
聞こえるけど、取ってもらえない。でも、時たまですが応答があった時は嬉しかったですね。

続編、期待してます。

KRTさん、気づかれましたね。(^o^)
同じ事を言った方がいます。「立派なマストがあるじゃないか」と。
電柱が立っているのは確かに我が家の敷地内なのですが、ラジアルが隣にはみ出すので、諦めました。hi.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無線再開 | トップページ | 移動運用 »